あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

のび太の魔法




「早く魔法を使ってみせなさいよ」
野比のび太はさっきの言葉を後悔していた。それは食堂でのささいなルイズとの口論から始まった。
平行世界で数々のキャラとルイズとの間に発生した口論と比べれば、本当にささやかな口論だった。
だが、その中でついのび太は、
「魔法ぐらいなんだい!僕だって魔法の一つくらい使えるやい!」と言ってしまったのである。
勿論、直後に(ムキになって余計な事を言うのが僕の悪いくせだ)と後悔したが、もはや後の祭り。
「へー、じゃあ使ってみなさいよ」
「今日は、その…、ちょっと、体調が「いいから早く使ってみなさい。命令よ!」」
ルイズの地雷を踏んでしまったのだ。気がつくと周囲には人だかりが出来ている。
逃げられない。万事休す。
ルイズにとっても皆のいい見世物になってしまったことは不本意である。
すぐに土下座でもして謝れば許してやらないこともなかったのに、
使い魔が意地っ張りでぐずぐずしているせいで注目を集めてしまった。
これで使い魔が笑いものになればその評価は自分に跳ね返ってくる。
ルイズの機嫌がどんどん悪くなっていくのは当然のことであった。

のび太は打開策を必死に考えていたが、元々そんなアイディアはこの程度のピンチでは浮かばないようにのび太は出来ている。
劇場版のび太補正は世界や友人の命の危機クラスでこそ発揮されるのである。
「どーしたの?うんうん唸ってばかりいないで早く使ってみなさいよ?まさか実は嘘だったなんて言わないでしょうね?」
「嘘なんかじゃない!もし嘘だったら鼻で南京豆噛んでみせる!」
到底フォローできないほどに墓穴を広く深く掘るのび太。
「じゃあやってごらんなさい。私もいつまでも付き合っていられないわ。午後の授業もあるんだから。早くしなさい!」
にらみつけるルイズを前に、のび太は大汗をかいている。
周囲の少年少女も嘲って囃し立てるが、そんなのは耳に入らない。
(何か魔法…何か魔法…僕でも使えそうな魔法…僕でも使えた魔法…)
そんなのあるんかいな。

藁にもすがる、とはこのことだろう。のび太は両手を天にかざし、必死になって唱える。

「ちんから…」杖も無しに何をやろうというのだろう。
その奇妙で間抜けな呪文とポーズも手伝ってこれは数日間は物笑いのタネになる。
その間、ルイズもまとめて笑い者にされるわけで、ルイズの怒りボルテージは振り切れそうになるまで上昇しつつあった。
「ほい!」のび太は短い呪文の詠唱を終えると同時に両手を振り下ろした。

……
……………何も起こらない。当たり前である。
誰もがそう思い、周囲は笑いを、ルイズは怒りを爆発させようとしたその瞬間、
「え!きゃ!な、何よこれ!」
ルイズのスカートがそよ風もないのにふわーっと浮き上がった。
「わ、きゃ!きゃ!」あわててルイズはスカートの前を押さえるが後ろが舞い上がる。
後ろを押さえると前が舞い上がる。前後を抑えても左右が舞い上がる。
周囲の少女達からは困惑の、少年達からは驚嘆の声が漏れる。
「…やった…!やったやった!やったぞー!わーい!出来た出来たー!
ばんざいばんざい!ばんざーい!ばんざーい!ばん、ざーーーい!」
のび太はしばらく何が起きたのか理解できなかったが、魔法が成功したことをようやく頭が理解すると、
満面の笑みで両手を挙げて叫びながら小さな円を描くようにぐるぐる回って喜びを爆発させていた。
「な、な、な、ななななな…、何すんのよ!この馬鹿犬!」
ばっちーん!
ようやく魔法の効果が切れ、恥ずかしさと怒りで耳まで真っ赤になって頭から湯気まで出そうなルイズが
のび太の頬に思いっきり手形を付けた。
「今日はアンタ食事抜き!部屋に入るのも禁止!反省してなさい!」
ルイズは使い魔と笑い転げる級友たちを残して足音荒く食堂を出て行った。

ちなみに、のび太の扱いはその日から悪くなるどころかむしろ改善された。
騒ぎの後、のび太はオールド・オスマンに呼び出され、二人だけでしばらく話していた。
その後、オールド・オスマンの老獪な説得と根回しにルイズも反論しきれず、渋々のび太の待遇改善に同意したのである。
また、のび太に幾人か男子生徒の友人が増えて学院生活がより楽しくなったことも記しておく。
翌日からロングビルはオスマンの新手のセクハラに悩まされることとなったのだが、それはまた、別の話。



新着情報

取得中です。