あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

お前の使い魔 23話


「ルイズ。あの場所で何があったのか、そして、その石がダネットだっていうのはどういうこと? 説明してちょうだい」 

 姫殿下への報告が終わった後、疲れた身体を休める間もなく、キュルケとタバサがわたしの部屋へと集まっていた。
 魔法学院のわたしの部屋の中で、厳しい顔でわたしを見る二人。ギーシュは夜という事もあり、翌日、詳しい説明をするということで納得してもらった。
 わたしは、じっと手に持ったダネットを見つめた後、口を開いた。
 気がついたら礼拝堂の中で式を挙げていたこと、ワルドが裏切って皇太子さまを殺したこと、『声』のこと。
 そして、わたしの危機を救う為、『支配』され『召喚』されたダネットのことと、負っていた傷のせいでワルドに敗れたことを話した後、一呼吸置いてわたしの中から生まれた彼女のことを口にした。 

「フィーヌ……あの巨人の名前よ」

 巨人の名をキュルケ達に告げると、二人は反芻するかのようにフィーヌの名を口にする。
 デルフだけは無言でカタカタと音を鳴らした後、怒りとも悲しみとも取れそうな声色で、誰に言うでもなく呟いた。

「出来れば見間違いであってくれたらって思ってたんだがな」
「待って。話はまだ終わりじゃない」

 タバサがデルフの言葉を遮った後、わたしを見つめる。
 無言の催促に頷きだけを返し、わたしは話を続けた。
 なぜ、ダネットが緋涙晶となったのかを。あの時、何があったのかを。


「死なせて……死なせてたまるもんですか!!」

 まだ間に合う。あれを使えばまだ間に合う。
 手が動き、口が唱え、力が巡る。光がダネットを包み、身体を変質させていく。
 彼女は未練を残している。わたしを守りきれなかったと悔いている。
 ならば、この術は成功するはずだ。いや、成功させる。
 最後の呪文を唱え切った瞬間、今にも泣き出しそうな彼女の声が聞こえた気がした。
 驚くほどあっさりと術は終了し、光が収まり、今しがたまでダネットの居た場所に、一握りほどの赤い結晶が浮いていた。

「でき……た……?」

 わたしの声に呼応するように、赤い結晶はおぼろげに光ると、
 力を失ったかのように地面へと落ちる。
 カツンと無機質な音が鳴り響く。
 ゆるゆるとした動きで結晶を拾い上げ、力の無い声で問いかける。

「ね……ねえダネット……?」

 わたしの声と、遠くに聞こえる喧騒以外、礼拝堂の中に音は無く、わたしの問いかけに答える声は聞こえない。 

「違うの……こんな……こんなつもりじゃなかったの……」

 弁解の言葉に返ってくる言葉は無く。

「ごめんなさい……許して……許して……」

 謝罪の言葉に対する怒りの声も無く。
 わたし一人取り残された礼拝堂だけが、静かにわたしの声を聞いていた。
 どれぐらい謝り続けただろうか。いつの間にか、口から出る言葉も無くなり、遠くに聞こえていた喧騒が少しだけ大きくなっていた。
 ああ、わたしはここで死ぬんだ。きっとこれは罰なんだ。
 そんなことをぼんやりと考えていると、突然頬に衝撃が走った。

「しっかりしなさいルイズ! ダネットはどこ!? あの子は無事なの!?」

 キュルケの声が聞こえる。我に返り周りを見ると、キュルケの他にもタバサやギーシュの姿があった。
 自然と涙がこぼれた。理由は、助かったことに対する安心感ではなく。

「わたしは……メイジ失格よ……」

 化け物になろうとしているわたし自身への嫌悪感と、使い魔の自由も肉体も声も奪いさったことへの罪悪感だった。


 話を終えると、キュルケは溜め息を一つだけ吐き、手を振り上げた。
 わたしはその手を避けず、されるままに頬で受け止めるつもりだったのだが、結局その手は下がり、もう一度大きな溜め息だけが聞こえた。

「……タチの悪い冗談じゃないのよね?」
「全部、本当の話よキュルケ。始祖ブリミルに誓ってもいいわ」

 キュルケの言葉を始祖の名で返すと、眉間にしわを寄せ、目頭に指を当てた後に言葉を続けた。

「ルイズ、あんたさっき自分の事を『化け物になろうとしてる』って言ったけど、どういう意味?」

 声の裏に、怒気が混じっているのがわかる。

「言ったままの意味よ。わたしの中にいるモノ達は化け物。このままじゃいずれわたしは飲まれるわ。前にダネットが言ったでしょ? 世界を破壊した――」
「待って! モノ『達』……? どういうことよ? あのフィーヌって奴以外にもいるってことは……まさかあんたの中にいるのって……」

 キュルケの言葉の後、部屋が静まり返る。耳を凝らすと、カタカタとデルフが音を立てているのがわかった。

「そう。わたしの中にいるのよ。デルフの中に封印されていた、ダネットの世界を破壊した三体の巨人が」

 無言でカタカタと音をたてていたデルフが鍔を鳴らすのをやめ、ぼそりと、まるで別の誰かのような声で呟いた。

「フィーヌ、ヌトラ、ラスキュラン……」

 わたしはデルフの声に頷くと、ゆっくりと部屋の皆を見渡した後、自分の胸に手を当てて話を続けた。

「あの時……ダネットがワルドに刺された後、ようやくわかったの。デルフの中に封印されていたモノ達のこと」

 意識が薄れていく中、一人の女性の声が聞こえた。
 女性の声はかすれていて聞き取ることは出来なかったが、ただひたすらに泣いていた。
 続けて、男の声が聞こえた。ただひたすらに意地汚く、ずる賢く、人の全てをあざ笑っていた。
 最後に、また別の男の声が聞こえた。ただひたすらに世界を破壊することに悦楽を感じていた。
 わたしは悲しかった。だから、女性の声に耳を貸した。
 そして、フィーヌが姿を現した。

「デルフの中に封印されていたのは、一人じゃなかったっていうの?」
「そうみたいね」

 キュルケの言葉を静かに肯定する。

「6000年前、ダネットの世界とこの世界を破壊した三体の巨人。そして、それらを使役していた『声』これがデルフの中に封印されていたモノ達なんだと思う。6000年前の誰かは、とんでもないものを封じ込めたみたいね全く」
「すまねえ……」

 人事のようにわたしが呟くと、デルフが静かに呟いた。

「あんたのせいじゃないわよデルフ。それにね、今は落ち着いてるの。どうしてかはわからないけど、凄く安定してるの」

 その言葉を聞いた途端、キュルケがハッと顔を上げ聞いてきた。

「『声』ってのは今も聞こえるの?」
「いえ、聞こえないわ。今は寝てるみたい。わたしが力を使いすぎたからなのか、他の原因があるのかはわからないけどね」

 それを聞いてほっとしたのか、少しだけキュルケの表情が柔らかくなった。
 しかし、タバサだけは表情を硬くしたまま声を発した。

「でも、いつか起きる」

 部屋の全員が声を失う中、わたしはタバサをじっと見つめながら言葉を返す。

「そうね。だけど、わたしだってこのままむざむざ身体を乗っ取られるつもりはないわ。生き延びたからには必ずこいつらをまた封印してみせる。ダネットのためにもね」

 ようやく納得したのか、タバサは頷くと、立ち上がって部屋を後にしようとした。
 慌ててキュルケが止めようとする。

「待ってよタバサ、まだ話は――」
「これ以上はどうしようもない」

 冷たい言い方だけれど、タバサの表情に硬いものを感じた。
 おそらく悔しいのだろう。自分がどうやっても事態を打開できないのが。
 そんな風に、以前は出来なかった考え方をする自分に少しだけ驚いて、手に持ったダネットを見つめる。
 多分、彼女はきっとこんな世界を見ていたんだろう。

「タバサの言う通りよキュルケ。あなたも寝た方がいいわ」

 わたしの言葉が意外だったのか、キュルケが妙な顔でわたしを見る。
 むぅ、こんな顔で見られるほど意外だったとは、少し腹が立つ。

「大丈夫よ。わたしはわたし。何も変わってないわ」

 上っ面の嘘八百。安心させる為の口上を吐く。
 納得しきれない顔ではあったが、しぶしぶキュルケはタバサと共に部屋を出て行った。

「ふぅ……わたしも少し疲れたわ。デルフ、あんたの知ってる話は明日でもいい?」
「いや、俺の知ってるこたぁ6000年前に巨人が暴れまわってたってことぐれぇだ。娘っ子の方がよく知ってるかもしんね」
「そう。じゃあ灯り消すわね。おやすみ」

 暗い部屋の中で、ダネットが月の光を反射してぼんやりと輝く。
 静かな部屋の中、わたしは震える手でぎゅっとダネットを握り締める。
 怖い怖い怖い怖い怖い怖い。
 大丈夫? わたしはわたし? 何も変わってない?
 嘘ばかりじゃないか。
 きっと今もあいつらはわたしの中でわたしを蝕んでいる。
 ガチガチと歯が音をたてようとするのを、必死になって止めようとしたけれど耐えられない。
 駄目だ。怖がっちゃ駄目だ。頑張るって決めたんだ。
 もう嫌だ。わたしの周りの誰かが死んでいくのを見るのは嫌だ。
 強く強く、ダネットを握り締めた。
 ふと横を見ると、ついこの間までダネットが使っていたベッドが目に入った。
 途端に、元気な彼女の姿が脳裏をよぎる。

「……デルフ、起きてる?」
「……いや、寝てる」

 わたしの震える声で理解したのか、デルフは柄にも無く優しい。
 だったら、その親切を素直に受け取っておこう。
 きっと、彼女ならそうすると思うから。

「ふっぐ……ふぇ……うあ……」

 暗い部屋の中、わたしの嗚咽が響く。
 一度出てしまうと、とめどなく溢れる。

「ひぐっ……怖い……怖いよダネット……わたし怖いの……」

 平和だった日常が壊れ、いつも笑いかけてくれた彼女が消え、事態は一つも好転しない。
 現実が重く重く圧し掛かって潰れそうになる。
 目が覚めたら、全て嘘だったと言ってくれないだろうか?
 そんな絶望的な希望を胸に、嫌な夜はふけていった。


「よし! じゃあ行くわよデルフ」
「へ? どこに?」

 残念ながら希望はあっけなく砕かれ、何も変わらない朝が来た。
 わたしは早々に顔を洗い、仕度を済ませる。
 泣いてたままじゃ何も変えられない。泣くのは昨日で終わりだ。何より――

「あんたきっと怒るしね」

 手に持ったダネットに話しかけ、懐に入れる。

「いやだからよ、どこに行くってのよ?」

 困惑した声でデルフが語りかけてくる。
 そんなデルフを持ち、今後の予定を言って聞かせた。

「まず学院長に事情を話すわ。わたし一人じゃどうしようもないもの」
「は? 待て待て待て待て娘っ子。もし協力してくんなかったらどうすんだ?」

 デルフの疑問に、明るい声で返す。

「そんなもん決まってるでしょ? 首根っこへし折ってでも協力してもらうのよ」


新着情報

取得中です。