あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ルーン・ゼロ・ファクトリー-01


そこはまるで海の底のようだった。
海そのもののように青い空間に、きらびやかに差し込む陽の光。
古代の神殿を思わせる脊柱に、あたり一面に広がる色とりどりの珊瑚。
おもわず引き込まれそうになる美しさと、どこか冷たさを感じさせる空間。
その真っ只中に男はいた。
その体は傷だらけで、血があちこちからにじみ出ている。呼吸も荒く、持っている剣を杖代わりにして方膝を突きながらもようやく立っている状態だ。
しかし、その目からは闘志は消えず、目の前のモノをキッと睨み付けている。


男に立ちふさがるは竜。
蒼く美しい鱗を輝かせ、光に照らされ七色に煌く巨大なヒレを優雅に泳がせている。
見るものを圧倒する巨躯と、睨まれれば震え上がりそうな瞳、対峙するだけで押しつぶされそうになるプレッシャー。



それは伝説、ノーラッドに伝わる4匹の神竜の一角



『己の無力をかみ締め、波に溺れよ!!』
そう言い放ち、巨竜はその巨大なヒレを大きく広げ、互いに打ち付ける。
瞬間、あたりの水が渦巻き、巨大な渦潮となって男に襲い掛かる!
ぐっとうめきながらその水の流れに耐える男。しかしその水流はあたりのものを巻き込みながらさらにその強さを増していく。
石が、岩が、木片が、その流れに呑まれ、弾丸のように男へと撃ちつけられる。

あまりの水量に息が詰まりそうになる。流れる石や木片が、体をしたたかに打ち激痛が走る。限界に近かった体をさらに痛めつけられ、まるで濁流に飲まれる木の葉のように弄ばれ続ける。
だが、それでも男の目からは光は消えない。あらゆるものを飲み込まんとする水流のなか、歯をかみ締め、残る力を振り絞りながら、ゆっくりと確実に竜の元へと近づいていく。
「あきらめる・・・もんか・・・! 絶対に・・・あきらめないっ!!」
男は耐える。凄まじい水流にも、体を絶えず打ち続ける石くれや木片にも。
ただ、ひたすらに。崩れ落ちそうな体を必死にささえ、ただ前へ。


全ては、自分が信じる人のために。愛する人を助けるために。

「はああああぁぁぁぁぁぁぁ!!」
最後の力を振り絞り、地を蹴って右手に携えた剣を、竜へと振り下ろす!
剣は光を描きながら、竜の胸元へと深々と突き刺さった・・・!




ハルケギニア トリステイン トリステイン魔法学校


「宇宙の果てのどこかにいる、私の下僕よ! 神聖で、美しく、そして強力な使い魔よ! 私は心より求め、訴えるわ。我が導きに応えなさい!」

声の主。ルイズの渾身の呪文のもたらした結果は
強烈な閃光といつも以上の、それこそ過去最大の大爆発であった。

「そ・・・そんな・・・」
最後のラストチャンス。進級の条件である『サモン・サーヴァント』。この日のため懸命に努力した。『ゼロ』からの脱却のため、ひたすらに、がむしゃらに頑張ってきたにもかかわらず、結局失敗に終わってしまった。

こんな大事な局面ですら自分の魔法は成功しない。いつだって魔法の成功ゼロの『ゼロ』のルイズ。

悔しさ、情けなさ、惨めさが少女にのしかかり、ルイズは崩れ落ちるようにひざをついた。
顔を地面に向けたまま、手の中の草を握り締める。その両目からこぼれた涙が地面へいくつも落ちていった。

「・・・ミス・ヴァリエール。残念ですが・・・」
そういいながら担当の教師、コルベールは少女の肩に手を置いた。
この少女がどれだけ努力してきたかを彼は知っていた。だからこそ、この試験だけは無事に通してやりたかったが・・・
「試験はまた明日に回しましょう。気を落とさずに・・・ お?」
ふと、爆発の中心部に何かいるのに気がついた。


「ふえ?」
そんな彼の様子に気づいたのか、ルイズは涙で滲んだ目でそこをみた。
まさか。もしかして。そんな気持ちで徐々に煙の晴れていく爆心地をじっとみる。


そこにいたのは、一言で言えば羊だった。


1メイルにも満たない小さい体躯。茶褐色の肌にふわふわモコモコの金色の巻き毛。小さなどんぐりのような帽子を頭に載せ、腰にはベルト、首には青いスカーフがまかれている。


「や・・・ったの・・・?」
状況が信じられず呆然とする。涙と一緒に目をこすり、爆発の中心で倒れているそれを再び眺める。
確かにいる。自分が呼び出した使い魔が。
瞬間、沈んでいたルイズの顔に血色が戻り、ばっとその場から立ち上がる。
「や・・・やったわ! 成功したんだ!! 私・・・召還できたんだ!! あはははは!!」
さっきまでの沈んだ気持ちもどこへやら。 両手を振り回しながら感動に打ち震える。

「ゼロのルイズが成功!?」「冗談だろ・・?」などといった声も聞こえるが、もはや彼女の耳には聞こえちゃいない。

「おっと・・ミス・ヴァリエール。喜ぶのはその辺にして、そろそろ契約のほうを」
「あ、はいっ!!」
コルベールに促され、ダッシュで自分の召還した使い魔へ近づくルイズ。そして横たわるそれをじっと見つめる。


かわいい顔・・・
羊にみえるけど・・・ むしろ幻獣? きっと珍しい種族に違いないわ。それにこの毛、すっごくふわふわで柔らかそう・・・ 高級綿だってここまでの柔らかさはないわね! 


本音をいってしまえば、ドラゴンだとか、グリフォンだとかかっこよく強い使い魔を呼びたかったところだが、もうそんなことはどうでもいい。 なにせ、自分の魔法初成功の証なのだから。
うきうきしながらそれに「コントラクト・サーヴァント」を行おうと抱きかかえた時、ルイズの手にぬるりと何かがついた。
「え・・・? 何・・・?」
その手に付いたものを見た瞬間、ルイズの口から悲鳴が上がった。


異変に気づいたコルベールが走りよると、真っ青な顔をしながらルイズはその手を差し出した。
「せ・・先生・・ これ・・これ・・・」
その手からは、紅い液体が滴り落ちている。そう、彼がこれまで幾度となく目にした・・・
そこからの彼の行動は早かった。
「誰か!! 誰か水系統の先生を呼んできてください! それから治癒の使える人は至急この子の手当てを!急いで!!」
突然のことに騒然となる広場。突然のことに戸惑いながらただならぬ気配を察したのか、生徒たちは戸惑いつつも行動を始めていた。
その喧騒の中心で、ルイズは自分の呼び出した使い魔を震える手で抱え続けていた。



気がつけば、闇の中に立っていた。
あたりを見回してもそこには何もない。そこに広がるのは暗闇ばかり。
その闇のなか、ぼんやりと周辺を見回す。

ここは・・・・? 僕は・・・どうなったんだ・・・? 
僕は何をしていた・・・?

そうだ確か、『彼女』が連れ去られて・・・アイツと会って・・・
・・・彼女・・・? アイツ・・・? 
何だろう、ひどくぼやけている。うまく考えがまとまらない。思い出せない。



戸惑う中、突如聞こえる咆哮。
振り向いた瞬間に目に入るのは大量の水。
何が起きたのか考える暇もなく水の中へと取り込まれる。必死でもがこうとするが、体が動かない。なすすべなく水流へと飲み込まれていく・・・・



「-――――――っつ!?」


声にならない声を上げつつ、体を持ち上げた瞬間激痛がはしり、彼は再びそこに倒れこんだ。
ぼんやりとしていた頭がゆっくりと覚醒していく。それと同時に見慣れない天井が目に映る。
少しからだが痛む。もう一度起きようとするがうまく力が入らない。とりあえず視線だけをあたりへ向けた。
近くに窓がある。眩しさを感じたのはこれのせいか。
そしてようやく自分がベッドに寝かされ、体のあちこちに包帯が巻かれているのに気がついた。
まだ少し痛む体をどうにか起こし、回りを見渡す。自分が寝ていたベッドのほかにもいくつかベッドがおかれている。すこし古めかしい印象はあるものの、ベッドが多いことを除けば普通の部屋だった。

ベッドがおかれているということは、ここは病院だろうか。

そんなことを考えていると、入り口と思わしき場所にメイド服を着込んだ黒髪の少女が現れた。
手にはトレイを持ち、その上には食事と思わしき容器が湯気を立てている。
少女と目が合った瞬間、少女はひどく驚いたようで、手に持っていたトレイを危うく取り落としそうになるが、寸でのところで落とすのは防いだようだった。



『・・誰だろう・・この子は・・ いや、それ以前にここは?僕は・・・?』

「ミ・・・ミス・ヴァリエール! あの子が!あの子が目を覚まされましたよ!!」
一瞬唖然としていた少女だったが、はっとした様子で手のトレイを机に置くと、ベッドの脇に声をかける。

その時、彼はそこに人が眠っているのに気がついた。
ベッドの脇にうつぶせになるようにしてピンクがかったブロンドの髪の少女が眠っている。
すうすうと寝息を立てるその姿はとても可愛らしい。自分の体に巻かれた包帯を眺め、この子が看病してくれたのだろうかとふと考える。
そうこうしてるうちに、黒髪の少女がブロンドの少女の肩をゆさぶり、うーん・・・とうめきながら、寝ていた少女が目をさます。
「うーん・・・何よ・・・人が寝てる時に・・・あ」
しぶしぶと言った感じで顔を上げた少女と目が合う。とりあえず何か言おうとした瞬間、少女の目に涙が浮かぶのが見え・・・

「この・・・馬鹿羊―――――――――――!!!」

そう叫ぶなり、体をつかまれ、ガクガクと揺さぶられた。
衝撃が痛んでいた体に響き、その痛みにおもわず「うっ」とうめき声をあげる。
その剣幕に黒髪の少女が慌てて止めに入る。
「ミ、ミス・ヴァリエール! どうか落ち着いてください!」
「し、召還したときから主人に迷惑かける使い魔なんて聞いたことないわよ! 私が・・・どれだけ! どれだけ心配したか!」
ひとしきり振り回されてから唐突に手を離され、再びベッドに転がる。
ついでに転がった拍子に頭を打った。

「あー・・・あのー・・・」
打った頭をさすりながら、ここがどこなのか、自分はなぜここにいるのか。とにかく話をしようと呼びかけるが、目の前の少女たちには聞こえてはいない

「ですが、この子はまだ目を覚ましたばかりなのですから・・・ そんなに乱暴にしては傷が開いてしまいます!」
「すみませーん・・・」
「ぐっ・・・ そ、それはそうかもしれないけど、こ、こっちだって本当に心配してたんだから・・・
それに! 使い魔には使い魔の立場ってのを・・・」
「あのーーーー!!」

目の前で繰り広げられる喧騒に埒が明かないと判断し、精一杯の声を張り上げる。

「ああ!もう!!さっきから何なのよ! 人が話してる・・・最・・・中・・・」
さかんに大声を張り上げていた少女の声が小さくなる。 みてはいけないようなものを見るように、ギギィ・・・とでも音を立てそうな感じで、ゆっくりとこちらを振り向く。黒髪の少女の反応も似たような感じだ。ぎょっとした顔でこちらを見ている。

若干の違和感を感じながらも彼はようやく、少女たちに声をかける。
「・・・あの、ここはどこでしょうか? 僕は一体・・・」

ごく普通の疑問だ。質問する本人にすれば、起きたら突如知らない部屋に寝かされ、あまつさえ見知らぬ人間がそこにいて勝手にすすめていくのだから。 だから本来はそんなに驚くことじゃない。問題なのは

質問してきたのがどうみたって羊だったということだ。

『しゃ・・・しゃべったあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!』
少女二人分の悲鳴が、治療室へと響き渡った。


新着情報

取得中です。