あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ウルトラ5番目の使い魔-59



 第59話
 平和と出会いと流れ星

 宇宙怪獣 ザランガ 登場!


 ルイズたちの旅も、そろそろ前半が終わろうとしていた。
 内戦状態のアルビオン大陸も、戦場以外では治安はなかなかよく、盗賊だのなんのには会わずに、
目的地であるウェストウッド村まであと一時間ほどの距離まで来ていた。
「内乱中だっていうから用心してたのに、結局平和なもんだったな」
「そーだな、俺っちも出番あるかもと思ってわくわくしてたのに、期待はずれだったわ、つまんね」
 才人とデルフが仲良く髀肉の嘆を囲っている。馬車の旅というのも慣れれば退屈なもので、ラジオや
カーステレオがあるわけでもなく、豊かな自然も逆に変化がなくて飽きが早い。カードゲームをしたり
本を読もうかと思ったりもしたが、馬車はけっこう揺れてカードが飛び散るし、この際こっちの文字にも
慣れようかとタバサに借りた本を開いたが、すぐに酔ってしまってやめた。
 ルイズやキュルケなどは例によって先祖の誰彼がどうだとか、よく飽きもせずに言い争いを続けているが、
寝疲れてもしまった以上、退屈は最高の敵だった。仕方がないので御者をしているロングビルといっしょに
行き先を眺めた。街道は、旅人や商人が行きかい、こちらも平和そのものだった。
「この調子だと、予定より早く着きそうですね」
「そうですね……うーん」
「? どうかしたんですか」
 予定が早くなりそうなのに、なぜか納得のいかない顔をしているロングビルに、才人は不思議そうに
尋ねると、彼女は首をかしげながら答えた。
「いやね。いくらなんでも平和すぎるなって、普段なら一、二度は盗賊に、特にこんな女子供ばっかりの
一行なんてすぐにでも襲われると警戒してたんだけどね」
「そりゃ物騒な。けど、王党派ってのが治安維持に力を入れてるって聞きましたが」
「かといっても、内戦中にそんなに兵力を裂けるはずがないんだけど」
「なるほど、でも襲われるよりは襲われないほうがましでしょ」
 才人としても、悪人とはいえあまり人は斬りたくない。だからといって宇宙人や怪獣は殺してもいいのか
といわれると困るが、更正の余地があるなら生きてもらいたい。もっとも、「こらしめてやりなさい」の
パターンでギッタギタにしてやりたいとは、是非願うところだが。

 そうしてまた一〇分ほど馬車を進めていくと、街道の先に槍や剣を持った一団がたむろしているのを
見つけた。最初は盗賊かと思ったが、身なりを見ると役人のようだ。彼らは一〇名ほどで、道端に
転がっている汚い身なりの男たちを縛り上げている。どうやら盗賊の一団が捕まっているようで、
街道を一時的に封鎖されることになった一行は、馬車から降りて役人の一人に話しかけて事の
次第を聞くことにした。
「実は、ここのところあちらこちらで盗賊集団が次々と壊滅させられていて、我々が通報を受けたときには
すでに全員気絶させられて見つかるんです。おかげで、ここ最近は盗賊の被害が以前の一〇分の一
くらいに減りましたよ」
 こちらが貴族の一行だとわかったようで、役人の対応はていねいなものだった。
「盗賊が次々と? どういうことですの」
「それが、盗賊たちの供述では一人旅をしている女を襲ったら、これがめっぽう強くて気がついたら
気絶させられて捕まった後だったとか」
「たった一人で!? そんな凄腕のメイジがいるんですか」
「いいえ、それが魔法は一切使わずに、盗賊のメイジも体術だけで片付けてしまったとか。もうアルビオンの
全土で数百人の盗賊や傭兵くずれが半殺しで捕縛されています。平民たちの間では、『黒服の盗賊狩り』と
呼ばれてもっぱらの噂になってるくらいですよ」
「『黒服の盗賊狩り』……体術だけでメイジを含む盗賊団を壊滅させるなんて、サイトみたいな人がほかにも
いるものねえ」
 ルイズは世の中は広いものだと、しみじみ思った。自分の母である『烈風』カリンもしかり、世の中には
いくらでもすごい人がいるものだ。
 なお、この噂の人物の正体は旅を続けているジュリなのであるが、別に好き好んで盗賊狩りをしている
わけではない。若い女性があんまり無防備に一人旅をしているものだから、身の程を知らない盗賊たちが
喜んで集まってきて、その挙句返り討ちにあっているというわけである。この盗賊団にしても、昨日
似たような行為をしたあげく、丸一日野外に放置されて、気がついたときには縛り上げられていたのだが、
この時点では当然ルイズたちがそれを知るよしはない。
 顔をボコボコにされて肋骨を二、三本はへし折られたいかつい男たちは、いったい自分たちに何が起こった
のかわからないまま、役人に連行されていった。傷の手当てもろくにされずに、この酷暑の中を歩かされて
いくのは死ぬような思いだろうが、所詮は盗賊働きをしようとしての自業自得なので同情には値しない。
「失礼しました。どうぞお通りください」
 役人たちの事後処理が終わって、馬車は再び走り出した。役人は去り際に、この近辺の盗賊団はこいつらで
ほぼ一掃されました。ごゆるりと、旅をお続けくださいと、まるで自分の手柄のように言っていたが、それもまた
彼の顔といっしょに忘却の沼地への直行となった。


 一行を乗せた馬車は、それから街道の本筋を離れた森の中の脇道に入っていった。こちらに入ると、
本道のにぎやかさも嘘の様で、自分たち以外にはほとんど人とすれ違うこともなかった。木々の張った枝は
広く、昼間だというのに小さな道は木漏れ日がわずかに射すだけで薄暗い。しかしその分涼しくはあり、
これでやぶ蚊さえいなければ天国といえた。
 馬車は、そんな木々のトンネルの中をわだちの跡をたどりながら進んでいく。
「つきましたわよ」
 ロングビルに言われて馬車から身を乗り出したとき、一行はそこに村があるのかすらすぐにはわからなかった。
よくよく見てみれば、森の中に数件の小屋と、畑らしきものが見え隠れしている。
 その後、ロングビルの言う村の中央に馬車を停め、一行はようやく到着したウェストウッド村を見渡した。
本当に、村というよりは山小屋の集まりといったほうがいい。家々は、この森の中ではたいした存在感を持たず、
畑も自給自足というレベルに達しているのかどうかすら疑わしい。
「ここが、ウェストウッド村……ね」
 自分自身に確認する意味も込めて、ルイズは村の名前を復唱した。はっきり言えば、タルブ村より少し小さい
程度を想像していたのだが、その予測は完全に裏切られた。これでは村という呼び方すら過大に見えてしまう。
産業などある気配はまったくなく、ロングビルの仕送りがなければあっという間に森に飲み込まれてしまうのは
疑いようもない。ただ、村の裏手の森が台風に合ったみたいに広範囲に渡ってなぎ倒され、中途半端な平地に
なっているのには、前はこんなことはなかったのにとロングビルも合わせて不思議に思ったが、とにかくも
村であるなら住人がいるはずである。
「テファー! 今帰ったわよーっ!」
 そうロングビルが、目の前の一軒の丸木の家に向かって叫ぶと、数秒待ってから樫の木作りのドアが
内側から開き、中から緑色の簡素な服と、幅広の帽子をかぶった少女が飛び出してきた。
「マチルダ姉さん!」
「ただいま、テファ」
 ティファニアと、マチルダと呼ばれたロングビルはおよそ一年近くになる再会を手を取り合って喜び合った。
 けれど、ティファニアと初対面となるルイズ、才人たち一同は感動の再会を見て素直にお涙頂戴とは
いかなかった。ティファニアが、ロングビルから聞いていた以上の、妖精という表現をそのまま使える、
美の女神の寵愛を一身に受けたような美少女だったから、というのもあるが、最大の、そう最大の問題は
彼女の胸部の二つの膨らみにあったのだ。
「バ、バストレヴォリューション!?」
 と、平静であれば本人でさえ自己嫌悪したと思える頭の悪い台詞を、才人が呆然としてつぶやいたとき、
残った女性一同の中で、その台詞に怒りを覚える者はいても、否定できる者は誰一人としていなかったのだ。
「な……なに、アレ?」
「た、多分……胸」
 と、ルイズとシエスタ。
「ね、ねえタバサ、わたし夢を見てるの?」
「現実……」
 青ざめて絶句しているキュルケをタバサがなだめている。唯一、年長者たちが何に驚いているのか
わからずにアイだけがきょとんとしている。まぁ、阿呆な思春期真っ盛りな一同の気持ちを代弁するとすれば、
ティファニアの胸が彼らの常識を逸して大きかった。それで男の子の才人は思わず見とれてしまい、女子
一同の場合は、胸に自信のないルイズは逆立ちしても勝てない相手に絶望感を味わわされ、バストサイズに
優越感を抱いていたキュルケとシエスタは、完全に自信を打ち砕かれて天から地へ打ち落とされ、タバサは
一見平静を保っているように見えたが、内心では勝ち目〇パーセントの相手に、冷静な判断力を持って
敗北を認めていた。ただし、一時の激情も過ぎれば、それを埋めるための代償行為を要求する。
「このエロ犬! あんた何に見とれてんのよ!」
 と、才人に蹴りを入れたルイズなどはその際たるものだろう。ほかの者たちも、小さくても形がよければ
とかなんとかぶつぶつと言っているが、現実逃避以外の何者でもない。
 けれど、いくら現実を拒否しても時間の流れを停止も逆流させることもできない。ロングビルと再会を
喜んでいたティファニアが、いっしょに付いてきた奇妙な一団に気づいて尋ねてくると、言葉尻を震わせながら
自己紹介をせざるを得なくなった。
「ト、トリステイン魔法学院二年生の、る、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールよ。あ、
あなたのお姉さんには、い、いつもお世話になってるわっ!」
 他の者たちもだいたいはこんな調子である。ティファニア本人は、何故この客人たちが動揺しているのか
さっぱりわからなかったが、自分も陽光のように明るく無邪気な笑みを浮かべて、自分の名を名乗った。
 そうして、一同はそれぞれ大まかなことを語り合った。ロングビルの名前が偽名であることはフーケ事件の
時から一同は察しをつけていたが、本名はマチルダといい、ずっとティファニアのために仕送りをしていたこと、
ティファニアも今はマチルダが魔法学院で秘書をしており、その縁で仲良くなった生徒たちだと聞かされた。
むろん、土くれのフーケについては一言も触れられてはいない。
 それから、マチルダはアイを前に出して、この子を預かってほしいと頼んだ。すると、ティファニアは
自分の腰ほどの身長しかない少女の視線にまで腰を下ろして。
「はじめまして、アイちゃん。小さなところでがっかりしちゃったかな」
 ティファニアは、「今日からここがあなたの家よ」などと押し付けがましいことは言わなかった。元々、
子供の育成に理想的な環境などではないことくらい彼女も承知している。来るものは拒まないが、
いくら幼かろうと相手の意思を無視してはいけない。しかし、ティファニアの懸念は無用のものとなった。
「いいえ、これからよろしくお願いします。テファお姉さん」
 はつらつとアイは答えた。よき親を持った子供はよく育つ、ロングビルが育ての親となって暮らした
この数ヶ月、純粋な子供は水と日差しを貪欲に得て伸びる朝顔のように成長していた。単に自由に育てたり、
勉強を押し付けたりするだけが教育ではなく、人はそれを躾といい、ティファニアに快い初印象を与えていた。
「こちらこそよろしくね。よーし、じゃあみんな出ておいで!」
 ティファニアがドアを開けっ放しだった家に向かって手を振ると、中からいっせいに歓声をあげて
子供たちが飛び出てきて、一行に群がっていった。
「わっ、こ、こんなにいたのか!?」
 才人たちは、この村の住人にとってちょっと久しぶりの歓迎すべき客人になる者たちを、喜んで
出迎えてくる十数人の子供たちに囲まれて、またもうろたえていた。どの子たちも、身なりこそみすぼらしいが、
瞳は明るく強く輝いている。むしろ大人に近いはずの才人たちのほうが力負けしてしまいそうな勢いだった。
「こらこらあなたたち、お客さんを困らせるんじゃないの。それじゃあ皆さん、狭いところですけど、自分の家だと
思ってくつろいでください」
 はしゃぐ子供たちを落ち着かせて、ティファニアは困惑する一同を、家の中に誘った。まだまだ話したい
ことは山ほどあるが、とりあえず立ち話もなんであった。時間はまだたっぷりとある。こうして、夏休み旅行の
本番は、小さいながらもいろいろハプニングの種がありそうな村で、革命的な胸の持ち主の美少女との
出会いによって始まったのだった。


 それから、場所を室内に移して、子供たちにまかれながらいろいろと話し合った結果、一行はこの数ヶ月分の
驚きをいっぺんに使い果たすくらいの驚愕を味わうことになった。
「エ、エルフぅぅっ!?」
 と、ルイズとキュルケとシエスタの絶叫が響いたのが、その際たるものだっただろう。ティファニアの正体が
エルフであることは、ロングビルが隠す必要がないと言ったおかげで早々に明かされることになったのだが、
ティファニアは驚く三人におびえた様子を見せていたが、一時の興奮が収まると。
「なにを怯えてるんだお前ら、アホか?」
 白けた口調でつぶやいた才人の声もあり、落ち着きを取り戻していった。けれども、エルフがハルケギニアの
人間にとって恐怖の対象だということは変わりない。以前ジュリと話したときもティファニアは怯えていたが、
ジュリはエルフなど、文字通り星の数ほどいる宇宙生物の一つとしか思っていなかったために、すぐに
打ち解けられていた。また、才人は地球人であるために、エルフとはゲームの中で出てくる人間以外の
種族という印象しかない。けれど今回はあからさまな恐怖を向けられて、彼女は自分が大勢の人から
見たら忌まわしいものなのではと、泣きそうになっていたが、子供たちが怒りの声で糾弾をはじめた。
「テファおねえちゃんをいじめるな!」
 その数々の声が、ルイズたちを攻め立て、ティファニアは慌てて子供たちを止めようとしたが、それより
早くルイズが謝罪した。
「ご、ごめんなさい。あんまり突然だったものだから驚いてしまって、失礼したわ」
 キュルケとシエスタもルイズに次いで謝罪した。冷静になると、どう見ても弱い者いじめをしているようにしか
見えないし、才人の侮蔑するような視線が痛かった。むしろティファニアに「やっぱり、エルフは怖いですよね」
と、涙ながらに言われると、罪悪感ばかりが湧いてくる。
「いえ、悪かったのはわたしたちよ。エルフなんて見たことないから、怪物みたいなものかと先入観を
持ってたけど、案外人間とさして変わらないのね。けれど、なんでエルフがアルビオンに?」
 ティファニアは、訥々と自分の素性についてルイズたちに語った。自分の母はエルフで、東の地から来て、
父は昔はこのサウスゴータ地方一帯を治める大公だったが、ある日エルフをかこっていたことが王政府に
ばれて、追われる身となり、両親をその混乱で失い。親戚筋で、彼女を幼い頃から可愛がっていた
マチルダにかくまわれてこの森で過ごしていることなどを、途中何度かロングビルの助けを借りながら
話しきった。
「ハーフエルフ……可能性だけは聞いていたけど、本当に可能だったのね」
「母が、なぜアルビオンに来て、父と結ばれたのかは何も語ってはくれませんでした。それでも、母は
わたしが生まれてからずっと、国政に関わることもなく、隠遁生活を続けていました」
 何故ティファニアの母がアルビオンにやってきたについては、結局娘であるティファニア本人にも
わからないということだった。話し終わると、ぐっとティファニアは喉をつまらせた。ルイズたちは、悪いことを
思い出させてしまったと後悔したが、彼女に悪いものは感じられずに、ちょっと無理をして微笑んだ。
「顔を上げて、ミス・ティファニア、あなたが悪に属するものではないということはよくわかりました。
夏の間の短い期間ですけど、しばらくよろしくお願いするわ。そうでしょ、キュルケ」
「ちょっとルイズ、あたしが言おうとしてたこともっていかないでよね。ま、いいわ。休暇の間、仲良く
やりましょう。友達としてね……ある意味ライバルだけど」
「わ、わたしも負けませんよって、なに言ってるんだろうわたし!? と、とにかく人間……いえ、エルフも
人間も中身で勝負です! よろしくお願いします、ティファニアさん」
 ルイズ、キュルケ、シエスタがそれぞれ、自らの内にあった偏見との別れを告げるべく、強く、そして
親愛を込めて笑いかけると、落ち込んでいたティファニアの顔に紅がさした。
「わ、わたしこそよろしくお願いします。それではわたしのことも、テファと呼んでください。マチルダ
姉さんのお友達なら、わたしにとってもお友達です!」
 一同の間に、春の陽気のような暖かな空気が流れた。先程まで恐怖と警戒心を向けていたルイズたちと
ティファニアは、仲良く手を取り合って旧知のように笑いあっている。それを静かに眺め見ていたロングビルは、
にこりと微笑んだ。
「よかったわね、テファ」
「姉さん、ありがとう。今までで最高の贈り物よ」
 いきなりこんなに大勢の友達を得れて、ティファニアは今さっきとは別の意味を持つ涙を流していた。
元々、ルイズもシエスタもキュルケも、陰より陽に属する性格の持ち主なのである。それは怒りも憎しみも
存在するが、いわれもなく他者を貶めることに快楽を求めたことはない。しかし、そんな様子を同じように
見ていて、後一歩で飛び出そうかと思っていた才人はロングビルに軽く耳打ちした。
「ちょっと、無用心じゃないですか? もし、誰かが激発して彼女に危害を加えたり、秘密を漏らしたり
するようなことがあっちゃ、大変じゃないですか?」
「大丈夫よ、オスマンのセクハラじじいのところに入って後悔したときから、人を見る目は磨いてきた
つもりなの、じゃあ逆に聞くけどこの面子の中に一人でも恐怖や偏見に従って裏切るような人がいるの?」
 そう言われると、ルイズやキュルケが裏切りなどという貴族の誇りを真っ向から否定する行為に手を
染める姿は想像できないし、シエスタも人一倍友愛や人情には厚いタイプだ。一度決めた友情を、
自分から裏切るようなことは絶対にするまい。ただ、三人の誰もまったく全然、どうしようもなく敵わない
二つの巨峰の持ち主に、冷たくすれば返って敗北を認めることになるという、負け惜しみの悪あがきに
近い屈折した感情があったのも事実であるが、それでも彼女たちは宇宙人とでも親交を持った稀有な
経験の持ち主である。エルフであるということを回避すれば、仲良くしない理由のかけらも存在しなかった。
「それでも、秘密を知る者は少ないに越したことはないでしょ」
 なぜ、そんなリスクを犯してまでと聞く才人に、ロングビルは古びた木製のワイングラスから一口すすると、
自嘲げに才人に話した。
「実を言うとね。そろそろ私一人でこの子たちを守っていくのが限界になってきてたんだよ。子供はいずれ
大人になるものだしね。いつまでもこの森に隠しておけるはずもないし、今のうちに信頼できる味方を
与えてやりたいと思ったのさ。本来こんなことを頼めた義理じゃないかもしれないが、あの子の力に
なってやってくれないか?」
「そういうことすか……でも、さっきのあなたの台詞を借りれば、おれたちが万一にも断ると思ってたんですか?」
 才人は、投げられた変化球を同じ形でロングビルのミットにめがけて投げ返した。エルフの血を引く少女と
たくさんの子供たち、自分の力だけではどうにもならず、多分ルイズやキュルケたちの地位や財力を頼る
ことにもなるかと思うが、できるだけのことはしてやろうと彼は思った。
「まっ、ティファニアくらい可愛い子だったら、守って腐るほどおつりがくるわな」
「サイトくん、嫁にはあげないわよ」
「そういうとこだけは親バカですね。ま、無関心よりゃずっといいか」
 親バカなロングビルというのもなかなか親しみが持てると、才人は苦笑しながらも、タバサを巻き込んで
輪に入っていった。
 それから、一行は薄暗くなってきた外に合わせるように、夕食の準備を始め、最終的にティファニアの家で
二十人以上が一つの卓を囲んでの大宴会をおこなって、終わる頃にはもうなんらの屈託もなくティファニアや
子供たちと交流できていた。

 やがて夜も更けて、子供たちはそれぞれの家に帰って早めの就寝についた。アイは、早めにこの村に
慣れるためということで、エマという子といっしょの家で寝ることになった。
 さて、子供たちが大人しくなると、今度は夜更かし大好きな少女たちの時間である。ルイズたちは
ティファニアと女同士の話し合い、というか、どうすればどこが大きくなるかという重要会議を始めて、
男性である才人は外に追い出されて、同じように外で涼をとりながら酔いを醒ましていたロングビルと、
ぽつりぽつりと話し合っていた。
「やれやれ、雁首揃えて何を話し合ってんだか」
 今、ランプの明かりをこうこうと照らした室内では、”ティファニア嬢との親交と友愛を深めるための会談”
が、おこなわれているはずであったが、実際に中から聞こえてくるのは、何を食べているのかとか、
普段どういう運動をしているのかとか、根掘り葉掘りティファニアに尋問する言葉ばかり聞こえてきて、
持たざる者の哀愁を感じざるを得ない。特にルイズは、今後成長期が奇跡的にめぐってきたとしても
ティファニアを超えることは物理的に不可能なので、なおさら哀れを感じてしまう。あれはあれでいいもの
なのだが……
「サイトくんには、胸の小さな子の悩みはわからないのかしら?」
「正直あんまりわかりません。けど、やたら大きけりゃいいってもんじゃないと思うがなあ。誰も彼も大きければ
個性がねえし……それよりも、ロングビル……えーっと、マチルダさん」
「どっちでもいいわよ。どのみち帰ったらロングビルで通すんだし。それで、私に何か用?」
 ロングビルも、久々の里帰りで機嫌がよいようだ。
「じゃあロングビルさん。あの連中、ほっといていいんですか? どーもテファの教育上よくない気がするんすが」
「なあに、いずれ外で暮らすようになれば嫌でもそういうことは関わっていくことになるから、予行演習には
ちょうどいいわ。あの子はちょっと純粋すぎるところがあるからね」
 要は、無菌室で育てはしないということか、それに比べて、世の大人には子供にはいつまでも天使の
ように純粋でいてほしいと、子供の一挙一頭足まで厳しく制限する親がいるが、それは子供への愛ではなく
自らの妄想が作り出した理想の子供像への執着に過ぎない。そして、親の幻想を押し付けられる子供には
かえって有害でしかない。悪魔どもが天使を陥れようと跋扈するのが世の中なのだから。
「純粋すぎますか。けど、テファがあいつらに感化されたらそれはそれで問題な気がしますが」
「……」
 誇り高く尊大で暴力的なテファ、お色気ムンムンで男あさりをするテファ、妄想爆発でイケナイ子なテファ、
果ては無口で本ばかり読んでいるテファ、思わず想像してみた二人はぞっとするものを感じた。
「ま、まあそのことは、あとでテファに注意しておきましょう……」
 朱に染まれば赤くなるというが、あの連中の個性は朱というよりカレーのしみのようなものだ。一度
ついてしまえば洗っても落ちない。ロングビルは、この際積もる話もあるということで寝る前に悪い影響を
受けてはいないかと確認することにした。
 だが、先程の話ではあえて出さなかったが、アルビオンにいるエルフということで、才人は一つ心当たりを
つけていた。けれど、それを直接ティファニアに聞くことははばかられたので、ロングビルにそれとなく
話を振ってみようと思っていたのだが、せっかくの再開で機嫌がいいときにそんなときに話を振って
よいものかと、才人は今更ながら少々迷っていた。
「ところで、ロングビルさん」
「なに?」
「実は……えーっと」
 やはり、いざとなると簡単には踏ん切りがつかなかった。それに、エルフであるからと迫害されてきた
ティファニアの素性のことを思うと、聞きたくないという気持ちも同じくらいある。しかし、彼の心境を読んで
先手を取ったのはロングビルのほうだった。
「まあ、言わなくてもだいたいの予測はつくけどね。あの子の母親のことでしょ?」
「えっ!? あ、はい」
 こういうところは、さすが元盗賊だなと才人はロングビルの読心術に感心した。とはいえ、そうなれば
話は早い。才人は、覚悟を決めると一気に疑問を口にした。
「タルブ村で聞いた、アルビオンに旅立ったエルフの少女、もしかしてテファのお母さんは……」
「察しがいいわね。私も、タルブでその話を聞いたときは驚いたけど、間違いないわ。あの子の母は、
三〇年前にタルブを訪れたエルフの少女、ティリーよ」
 やっぱり、と、才人は予測が当たったことに心中で喝采したが。
「なんで、あのときにすぐおっしゃってくれなかったんですか?」
「時期を見て、順にと思っただけよ。あのとき全部話したら、あなたたちパニックになったでしょう」
「まあ、そりゃそうですね」
 才人はロングビルの気遣いに感謝した。けれど、才人の目的はティリーではなく、彼女といっしょに
アルビオンに旅立ったもう一人のほうだ。
「ですが、こうなったらもう単刀直入に聞きます。ティリーさんといっしょに、ここにはもう一人、異世界からの
来訪者、アスカ・シンさんがいたはずです。彼がこちらに来てからどうしたのか、知っていたら教えてください」
 誠心誠意を込めて、才人はぐっと頭を下げた。しかし、ロングビルから帰ってきた答えは、彼の期待には
副えないものだった。
「ごめんなさい、残念だけど何もわからないの」
「そんな……」
「知っていたら教えてあげたいわ。けれど、何分私はティリーさんと会ったことは何度もあるけど、私が
あの人と会ったころに、アスカさんはすでにいませんでしたし、私の実家が没落する際に彼女に関する
ものは全て消失してしまって、今となっては……」
「そうですか……わかりました」
 残念だが、三〇年も昔であれば仕方がない。だが、才人は同時に運命というもののめぐり合わせの奇妙さに
ついて、思いをはせずにはいられなかった。
「それにしても、まさかと思ったけど……こんな簡単に出会えるとはなあ」
 元々、アルビオンについた後は可能な限りアスカの、ダイナの足跡を探そうと決意していたが、あんまりの
あっけなさには怒る気も湧いてこない。しかし才人は絶望はしていなかった。以前、完全に消息不明と
オスマン学院長に言われたアスカの足跡が、今回はこんな簡単に見つかっている。今は途切れてしまったが、
運命というものがあるのだとすれば、その歩調は時代の流れと比例して停滞から速歩、疾走へと進んでいる
のかもしれない。ならば、次のステップに進めるのも、そう遠い話ではないかもしれないと、才人は自分に
言い聞かせた。
「さあ、そろそろ子供は寝る時間よ」
「へーい」
 気づいてみたら夜も更けて、月は天頂に今日は赤い光を輝かせている。室内では、飽きもせずに女子
五人がわいわいとやっていたが、ロングビルに一喝されてベッドの準備を始めた。この村にいる間は
貴族といえども自分のことは自分でやるというのが、最初にルールで決められていた。でなければ、
子供たちの見本にはならない。
「おやすみなさーい!」
 一斉にした合図とともに、一行は昼間の疲れも重なって急速に眠りの世界へと落ちていった。後には、
鈴虫の鳴き声と、風の音だけが夏の夜の平穏さを彩り、朝までの安らかな天国を約束していた。



 ただ、約一名、いや一匹、理不尽な不幸に身を焦がす者が存在していた。
「きゅーい! おなかすいたのねーっ!!」
 村の上空をグルグルと旋回しながら、シルフィードは朝からずっと悲鳴を上げ続けている胃袋の叫びに
呼応して、自分にまったく声をかけようとしない主人に抗議していた。
「まさかお姉さま、シルフィのこと忘れてる? そんなの嫌なのねーっ!」
 ここにも、バストレヴォリューションの犠牲者が一人……タバサがティファニアにショックを受けて、
シルフィードにエサをやるのをすっかり忘れていたのだ。けれども、空の上で月を囲んで回りながら叫んでも、
タバサはとっくにすやすやと安眠モードに入っていて、朝まではてこでも動かないだろう。
 そんなとき、悲しげに空を見上げたシルフィードの目に、月のそばを横切るように飛んでいく小さな光が
見えてきた。
「きゅい? 流れ星?」
 光り輝く小さな点は、夜空を横切って次第に遠ざかっていく。シルフィードは、しばしぼおっとその流れ星を
眺めていたが、ふと前にタバサから流れ星が消える前に願い事を言うとかなうという言い伝えを聞かされたのを
思い出して、前足を合わせて祈るようにつぶやいた。
「おなかいっぱいお肉が食べられますように、おなかいっぱいお魚が食べられますように、おなかいっぱい
ごちそうが食べられますように」
 なんともはや、自分の欲求にストレートなことである。けれども、シルフィードがたとえば「世界が平和に
なりますように」とか願っても、みんな気持ち悪がるだけだろう。シルフィードの幼さもまた、シルフィードの
個性であり魅力でもある。ルイズにしたって「胸が大きくなりますように」と願ったに違いないのだから。
「きゅーい、お星様、シルフィのお願い聞いてなのね……ね?」
 そのとき、シルフィードは自分の目をこすって、見えているものを確かめた。なんと、どういうわけか
いつの間に流れ星の傍に、もう一つ小さな流れ星が寄り添うようにして飛んでいるではないか。
「きゅいーっ、お星様のお母さんと子供なのね。これなら、シルフィのお願いもよく聞いてくれるかもね。きゅいきゅい」
 シルフィードは、このときだけは空腹を忘れて空の上ではしゃいでいた。
 だが、残念ながらシルフィードの願いは届くことはないだろう。なぜなら、シルフィードから見て流れ星に見えたのは、
この星の大気圏ギリギリを高速で飛んでいく怪獣の姿だったからだ。
 その正体は、宇宙のかなたからやってきた、丸っこい体つきをした、カモノハシとイタチとカエルの
あいの子のようなユーモラスな姿の怪獣、ザランガだった。そしてそのかたわらには、ひとまわり小さな
ピンク色の怪獣が元気に飛び回り、ときたま前に飛び出ていっていたが、やがて疲れて後ろに下がって休み、
大きなほうは、小さなほうが遅れないようにその間速度を緩めてゆっくりといっしょに飛んで、疲れが癒えたら、
また一生懸命飛び回っていた。そう、それはザランガの子供だった。
 ザランガの一族は、この広大な宇宙を時が来れば長い年月をかけて旅をして子供を生み、また元の場所へと
親子で帰っていく渡りの性質を持っている。彼らも今から何年も前に、ここからはるかに離れたある星で親子になり、
子育てをするための元の星へと帰る途中だった。その彼らがこの星に寄ったのも、この惑星が今は宇宙の果ての
水と自然にあふれたその星によく似ていたからかもしれない。
 やがて親子は、旅の間のわずかな寄り道にきりをつけて、また宇宙のかなたへと飛び去っていった。
 もしかしたら、何百年か先にこの子供か、別のザランガがこの星を訪れるかもしれない。けれども、
ザランガは美しい水が大量にある星でしか子供を生めない。果たしてそのとき、この星はザランガが安心して
子供を生める平和な星であり続けられるのか。流れ星に願いがかけられるように、流れ星もまた願いを
かけていた。

 ずっと平和でありますように、と。


 続く



新着情報

取得中です。