あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

堕天召喚録カイジ 第7話


第七話「決闘」

ざわ…… ざわ……

カイジは美心……いや、シエスタを手伝って貴族たちにケーキを配っていた。せめてものお礼のつもりである……。
テーブルを囲む貴族の子弟たち。それぞれ使い魔を従えている。

(いるっ……フレイムにロビンっ……! みんな来ているっ……!)

カイジが通るたびに使い魔たちは鳴き声をあげた。
メイジたちにはただの鳴き声だが、カイジにとっては一つ一つが心のこもった挨拶であった。

カイジも会釈で応える。本当ならばきちんと挨拶を返したいところだが、あえてカイジは黙っていた。

(なぜかは知らないっ……!
 だがっ……俺は使い魔たちの言葉がわかるっ……それは事実っ……!
 クク……むざむざ宣伝することもないっ……! 自分のできることをひけらかすのはカードを晒すことっ……!
 自重しろっ……! 牙を隠せっ……!)

そんなカイジが一人の貴族にケーキを持っていったときであった。
その生徒は金髪の巻き髪にフリルのついたシャツを着ている。ポケットには薔薇まで挿していた。

(かぁ~っ……! いるいるっ……! こういうのっ……!
 気障っ……! 気障なやつっ……! やれやれっ……)

呆れ顔でカイジはケーキを差し出した。

「おっと、ケーキがきたなっ……!」

受け取ろうとした手がカイジの手にぶつかった。はっとするまもなく、ケーキが下に落ちる。
と、その生徒は烈火のごとく怒り出した。


「ちっ……! ぐずな平民がっ……! ケーキが落ちたじゃないかっ……!
 ちっ……ゼロのルイズの使い魔じゃないかっ……! 主人が主人ならっ……使い魔も使い魔だっ……!
 バカっ……クズっ……ノロマっ……!」

(なにぃっ……!? おいおい、今のはお前がぶつかったんだろっ……!?
 何それ……? 俺のせいなの……? 都合の悪いことは全部っ……!?)

唖然とするカイジに、その傲慢な貴族はあざ笑うように落ちたケーキを指差した。

「拾えっ……喰って見せろ平民っ……! 犬のように浅ましくなっ……! ククク……」

貴族という立場を利用し、優越感たっぷりに言い放つ生徒。カイジは黙って皿をひろいあげる……

そしてっ……ケーキを地面に叩き付けたっ……!
明らかな拒否の表明っ……! 反抗っ……!

「き、貴様っ……! 貴族に逆らうのか……!」
「ククク……初めてやったが……
 思ったより気持ちがいいな……! 貴族の命令を踏みにじるってのは……!
 ましてそれが……鼻持ちのならねえ奴のなら……
 さらに格別っ……! 最高だっ……!」

ざわ…… ざわ……
 ざわ…… ざわ……

怒りに震える金髪。一体何事かと、次第に他の生徒も集まってきた。

「わが名はギーシュ・ド・グラモン……誇りある貴族だっ……!
 平民風情が生意気……! とんだ思い上がりっ……!
 決闘っ……決闘ざんすっ……!
 ヴェストリの広場で決闘っ……!
 ククク……逃がさないざんすよっ……! ククク……」


薔薇を突きつけ宣言するギーシュ。ざわ……ざわ……と取り巻く観衆から声が上がる。

「決闘っ……」
「決闘だっ……!」
「ギーシュとルイズの使い魔が決闘っ……!」

そんな不穏な空気の中で、カイジは不敵に笑みを浮かべた。

「広場……? クク……そんなところに行く必要はねぇっ……!
 受けようじゃねぇかっ……! その決闘……! 今ここで……!」
「な、なにぃ~っ……!」

てっきりカイジが謝るとばかり思っていたので、一瞬と惑うギーシュ。
有無を言わせぬうちに、カイジはさっとギーシュの正面に座った。そして、自分の胸元から一組のカードを取り出すっ……!

そう、それはEカードっ……!

「ただしっ……! 決闘を受けるのはこちら……やり方は選ばせてもらうぜ……! ククク……!
 平民には平民の牙があるっ……! 座れよ……ギーシュとやらっ……!
 このカードで勝負しようじゃねえかっ……! 知恵比べさ……ククク……!」

思いもかけぬ展開に、ギーシュは鼻息を荒くした。魔法でコテンパンにするつもりだったのである。

「ばかなっ……! そんな遊びで決闘になるかっ……! 遊戯っ……! お遊びざんすっ……!」
「なるさっ……賭けるものは……互いの命だっ……! ククク……怖気づいて逃げ出すなら今のうちだぜ……!」

ざわ…… ざわ……



「命を賭けるだと……?」
「おい、どうするんだギーシュ!?」
「ギーシュ、男を見せろ! そんな平民に負けるな!」

戦えっ…… 戦えっ…… 戦えっ……

(くっ……好き放題言いやがってっ……! 俺まで命を賭けるだと……バカなっ……!)

心の中でギーシュは悪態をつく。しかし取り囲む観衆の戦えコールに、ギーシュは不本意ながらも席につかざるをえなかった。

(ククク……かかったっ……!
 さて、ここからは俺のフィールド……得意分野っ……!
 逃げられないのはお前さっ……! ギーシュ・ド・グラモンっ……!)

今、始まるっ……!
前代未聞の、貴族と平民の決闘っ……! 命を賭けた戦いがっ……!

そして、そんなカイジの姿を、学院長室で『遠見の鏡』を使って眺めるオールド・オスマンっ……!

(ククク……コココ……! 面白いっ……! 命を賭けた決闘だとっ……! ククク……!)

退屈に犯された狂気が、快楽によだれをたらすっ……!
この老人こそ、狂気そのものっ……! 力という名の悪魔っ……! 魔王っ……!
狂気の老人の視線の先で、カイジがニヤリと笑みを浮かべる。


「そうそう……言い忘れたな……!
 俺の名はカイジ……! 伊藤カイジだっ……!
 さぁて……始めようかっ……!」


第七話「決闘」終わり


新着情報

取得中です。