あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

虚無の遊び

春の召喚の儀式が行われていた。今後、一生を共にする使い魔を召喚する重要な儀式である。
最後の番となった我らがルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールは、数え切れない程の失敗魔法による爆発を経てようやく召喚に成功した。
確かに成功したのだが、ボロボロの布を纏った男のようであった。
砂漠で遭難でもしていたのだろうかしきりに「水を・・・」と立つ事さえままならず、ボロ布から死んだ魚のような目を覗かせうめいていた。

(魔法が成功出来たと思ったら・・・ 始祖ブリミルよ、まだ彼女を苦しめようと言うのですか・・・)
コルベールは同級生から嘲笑と嫌味を受けながら小刻みに震える自分の生徒に心から同情するのだった。

そして、苦渋の決断をし自分の生徒へこの男とコントラクト・サーヴァントをさせるために一歩足を踏み出そうとした・・・ 
その時であった。見知らぬ男が生徒とコルベールの前を通り抜けたった今召喚された男へと向かっていった。

「私は神だ。お前に水を与えよう・・・」

コルベールは警戒していた。自分は元軍人であり少々鈍っているとは言え、人の気配に全く気がつかないというのはありえなかった。
上半身裸で非常にタイトな服を下半身に身につけている一見ギリギリの様なこの人物、しかも自身を神だと名乗った。ルイズも呆然として言葉も出ないようだ。

「すべての神よ、すべての生命よ。彼に水を・・・」

ギリギリな人物がこのように独り言を言い始めた途端、ボロ布を纏った男の側に泉が現れたのだった。
ボロ布を纏った男は歓喜して、泉の水を飲み始めるのだった。

(水のラインかそれ以上、それよりも何より杖を使わず詠唱に使った言葉もも聞いたことが無い。生徒を至急避難させ・・・)
コルベールがそのような事を考えているその時であった。

「私だ。」
「おまえだったのか。」

ボロ布を纏っていた男が突然ギリギリな人物と同じような服装になって立ち上がったのだった。この出来事はコルベールの理解を範疇を超えつつあった。

「また騙されたな。」
「まったく気づかなかった。」
「暇を持て余した」
「神々の」
「「遊び」」

我に返ったコルベールは「暇を持て余してるのだったら」との理由で、ルイズにキメポーズをしている二人とコントラクト・サーヴァントをさせ、ルーンを書き写した後、夕食について考えながら学院へと戻るのだった。





新着情報

取得中です。