あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ウルトラ5番目の使い魔-75


 第75話
 伝説の勇者たち (前編) 

 四次元怪獣 トドラ 登場!


 異世界ハルケギニアにて、宙に浮かぶ大陸アルビオンの今後一千年の歴史を
左右するであろう最終決戦が、その後ろで糸を引いているものの思惑も含めて
幕を上げようとしている頃、舞台裏では表の大事にも匹敵する特大の異変が
生じていた。

 イギリスの事件を解決させ、日本への帰路についた、元GUYS JAPAN隊員
イカルガ・ジョージとカザマ・マリナを乗せた、ヨーロッパ航空101便を、突然の激震が
襲ったとき、偶然か、それともたちの悪い運命であったのか、この一機の超音
旅客機をめぐる、GUYS史上に特筆されて残る事件は始まっていた。
 怪獣ジラースとの戦いの疲れもあって、機内で安眠をむさぼっていた
ジョージとマリナは、機体を貫いた不気味な振動に目を覚ましていたが、
最初はよくある乱気流にでもぶつかったのではと、あまり気にしなかった。
けれど、次第に窓際の乗客たちが騒ぎ出し、これはただ事ではないなと感づいた。
「どうかしたんでしょうか? なにやら騒がしいですが」
「それが、飛行機の外が突然真っ白になって、なにも見えなくなっちゃったんです」
 隣に座っていた、壮齢の女性に何事かを尋ねて答えを得ると、確かに機外の
風景が右を見ても左を見ても白一色に染まっていた。最初は雲の中かと
思ったが、飛行機は普通危険な雲の中は飛ばない。GUYS時代から、キッカー、
レーサーとして培った危険を察知する直感が、背筋を冷たい手でなでられるような
感覚を彼らにもたらしていた。
「マリナ、どうする?」
「待って、まだ異常事態とは限らないわ。もう少し様子を見ましょう」
 様子はおかしいが、もしかしたら本当にただ何かしらの理由で雲海を飛んでいる
だけかもしれない。だがそのころ、東京国際空港には、ヨーロッパ航空101便からの
SOSが届いていたのだ。

「こちら101便、トウキョウコントロール、当機の位置を教えられたし」
「ディスイズトウキョウコントロール、101便、そちらの位置はこちらのレーダーには
映っていない」
「そんな馬鹿な、こちらはすでに日本の領空に入っているはずだ。高度も七〇〇〇は
あるはず、映らないはずはない!」
「本当だ、こちらもロストしたそちらを探しているが、いまだに発見できない。
周りになにか見えないのか?」
「それが、周り中濃い雲に覆われてしまって、どこまで行っても切れ目がないんだ。
おまけに、高度計がいかれてしまって、上昇も下降もできないし、GPSにも
反応がない。なんとかしてくれ」
 悲鳴のような101便からの救助要請に、管制官はすぐにでも救難隊を差し向け
たかったが、位置がつかめないのではどうしようもなかった。
「ともかく落ち着いて、状況と位置の把握に努めろ、無線が通じるということは
日本近辺のどこかにいるはずだ。こちらも至急対策を考える」
 そうは言ったものの、管制官にできることは上司に報告し、引き続き101便の
行方を捜索するくらいしかなかった。

 しかし、そうしているうちにも101便が東京国際空港に到着している時間は
迫ってきて、乗客たちも異常事態に気づき始めていた。
「おいどうなっているんだ、もう空港についていていいはずじゃないか!」
「今どこを飛んでるんだ? 本当に日本に着くんだろうな!」
 乗客が不安のあまりにスチュワーデスに詰め寄り始めている。もちろん、
ただの客室乗務員に事態を解決できるはずはないのだが、冷静な判断力を
失いかけている乗客はわからない。
 ジョージとマリナも、もう普通ではないのは確実だと席を立とうとしたが、
二人が立とうとしたときに、逆隣に座っていた親子の、三歳くらいの男の子が
大声で泣き出してしまった。
「ああ、どうしたのひろくん、泣かないでね、よしよし」
 母親が泣き喚く子供をあやそうと頑張っているが、子供はこの場の殺気立った
空気を怖がっているので、なかなか泣き止んでくれない。マリナは、このまま
いこうかどうか迷ったが、そのとき親子の反対側の窓際に座っていたざんばら髪の
山登りをしてきたようなかっこうをしたおじさんが、リュックから茶色くて先っぽが
筆のようになった大きな棒を取り出して、泣く子供の鼻先をこちょこちょとくすぐった。
「ほらほらぼうや、これ見てみい。これはな、ライオンの尻尾なんやで、これで
頭をなでるとな、強い子になれるんや、だからぼうやも泣くのやめ」
 うさんくさい関西弁で、その山男みたいなおじさんはニッと歯を見せながら、
男の子に笑いかけると、男の子は最初びっくりしたようだったが、ライオンの
尻尾と聞いて興味を持ったようで、おそるおそるもじゃもじゃに手を出した。
「ライオンの尻尾? ほんとに」
「ああ本当や、おじさんは世界中を冒険しててな、アフリカで秘境探検の末に
原住民の長老からこれをもろたんや。古代の魔力がこもったすごいもんなんやで、
だから、これでなでられたぼうやはもう強い子や、強い子は、泣いたりへんよな?」
「……うん!」
「ええ子や、じゃあ特別サービスで、これは坊にやる。大事にせいよ」
「うん!」
 男の子は、そのインチキくさいライオンの尻尾とやらを大事に抱きしめて、
うれしそうに笑った。
 そんな様子を、母親や、ジョージとマリナも唖然として見ていた。見るからに
怪しい変なおじさんだが、母親でもあやせなかった子供のかんしゃくを
ピタリと抑えてしまった。
 けれど、機体にまた激しい振動が加わると、その子はビクリと震えて、
母親にしがみついた。やはり子供は子供、自分ではどうにもならないことに
恐怖を感じるのは当たり前なのだ。だがそこへ、二人をはさんで反対側に
座っていたおばさんが、ビニール紙に包んだキャラメルを差し出してくれた。
「どうです、なにかを食べてれば気分も落ち着きますよ。皆さんもどうぞ」
「あ、どうもありがとうございます」
 行き渡った四つのキャラメルをそれぞれが口に含むと、ほんのりとした
甘さが、口の中に広がっていった。
「あまーい」
「うん、こりゃうまいで」
「それはよかった。実は私は北海道で牧場をやっているんですけど、
そこで育てた牛からとった牛乳で作ったもので、イギリスに営業に
行った帰りなんです」
 確かにこのうまさなら、イギリスでも通用するだろうと、ジョージもマリナも思った。
男の子も、すっかりうれしそうにしながら、母親といっしょに口の中の
キャラメルを舐めている。
 そこで、インディアンのおじさんが、男の子の頭を豪快になでた。
「よかったな坊や、けどもう男の子は泣いちゃいかんで」
「うん……でも」
「怖いか? だいじょぶや、おじちゃんがついとる。実はおじちゃんはな、
昔防衛隊にいてな、怪獣と戦っとったんや」
「ほんと!?」
「ほんとや、こーな、でっかい宇宙ステーションや、かっこいいジープを
乗り回しとって……おっと、わしゃ免許はなかったっけか? もちろん、
ウルトラマンといっしょに戦ったこともあるんや」
 得意げに話すおじさんの言葉に、男の子はすっかり夢中になっている。
「だからな、そんなすごいおじちゃんがおるんやから、坊が心配することは
なんもあらへん。そっちの兄ちゃんたちや、おばちゃんも平気にしとるやろ」
 こういうとき、大人がしっかりしなければ子供はどうしていいかわからない。
ジョージとマリナは毅然とした態度で、男の子に笑いかけ、おばさんも
にこやかに微笑んでいた。
「これで、もう大丈夫ですわね」
「ええ、ですがそれにしても、あなたはこの状況でよく平然としていられますね」
 マリナは、周りの乗客が少なくともそわそわしているのに、このおばさんは
まったくといっていいほど平然としているのに、少し驚いていた。
「いえ、私も不安ではありますけどね。実は、私の兄が昔防衛隊で働いて
いましたから、母の教えで、いつも命がけで頑張っているシゲルに恥ずかしく
ないように、私たちも強く生きましょうって、そうやってきたんです」
 ということは、怪獣頻出期のいずれかの時期にあった防衛チームのどれかに
所属していた人のご家族ということか、確かに防衛隊は警察や消防と同じく
いつ死んでもおかしくない危険な仕事であるために、家族にもそれ相応の
覚悟が必要とされ、それゆえにテッペイのようになかなか家族に打ち明けられ
なかったり、親御さんが除隊を求めることも少なくないという。
 二人は、こうした人々にも歴代の防衛チームは支えられてきたのかと、
目に見えないところで頑張っている人々の熱い思いに感じていた。ならばこそ、
今こそ自分たちが働く番なのである。
「どうやら、日本に帰る前に一仕事こなさなきゃいけないみたいだぜ」
「ミライくんたちに会う前に、勘をとりもどしておきますか」
 ジョージとマリナは、GUYS隊員としての目に戻ると、己の使命を果たすために立ち上がった。
 客室内は、いっこうに事態の説明をしない乗務員側に対して、乗客のいらだちが
限界に達しようとしていたが、二人はそんな人々を掻き分けて、必死で乗客を
抑えているスチュワーデスの前に出た。
「お客様、どうか座席にお戻りください!」
「私たちはCREW GUYSのものです。なにかご協力できることがあればと思うのですが」
 マリナがGUYSライセンスの証明証を見せると、客室内が驚きと、同時に期待に
湧きかえった。もっとも、スチュワーデスさんは二人の見せたGUYSライセンス証以上に、
ジョージが世界的に有名なスター選手だと気づいて、どうやら熱烈なサッカー好きのようで
うれしさのあまり失神しかけたが、なんとか落ち着かせて操縦席に案内してもらった。
「GUYSの方ですか、助かりました。今の状況は我々の範疇を超えています」
 機長は、プレッシャーに押しつぶされそうだったところで責任から解放されて、
事態を彼らに説明した。ともかく無線だけはなぜかつながるが、ほかの計器が
まるで役に立たない。
 ジョージとマリナも、思いつく限りのことは試してみたが、すべて無駄だと
わかると、すぐさま管制塔に向けて無線を送った。
「101便より、トウキョウコントロール、当機は異常な空間に飲み込まれている
もよう、ただちにGUYS JAPANを出動を要請してください」
 これを受けて、それまで対応に右往左往するばかりであった空港側も
ようやく明確な行動方針を見つけることができ、連絡を受けたGUYS JAPANは
ただちにフェニックスネストより、先陣としてミライをガンウィンガーで東京空港に派遣した。

「こちらミライ、今東京国際空港に到着しました。テッペイさん、何かわかりましたか?」
 滑走路を封鎖した空港にガンウィンガーを着陸させ、ミライは管制塔でフェニックスネストに
連絡をとっていた。
「ああ、アウトオブドキュメント、ずいぶん古い記録だけど、これと似た事件が過去に
報告されています。おそらく101便、ジョージさんたちの乗った飛行機はその空港の
すぐそばにいると思われます」
「そば、ですか? でも、ガンウィンガーのレーダーにもそれらしい影は捉えられて
いませんが」
「それがね、一九六六年に同じように旅客機が空港のすぐそばで行方不明になり、
通信だけができるという事件があったんだ。そのとき、その旅客機は次元断層とでも
いうべき、異次元空間にはまりこんでいたらしい」
「異次元空間に!? ということはヤプールの陰謀ですか?」
「それはまだわからない。異次元空間を利用するのはヤプールだけではないからね、
今こっちでもGUYSスペーシーに協力してもらって調べてる。もう少し待って」
「G・I・G」
 今フェニックスネストではテッペイやコノミが、新人オペレーターに指示しながら、
この事件の詳細を調べているのだろう。ならば、まかせて待つのが一番確実だ。
 ミライは、フェニックスネストとの通信を一時切ると、ぐるりと管制塔の窓から
空港を見渡した。
「兄さんも、この景色を見ていたのかな」
 この管制塔というのは空港全体が見渡せて、とても眺めがよかった。
 メビウスが地球に来る二十年前、ウルトラマン、セブン、ジャック、エースの
ウルトラ四兄弟はヤプールが作り出した究極超獣Uキラーザウルスを、変身能力を
失うほどの封印技『ファイナル・クロスシールド』で封印した後、地球で人間の姿で
生活していて、そのときにウルトラマンは旧科学特捜隊のハヤタ隊員の姿で
神戸空港の管制官として働いていたという。ミライは敬愛する兄と同じ風景を
見ているかと思うと、胸が熱くなるような気持ちだった。
 それから数十分ほど経ってから、再びフェニックスネストからテッペイの連絡が
はいってきた。
「お待たせミライくん、ジョージさんたちの居所がわかったよ!」
 ミライのGUYSメモリーディスプレイに、GUYSスペーシーの衛星が撮影した、
空港周辺の気象図が送られてきて、その一つの雲に赤い×印がしてあった。
「ここですか?」
「ああ、レーダーに映らないというところがポイントなんだ。衛星写真では、
その雲ははっきり映ってるけど、地上のレーダーからはその雲だけが映って
いないんだよ」
 なるほど、と、ミライはテッペイの情報分析力にあらためて信頼を強くした。
まさに逆転の発想、常識を超えた怪事件に対応するには柔軟な思考が必要と
されるのだ。
 そのとき、管制塔にタイミングよく101便からの連絡が入ってきた。
「こちら101便、ディスイズトウキョウコントロール、オーバー?」
「こちら東京空港、ジョージさんマリナさん大丈夫ですか?」
「その声は、ミライか!? 久しぶりだなアミーゴ!」
「ミライくん、さっそく来てくれたのね。リュウもなかなか粋なはからいするわねえ、
元気だった?」
「はい、おかげさまで。そちらは大丈夫ですか?」
「ああ、今のところ乗客も落ち着いて、機体も平常飛行を続けているが、相変わらず
どこを飛んでいるのかはわからん」
 やはり、101便は異次元空間の中をさまよっているのだと思ったミライは、
すぐさまテッペイが対策を打ってくれていることを知らせて、続いて通信を
フェニックスネストにもつなげた。
「ジョージさん、マリナさん、お久しぶりです。お二人がその機に乗っていたのが、
不幸中の幸いでした」
「俺たちには不幸以外の何者でもないけどな」
「まあそう言わないで、時間がないんですから、101便の燃料はあとどれくらい
持ちますか?」
 そうだ、時間は限られている。いまのところは飛行を続けられているが、
航空機の燃料はいずれ尽きる。異次元空間の中で墜落してしまったら、
どうなるかはまったくわからない。
「巡航飛行を続けてるから、あと二時間は持つはずだが、正直余裕があるとは
いえねえな」
 二時間、その間に救出しなければ101便は永遠に異次元空間をさまよってしまう。
「了解しました。こうなったら、ガンフェニックスで突入して、異次元空間の外まで
101便を誘導するしかありません!」
「おい待て! そりゃ危険だ。下手すりゃ二重遭難になるぞ」
「そうよ、ここでGUYS全滅なんてなったらどうするの」
「お二人をはじめとする、二百余名の人命を犠牲にするわけにはいきません。
それに異次元空間への突入は、ウルトラゾーン以来二度目ですから、
こちらの世界へ誘導するビーコンを用意しておきます」
 ウルトラゾーンと聞いて、ミライの表情が引き締まった。メビウスが地球に来る
直前、メビウスは太陽系内に突発的に開く異次元の落とし穴であるウルトラゾーンに
引きずり込まれていく宇宙船アランダス号を救い損ねて、乗組員バン・ヒロトを
犠牲にしてしまったことがあり、二度と悲劇を繰り返しはしまいと決心していたのだ。
 そして、異次元空間へ突入し、101便を救出する作戦はリュウ隊長に
承認され、ガンローダーにテッペイ、ガンブースターにリュウ自らが搭乗した。
 コノミはフェニックスネストに残り、こちらの世界からガンフェニックスを
ナビゲートする。カナタやほかの新人隊員は作戦参加を申し出たが、
万一リュウたちまで帰れなくなった場合は、彼らが後を継がねばならず、
ここは先輩のお手並みを見学しておけということで、残留してサポートする
こととなった。
 残る時間は一時間五〇分、ただちに作戦は開始された。
「GUYS、Sally GO!」
「G・I・G!」
 全隊員の復唱がこだまし、新旧共同のGUYSは出撃した。


 だが、この時空間の歪みが、誰にとっても予測を超えた一大事の引き金となるとは、
このときはさすがに想像できている者はいずれの次元にも存在しなかった。
 同時刻、ロンディニウム南方三〇リーグの上空で、突然シルフィードごと雲の中に
吸い込まれてしまったルイズたち一行は、気がついたら白一面の世界にいた。
「こりゃあ……なんの冗談なのかしら」
 見渡す限り白、白、白……空は真っ白い雲に覆われて、足元はドライアイスのような
白い煙が漂っていて、足首より下がわからない。まるで雲の中のようだが、
足をついて立てる以上、雲の中ではないだろう。ともかく、天地創造の神とかいう
存在がいるとしたら、そいつの財布は絵の具一つ買うコインもないのではないかと
思うくらいに色彩的特長のない世界だったので、誰もがすぐには状況を把握できなかった。
「俺たち、ロンディニウムとかいう街に向かってて……そうだ、雲の中に吸い込まれ
ちまったんだ!」
 思い出してはっとすると、おのおのは顔を見合わせた。
 ルイズが懐からぜんまい式の懐中時計を取り出して見ると、すでに短針は
元の位置から一二〇度も回転していた。
「四時間も経ってる!」
「なんてことだ! 貴重な時間をこんなことで!」
 そこでシルフィードの背中に乗っていたミシェルが、硬いつもりでシルフィードの背中を
思い切り殴ってしまったものだから、びっくりしたシルフィードは彼女を振り落としてしまった。
「わあああっ!」
「危ない!」
 急いで駆け寄った才人が危機一髪で受け止めたが、思いもよらずにお姫様だっこを
されてしまったミシェルがほおを赤らめ、一瞬で機嫌を桜島火山のようにしたルイズが
蹴りを入れるというコントが発生したが、そんなことはともかく、これはいったいなんなんだろうか。
「ア、アルビオンに、こーいうことは、ないのか?」
 お姫様だっこをしているせいで、蹴たくられて痛む股間を押さえることもできずに、
涙目で才人は尋ねた。大陸が空を飛ぶくらいだから、雲の中にはいることが
できるんじゃないかと思ったのだが、「そんなおとぎ話みたいなことがあるわけ
ないじゃない!」とルイズと怒鳴られた。どうやらハルケギニアはファンタジーと
思っていたが、限度というものはあるようだ。
 それなのに、異常事態より先にルイズの関心は別にあるようだ。
「サイト、あんたいつまで抱きかかえてるのよ! さっさと下ろしなさい」
「おいおい、けが人に無茶言うなよ」
「うるさい! だいたいミシェル! あんたけが人だと思って黙って見てたら、
人の使い魔に好き放題ちょっかい出して、ちょっと調子に乗ってんじゃないの! 
天下の銃士隊員ともあろうものが、でれでれ媚びちゃって情けない限りねえ」
 ルイズの横暴がまた始まったと、才人は内心で嘆息した。腹部貫通刺傷に、
打撲、骨折複数箇所という負傷が二、三日で治るとでも思っているのか、
もし自分ならば、一週間はベッドの上で寝たきりのはずだ。
 しかし、ルイズはここで眠れる獅子の尾を踏んでいた。
「言ってくれるじゃないか、貴族の小娘と思って呼び捨てくらいは大目に見ようと
思ったが、銃士隊への侮辱は許さんぞ」
「え? ミ、ミシェルさん?」
「サイト、お前の主人の言うとおりだ、銃士隊副長ともあろうものが、こんな傷
くらいでへばっている場合ではなかった、下ろせ」
「で、ですけど……」
「下ろせ」
 据わった声で命令されて才人は気づいた。ミシェルの眼光が、初めて会ったときの
ように、弱いものならそれだけで刺し殺せそうな冷たく鋭い光を放っている。
ルイズの挑発で、ミシェルの中に眠っていたプライドの炎が呼び覚まされていた。
 逆らいきれず、才人ができるだけそおっとと気遣いながらも、足からゆっくりと
地面、とおぼしきところに下ろしていくと、ミシェルは驚いたことに、ひざに手を
置きながらも自力で立ち上がっていった。
「どうだ……これでも、まだ情けないなどと言うか」
 だが、歯を食いしばり、額に油汗を浮かべており、相当の苦痛に耐えている
ということはすぐにわかった。それでも、その苦痛をねじ伏せてでも立っている
という気迫がルイズを圧倒した。
「な、なかなかやるじゃないの」
「ふん、あ、当たり前だ、お前たちとは、鍛え方が違う」
 やせ我慢も、ここまでくれば見事といえた。そういえばうっかり忘れていたが、
あのアニエスと肩を並べて戦えるということは、単に腕がいいだけではまず無理で、
同格の精神的なタフさ、いわゆる負けん気の強さがないと、弱い者は徹底的に
いびるあの人の下ではやっていけまい。実際、ツルク星人と対戦したときに
いっしょに特訓したときも、あれが二日、三日と続いていたら才人は倒れていただろう。
 だが、肉体を精神力でねじ伏せて動かすにも限度があった。
「う、ああ……」
「危ない!……っとに、無茶するから」
 血の気を失って倒れ掛かったミシェルを才人が危うく抱きとめた。今度はルイズも
文句は言わないが、あとが怖いのでシルフィードの背中に乗せなおしてあげた。
「まったく、無理をするからよ」
「誰かさんにそっくりだけどね」
 ぼやいたルイズにキュルケがツッコんで、ルイズはわたしはもっとものわかりが
いいわよと、むきになって反論したが、それこそキュルケの言うとおりだった。
「負けず嫌いはどっちもどっちだろうに」
「そういうあなたも、人のことは言えない」
 意外にもタバサにツッコまれて才人はびっくりした様子だったが、考えてみれば
この中に負けず嫌いという標語が当てはまらない人間はいなかった。しょせんは、
体だけは大きい子供の集まりということか。
 はてさて、こんな欲しいもののためなら譲り合う気ゼロの彼女たちのうち、
最後に景品を手に入れるのはどっちなのか? とてもじゃないが、引っ張り
合わせて子供が痛がったから、手を離したほうが母親と認められた大岡裁きは
期待できそうもない。
 そんでもって景品のほうも、両手を引っ張り過ぎられてちぎれる前に、
どちらかを選べるのか? もっともこの場合、選ぶほうは心を決められても、
選ばれたほうが素直に受け止められるのかどうかについても問題があった。
 まったくもって、いい意味でも悪い意味でも負けず嫌いすぎる若者男女は、
ゴールがどうなるかの予測をまったくさせず、複雑に心を絡み合わせたままで、
とりあえずここがどこなのかを確かめるために歩き始めた。
 だが歩き出すと、意外にも足元にはじゃりじゃりと、川原で砂利を踏みしめている
ような感触があった。となると、やはり雲の中ではないだろうと、才人は足元の
もやの中に手を突っ込んで、それを掴みあげてみた。
「なんだ、ただのガラス玉か」
 それは子供の拳くらいの透き通った玉砂利であった。でっかいおはじきとでも
いえば適当であろうが、才人は興味をもたずに、それを一つずつ遠くへと
投げ捨てていった。
「ちょっとサイト、危ないでしょ」
 目の前で石投げをされて、危なっかしく感じたルイズが文句を言うと、才人は
玉砂利をお手玉のように手の中で弄びながら笑った。
「いいじゃん、別に誰かに当たるわけじゃなし」
「そりゃそうだけど……サイト! ちょっとそれ貸しなさい!!」
 突然目の色を変えたルイズは才人からその玉砂利を奪い取って、まじまじと見つめた。
「どうしたんだ、たかがガラス球に目の色変えて?」
「バカ言いなさいよ……あんた、これガラス球なんかじゃない。ダイヤモンドよ!」
「なっ、なんだってえぇ!!」
 不満げな顔をしていた才人はおろか、キュルケやミシェルまでもが目の色を
変えてルイズの手の中の玉砂利を見つめ、次いで足元から自分もダイヤの
玉砂利を拾い上げた。
「ほんとだ……これは、みんなダイヤの原石よ」
「信じらんない、どれも五サントはあるわよ、これを磨き上げたらいったい何千エキューに
なることか……」
 名門の出で、宝石など見慣れているはずのルイズやキュルケでも、こんな
馬鹿でかいダイヤモンドは見たことがなかった。
 唯一タバサだけが興味なさげに、その一個あるだけで大富豪になれる
石ころを見ているが、ここに元盗賊のロングビルがいたら気を失ったかもしれない。
しかも、足元にはそれらがごまんと転がっているではないか。もっとも、母親の
結婚指輪についていたちっぽけな宝石しか見たことのない才人は、ダイヤモンドが
高価なのはわかるが、価値が高すぎて実感がわかないらしく、焦点が外れた
視線でそれを見ていた。
「すげえな、これだけダイヤがあったらファイヤーミラーも作り放題だぜ」
 などとのん気なことを言っているが、本当は天然ダイヤモンドでは
ファイヤーミラーは作れず、むしろ元祖宇宙大怪獣が喜びそうな光景なのだが、
やがて二、三個を拾い上げると、ロングビルさんへのお土産にするかと
ポケットの空きに詰め込んだ。
「まあ、適当に叩き売っても、子供たちの養育費の足しにくらいにはなるか」
「バカ! あっという間にハルケギニア一の大金持ちになれるわよ! 
ったく、これだから平民は」
「はぁ……そう言われてもな、俺ゃそんなに金があったって、別に使い道がないし」
 ルイズやキュルケは、一国一城の主も夢ではない話に興味も持たない
才人に呆れたが、才人の美点は分を超えた物欲や金欲を持たないことだろう、
野心がないともとれるが、それで大成するのはほんのわずかで、大抵は
強欲な物欲の権化と成り果てる。
「ここはまさか、伝説の黄金郷かしら」
「だとしても、帰れない黄金郷なんか刑務所以下だろ、出口を探そうぜ」
 才人は自分が、岩の穴の中の種を食べたくて手を突っ込んだら
握りすぎて抜けなくなった間抜けなサルにはなりたくなく、歩き出した。
「ちょ、ちょっと待ちなさいよ……ええい!」
 腹立たしくなったルイズたちは、やけくそでダイヤモンドを投げ捨てると、
才人の後を追った。
 そんな才人を、タバサはシルフィードをのしのしと歩かせてついて
いきながら見つめて思った。
「欲のない人……」
 ほとんどの人間は、貴族も平民も問わずにわずかな金銭のために血道を
上げるというのに、珍しい人間だと、タバサはなんとなく、ルイズたちが彼から
離れない理由の一端が、自分にもわかったような気がして、考えてみれば
自分も彼が来て以来、関係ないことに首を突っ込んだり、自分のことに他人を
入れる割合が増えたなと、心の中だけで苦笑した。
 そうして、彼らは世界一高価な砂利道の上を、出口を求めて歩き始めた。
 とはいっても、女子というものはこんなときでも静かにはしていられないものらしく、
すぐにルイズとキュルケがおしゃべりを始めた。
「にしても、このダイヤモンドの山、あの成り上がりのクルデンホルフの小娘に
見せたら卒倒するんじゃないかしら」
「それよりも、貧乏貴族のギーシュやモンモランシーあたりなら、プライド放り出して
ポケットに詰め込むかもよ。そういえば、ベアトリスだっけ、あの子も来年には
学院に来るのよね。元気でやってるかしら」
 思い返せば、あの怪獣大舞踏会からもうずいぶん経っていた。
 しかしこうして、白一色の世界にいると、誰もがカンバスの主役を勤めるに
ふさわしい、美しき個性の持ち主であると才人は思った。髪の色一つをとっても、
ルイズのピンクブロンド、キュルケの燃えるような赤髪、タバサの青空のような
青色に、ミシェルのタバサよりやや濃い青色は、今では大海のようにも見え、
典型的日本人で黒一色の自分などとは大違いだった。
 けれど、そうしていても単色すぎる世界は距離感も狂わせるらしく、たいして
歩いてないはずなのに、頭がぼんやりしてきた。これなら茶色と青に分かれて
いる分砂漠のほうがいくぶんかましだろう。
 変化が現れたのは、いよいよ頭の中がミルクセーキになりかけて、ルイズの
激発五秒前というときだった、突如白一色の中に黒いなにかが入ってきたのだ。
「行ってみよう!」
 才人が全員を代表して叫ぶと、薄ぼんやりと見えるそれへ向かって走り出した。
この際、白から解放してくれるのならば、黒きGでもなんでもいいという心境
だったのだが、目の前に寄ってみると、それは想像だにしなかった形の鉄の塊だった。
「なに? この妙な鉄の造形物は?」
「翼がついてるけど、こんな形じゃ飛べそうもないわね。けどこの銀色は、
鉄でも銀でもなさそうだけど、いったいなにでできているのかしら」
「……」
 ルイズやキュルケにはそれがなんであるのは理解できなかったが、才人は
心臓を高鳴らせて、その銀翼の戦鳥を見つめていた。
 とにかく、目の前にあるのが信じられない。極限まで無駄なく絞り込んだ
機体に、カミソリのように生えた二枚の主翼と、そこに開いた二〇ミリ機関砲の砲口、
見上げれば、雨粒のような涙滴型風防の前に、一〇〇〇馬力級エンジンとしては
最高峰の傑作とうたわれる栄エンジンが、三枚のプロペラを擁して鎮座している。
 まぎれもなく、かつて無敵の名を欲しいままにし、世界最大最強として知られる
超弩級戦艦大和と並んで日本海軍の象徴として、数々の戦争映画で主役を務める
日本人ならその名を知らぬ者のいない、第二次世界大戦時の日本の代表機。

「ゼロ戦だ!」

 正式名称、三菱零式艦上戦闘機が、そこに主脚を下ろして静かに鎮座していた。
「サイト、これもあんたの世界のものなの?」
「ああ、タルブ村にあったガンクルセイダーを覚えているだろ。あれの遠いご先祖さ」
 才人は小さいころ、手をセメダインだらけにしながら作ったプラモデルの記憶に
興奮しながら、ゼロ戦の主翼に触れてガンダールヴの力でこれの情報を読み取った。
 機体色は銀色で、やはり初期型の21型であり、最高速度、上昇限度などの
情報がこと細かに流れ込んでくるが、そんなことなどどうでもいいくらいに才人は喜んだ。
「すげえ、こいつはまだ生きてる」
 なんと、ゼロ戦はほぼ完璧な形でそこにあった。燃料も半分以上あり、機銃弾も
七割近く残存している。まるで航空博物館にあるような完全な代物だったが、
主翼によじ登って、コクピットの中を覗き込むと、才人は調子よく喜んでいた
自分に罪悪感を覚えた。
「うう……」
「うわ……骸骨」
 そこには、パイロットが前のめりになって計器に顔をうずめる形で白骨化している
痛々しい姿があった。よく見れば、コクピットの後ろの胴体に小さな穴が開いている。
おそらくはそこから敵機の弾丸が貫通して彼に致命傷を与えたのだろう。
「多分、敵機に追い詰められたところでこの空間に迷い込んで、最後の力で
不時着したんだろうな」
 死に直面しながらも、愛機を無駄死にさせたくなかったのか、そんな状況で
こんな場所に見事に着陸させた腕前はさすがとしかいいようがない。また、
そんな熟練したパイロットを追い詰めた、彼の相手もおそらくは相当なエースであろう、
ゼロ戦の形式と機銃弾の口径から考えれば、イギリスのスピットファイアあたりかもしれない。
 才人は、六十年以上前に、故郷を遠く離れた空で命をかけて死んでいった
祖先たちに向けて、無意識に手を合わせて冥福を祈っていた。
 そうして十秒ほど、うろ覚えの般若信教を唱えながら祈ったくらいだろうか、
周りに目を凝らして警戒していたミシェルが、白いもやが薄らいだ先にあるものを
見つけて呼んできた。
「おい、向こうにも、あっちにも見えるの、あれもそうじゃないか?」
「なんだって?」
 言われて目を凝らしてみると、ゼロ戦と同じように無数の航空機の残骸が
あちらこちらに散乱している。
「月光、雷電、九七式戦闘機……みんな戦争中の飛行機ばっかりじゃないか」
 それらは、このゼロ戦とは違って着陸に失敗したようで、前のめりに突っ込んで
いたり脚を折ったりしていて、とても使い物になりそうもないが、その特徴的な
シルエットは、小さいころにゼロ戦やタイガー戦車などのプラモデルを多く作って
ミリタリーにも造詣のある才人には簡単にわかった。
 もちろん、それだけある機体がすべて日本機ということはなかった。
「アメリカのグラマンF4FにF6F、ライトニングにムスタング、イギリスのハリケーンに
スピットファイア、ドイツのメッサーやフォッケまでありやがる」
 世界中の名だたる戦闘機が、ずらずらと並んでいて目移りしてしまう。赤い星などの
マークがついたソビエトや中国などの機体はさすがにわからないが、この光景を
マニアが見たら狂喜乱舞するだろう。
 また、目が慣れてくるとさらに遠方にある機体も把握できるようになり、戦闘機
以外の飛行機も見えてきて、それらの方向へと順に歩き出した。
「一式陸攻、モスキート、B-17……」
 濃緑色やむきだしのジュラルミンに身を包んだ爆撃機が、半分近く残骸と
化しながら横たわっている中を、才人たちはいまや墓標となったそれらに
敬意をはらいながら進んでいく。
 だが、最後にひときわ大きい機体を中央部からくの字に折り、尾翼を
十字架のように立たせてつぶれている飛行機のそばだけは、そのまま
立ち去ることはできなかった。
「……」
「サイト、どうしたの?」
 ルイズの問いかけにも才人は答えずに、目の前の飛行機の残骸を睨み続けている。
 それは、他の飛行機と比べても圧倒的に大きく、主翼についている計四つの
巨大なエンジンや、機体の各部の大砲のような銃座などを見ても、並々ならぬ
技術で作られたことが一目でわかった。
「サイト? ねえサイトったら」
「……」
 答えずに、才人はなおも眼前の機体を睨み続ける。損傷が激しいが、のっぺりとした
機首やうちわのように大きな垂直尾翼といった特徴までは失われていない。
 間違いはない。それは小学校の平和授業から、毎年夏になると放送される
戦争特番で嫌と言うほど見せられ、才人だけでなく、日本人に畏怖と憎悪の
感情を向けられる、史上もっとも多くの人間を殺した爆撃機。
「B-29、スーパーフォートレス」
 広島、長崎の惨劇の立役者にして、アルビオンの内戦などは比較にならない
悲劇を残した第二次世界大戦の、戦争の愚かしさの象徴ともいうべき、
空の要塞がそこにいた。
 そして、それで完全に彼は記憶を呼び戻した。
「そういえば小さいころ、ゼロ戦があるんだったら一度来てみたいと思ったっけな、
この四次元空間には」
 テッペイがアウトオブドキュメントから解析したデータと同じく、才人もここが
時空間に落とし穴のように開いた四次元空間だと気づいた。
 落ちている航空機も、同じようにこの空間に引っかかってしまったのだろう。
二次大戦時の航空機ばかりなのは、何百何千と数がいて、引っかかる
確率も高かったからだろうが、よく見たらセイバーやファントムなど、戦後の
航空機もわずかに入っている。
「しかしまさか、ハルケギニアにも入り口があるとは思わなかったな」
 探せばもしかしたら、ハルケギニアから迷い込んだ竜騎士やヒポグリフなどの
死骸も転がっているかもしれない。だが、そういうことならば、もう一つ嫌な
ことが彼の脳裏に蘇ってきた。
「ここが、その四次元空間だとしたら……」
 しかし、彼がその予感の内容を言い終わる前に、霧の向こうからくぐもった、
まるで霧笛のような大きな遠吠えが聞こえてきたのだ!
「やっぱりか」
 彼はどうしてこう、悪いときに悪いことばかりが重なるんだと、ルイズに召喚
されて以来の自分の苦労人体質を呪いながら、ガッツブラスターを取り出して
安全装置を解除した。
 そして十秒と経たずに、彼の予感は的中した。
「巨大なセイウチの化け物ね」
「サイト、ルイズ、ほんとにあんたたちといると、人生退屈しないわ」
 ルイズやキュルケが、もう驚くことも慣れてしまったというふうに、達観した
様子でつぶやいたのに、タバサやミシェルも全面的に同意した。
 唯一、シルフィードだけが焦った様子で、目の前にいて、巨大な牙を
振りかざして地面をはいずって向かってくる怪獣を、きゅいきゅいと
鳴きながら威嚇しているみたいだったが、はっきり全然怖くない。
「四次元怪獣トドラか……さて、どう見てもセイウチなのに、トドラとは
これいかに……」
 どうでもいいことをつぶやきながら、才人は自分たちをエサにしようと
しているのかは知らないが、まるで何かに追い立てられているように
吠え立てながら向かってくるトドラに銃口を向けた。

 そして、才人たちが異次元空間で足止めを食らっているうちに、状況は彼らの
焦りどうりにどんどん悪化していっていた。
 ロンディニウムでは、アルビオン空軍艦隊の旗艦、大型戦艦レキシントン号を
はじめとする六〇隻の空中艦隊が、残存戦力のすべてを乗船させての最終決戦を
挑むべく、出撃を命じられていた。
「諸君! 決戦である。一戦してウェールズの首をとれば、王党派の命運は尽き、
我らはこの地を支配できる。私が先陣を切る。我に続く勇者はいるか」
「おおう!」
「決戦だ! 決戦である!」
 クロムウェルが檄を飛ばすと、生き残っていたレコン・キスタの貴族たちは、
彼の示した起死回生の可能性に一縷の望みをかけて、一斉に狂乱の叫びをあげた。
元より、反逆者である彼らはこの後王党派との戦いでからくも生き残っても
処刑は確実で、降伏すれば命は助かるかもしれないが、財産領地没収となれば
貴族に生きていく術はなく、こじきや傭兵に落ちるしかなくなる。
 だが、そうして冷静な判断力を失っているからこそ、クロムウェルには彼らを
利用する価値があった。
「すでに、我らの秘密鉱山から運ばれた風石の充填は完了した。さあ、ゆこう
忠勇なる戦士たちよ。歴史に我らの名を残そうではないか!」
 いまだ革命に幻想を見る貴族たちを乗せて、アルビオン艦隊は出撃していく。
 やがてレキシントン号の司令官室で、クロムウェルは渋い顔をしている
シェフィールドに叱責されながら、作戦の最終段階を詰めていた。
「いいこと、これがお前に与える最後の機会よ。これまでの失敗を帳消しにして、
生き残りたいのなら、なんとしても勝利なさい」
「ははあっ! この身命にかけましても、なんとしても勝利をささげまする。
ですが、あのお方は本当に動いてくださるのでしょうか? わたくしは
不安でなりませぬ」
「余計な心配をするでないわ、約束どおり、あのお方はこちらに注意を
向けているトリステインを後方から攻撃する算段をつけていらっしゃる。
あとは、お前が王党派を撃破しさえすれば、この国はお前のもの、
わかったら全力をつくしなさい」
 本当は、シェフィールドの主であるジョゼフはすでにレコン・キスタを
切り捨てようとしているのだが、彼女はそれを気取られないように
演技して見せていた。
 もっとも、クロムウェルにとっても、すでにシェフィールドの思惑などは
どうでもいいものになっていた。せいぜいが、こちらの作戦の最終段階に
合わせて軍を動かし、混乱を広げてくれたらもうけもの、どのみちガリアなど
いずれ超獣の軍団で蹂躙してくれると、内心ではせせら笑っていた。

 続く




新着情報

取得中です。