あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

使い魔は鉄拳王-01


「お願い!子猫でも小鳥でも虫でも良いから!私の使い魔に!」
二年生へ進級するために必要な『使い魔』召喚の儀式
その儀式において、少女ルイズは、始祖に祈りながら、ルーンを唱え、杖を振った。
だが、いつものごとく、起こったのは何度目かの激しい爆発だった
「けほけほ、おい、ゼロのルイズ!やっぱり失敗か!!」
「これで何回目だ!?」
周りの生徒の野次が飛ぶ。しかし何かの影が見えた。
「おい!ゼロのルイズ、何か、何かいるぞ!」
一人の生徒が影に気付いた。
「あ、あれは・・・」
周りの生徒達が目撃したのは黒こげた老人の死体である。生徒達は皆、同じ事を言った。
「ゼロのルイズがとうとう失敗魔法で人を殺した!」
これに一番ショックを受けたのはルイズである。
「う、うそ・・・私・・私・・人を・・人を殺したの・・・?」
しかしコルベールがその老人はまだ生きている事に気付きました。
「ミス・ヴァリエール!落ち着いください!彼はまだ生きています!!」
コルベールの言葉にルイズは何とか落ち着いた。そしてコルベールはルイズに言った。
「ミス・ヴァリエール、彼と契約してください。」
コルベールの言葉にルイズは驚いた。
「なぜです!?あれは平民ですよ!それよりも早く医務室に連れて行かないと!」
ルイズは自分が老人に傷を付けた事に罪悪感はあるが、それは使い魔の問題は別だと述べる。
しかしコルベールがそれについて、説明します。
「彼が使い魔なら、学園が面倒を見れますが、彼がただの平民なら学園の医務室を使用することは出来ません。それに貴女も留年しますよ?」
なんと残酷な事を言うのかしら、このコッパゲは、あのハゲ爺(何か角みたいな髪が生えてるけど)に乙女の口を捧げろと!?
ルイズは心の中で叫びました、しかし自分があの老人に致命傷を与えたのだから仕方ありません。
「ここで逃げたら!ヴァリエール家の名に傷が衝く!私、覚悟を決めます!」
「ではミス・ヴァリエール、彼と契約を。」
私は心の中でさようならファーストキスと呟いた。
ルーンが刻まれて老人が呻く、ルイズはそのまま老人があっちに逝ったり、しないか心配になった。
ルーンが刻まれるとコルベールが生徒達に解散させた。
「では、彼は私が運びましょう。」
ルイズは『フライ』や『レビテーション』が使えないので、飛べず、しかたなく歩いて医務室に行きます。

医務室で担当の医師が秘薬を使用し老人の火傷と怪我を治す。
ルイズとコルベールは医師の話を聞くと、医師が言うにはこの老人は大火傷の他にもかなりの怪我をしていたそうだ。
つまり、この爺が死に掛けたのは半分は私のせいかも知れないが半分は何かの事故に巻き込まれた分けだ。
少し気が楽になった、しかしあの老人が何か呟く声が聞こえた。カズヤ、ジンと呟いている、たぶん家族の名前だろう。
私はあの老人の大切な家族から引き離してしまったのだ、これには私の責任だろう、あの老人が目を覚ましたら、なんとかしてあげよう。
「すいません、後、どれくらいで目を覚ましますか?」
私は医師に聞いてみた。
「あの怪我だと秘薬を使っても1週間は眠ったて居るだろうね・・・」
普通の人間はあれほどの怪我を負うと傷は治っても精神が回復に時間が要るそうだ。
ルイズが老人の前に座っていると老人に異変が起こった。老人がうなり声を上げだしたのだ。
老人が腕をベットに振り下ろした、するとベットが粉々になりコルベールと医師が驚いてこちらに来た。老人は叫んだ。
「おのれ、一八!!許さんぞおぉぉ!!」
その叫び声は学園に響きそうだった。


新着情報

取得中です。