あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ついでにとんちんかん から間抜作を召喚

ルイズ「宇宙の果てのどこかにいる、私の下僕よ!強く、美しく、そして生命力に溢れた使い魔よ!
私は心より求め、訴えるわ。我が導きに応えなさい!」

ドカーン!

ルイズ「やった、成功したわ!」

抜作「いきなり尻見せ!」
ルイズ「みせるなぁ!」ドカーン!
抜作はルイズに吹っ飛ばされました。

翌日・・・

抜作「それでは授業を始めまーす」
ルイズ「なんでアンタが先生をやってんのよ!」
抜作「うるさい、文庫小説で深夜アニメのくせに。こっちは週刊誌連載でフジの土曜ゴールデンタイム放送だぞ!」
ルイズ「ワケ分かんない事言ってんじゃ無いわよ!」
抜作「では授業を続けます」
ルイズ「聞きなさいよ!」
抜作「練金のお手本をみせるので後でみなさんにもやって貰います」

むむむむむむ・・・・パァーン!
抜作の頭が爆発しました。

抜作「では、ルイズさん、やってみて下さい」
ルイズ「出来るかぁ!」



予告状

魔法学院様へ
今夜、宝物庫にある不老長寿の巻物を
盗みに参上します。

         怪盗とんちんかん


オスマン「おのれ、怪盗とんちんかんめ!」
コルベール「ノリノリですな」
オスマン「そうでも無いわい。えらく久々なセリフでけっこうドキドキだったんじゃぞ」

『あーはっはっはっは!』

オスマン「何者じゃ!」

『微熱のレッド!』

『風雪のシロン…』

『青銅のグリーン!』

『『『怪盗・とんちんかん、参上!』』』

抜作「そして私がリーダーです」

ルイズ「あっ、怪しい・・・」

オスマン「ええい、衛兵ども、とんちんかんを捕まえるのだ」
衛兵「「「わーっ」」」

ドカ、バキ、グシャ、

オスマン「ええい役立たずの衛兵どもめ、予定通りにやられおって!こうなればワシ自ら・・・はっ、アナタは!」
抜作「キミは!」
オスマン「先生!」
抜作「オスマン君!」
オスマン「いやぁ、懐かしいですねぇ先生、300年ぶりでしょうか・・・」
抜作「ところでオスマン君」
オスマン「はい、何でしょう先生。」
抜作「不老長寿の巻物を下さい」
オスマン「はい、どうぞ」

レッド「ね、リーダー、巻物にはなんて書いてあるの?」
シロン「・・・。」

『長生きの方法
   死ななければよい』

グリーン「は?」
シロン「・・・。」

抜作「はっ、しまった。これは私が昔書いたものだった!」





新着情報

取得中です。