あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

使い魔は鉄拳王-02


いきなり老人が叫び、ルイズ達は耳を塞ぎました。
叫んだ後、老人は周りの異変に気付きました。それは何処かの病院のような施設に自分が居る事です。
ふむ、誰か親切な者がわしをここに運んだのだな。一様、礼はしておくか。
老人の前に、ピンクの髪の少女が居る。
「娘、お前が、わしを手当てしてくれたのか?」
老人は尋ねました。ルイズは耳の無事を確認した後に老人に怒鳴ります。
「ちょっと!あんた、私の鼓膜を破る気!?」
目の前の少女は怒っているようだ、たぶん、わしの寝言がうるさかったのだろう。
しかし、この娘は日本人ではないな、あの頭が寂しい男に医師らしき男も日本人に見えんな?
「娘よ、すまんな。」
老人の謝罪にルイズは落ち着きました。とりあえず自分が呼び出した事など色々教えておかなくては。
「あなたを呼び出したのは私よ!それに傷は高価な秘薬で治したのよ!名誉な事だと思いなさい!メイジの使い魔になれる事は!」
老人は何の事か半分ちかく理解できませんが半分は理解しました。
使い魔?メイジ?まさか、また飛ばされたか?ふむ、少し聞いみるか。
「娘よ、日本、アメリカ、ロシア、中国のどれか知っておるか?」
普通の人間なら誰でも知っている事を聞いてみる、すると彼女は・・・
「なにそれ?そんな田舎聞いたこと無いわ。」
「ふむ、ならばここは何所だ?」
彼女は小さな胸を張って誇らしげに言いました。
「ふふん、教えて上げるわ。ここはかの有名なトリステイン魔法学院よ!」
魔法!確かに、この少女は魔法と言った。どうやらまた飛ばされたらしいな。
「所であんたの名前は?」
「ふむ、人に名乗る時は、まず自分から名乗るのが礼儀だと思うがな?」
「ふん、平民の癖になまいきね!まあ良いわ、私の名前はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールよ!!」
「ずいぶんと長い名前だな。ふむ、わしの名前は三島平八である!!」
なぜか平八は名前を叫んで言いました。最初の叫びと、同じぐらいうるさい、まるで雷だ。ルイズは耳を押さえて怒る。
「うるさい!うるさい!うるさい!本当にうるさい!!なんで名前を叫ぶのよ!?」
「まあ気にするな。所でルイズよ、話を戻すがわしをどうやって、ここに連れてきた?」
平八がルイズに尋ねるとコルベールが質問に答えました。
「み、耳が痛い・・・と、ともかくミシマヘイハチさんでしたか?それには私が答えましょう。」
コルベールは平八に教えられる限りの説明をしました。
「ふむ、するとわしは、『サモン・サーヴァント』と呼ばれる使い魔召喚の儀式でここに呼ばれたという訳だな?」
「ええ、それでミシマヘイハチさん」「平八で良いぞ。」
「ではヘイハチさん、貴方は既にミス・ヴェリエールの使い魔になったのですが・・・」
「わしは構わんぞ。」
平八は以外にもすんなり受け入れました。それには訳がありました。
魔法は以前、異世界で幾つか見た事があり知識があったから特に慌てる必要が無く、魔法の道具は『デビル遺伝子』に対抗できる可能性もある。
最初の異世界、いや時代的に戦国の時代に飛ばされた時に見つけた『ソウルエッジ』に複数の世界が交差した時に見つけた『神の瞳』に『黄金の種』など。
それに異世界に飛ばされる事は良い修行になりうる、人外の存在と戦えばデビルの力を超えれるかも知れないと考える。
また元の世界に戻るにしても情報は必要。ここは有名な学校。情報は手に入れやすい。
ルイズは、この爺が自分の使い魔になる事に不満が無いようなので(不満があっても自分は貴族なので問題は無いとも思っているが)自分の立場を教える事にしました。
「じゃあ私の事はご主人様と呼びなさい!!」
「それはイヤじゃ。」
平八はストレートに言った。
「な、な、あなた貴族をなんだと思っているの!?」
「まあまあ、ミス・ヴェリエール落ち着いて、ヘイハチさんと部屋に戻りなさい。」
「はい、分かりました、ミスタ・コルベール。それじゃヘイハチ着いて来なさい!」
コルベールに言われ、しぶしぶルイズは部屋に戻ります。それに続く平八の顔は心なしか楽しそうです。

コルベールは最初の平八の叫びで目を回してる医師を起こしながら、スケッチしたルーンを見る。
「ふむ、彼はただの平民ではないだろうな、このベットは頑丈なのにあの老人は素手で破壊した、あの鍛え抜かれた肉体、軍人でもそうは居ない、それにこのルーン確か・・・」
親子喧嘩していた老人は異世界に飛ばされ何をするのか、それはまだ誰も知らない・・・


新着情報

取得中です。