あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

双月の女神 第十三章2







ファイアーエムブレム外伝 ~双月の女神~

第一部 『ゼロの夜明け』

第十三章 『真実と追憶(ミカヤの章)』





「ミス・ミカヤの額に刻まれたルーンの正体、それは始祖ブリミルに仕えた伝説の使い魔が一たる
神の頭脳『ミョズニトニルン』の印じゃ。」

ミカヤにそう告げるオスマンの表情は硬い。


ハルケギニア五大系統魔法の開祖にして信仰の対象である賢者―――始祖ブリミル。
その者のみが扱うことが出来た失われた系統『虚無』を担い、四体の使い魔を率いていたという。
『ミョズニトニルン』はその中の一角に名を連ねている。

「その力はありとあらゆる魔道具を使いこなし、それにより得られた膨大なる英知で始祖の導き手となったと
伝承から伝わっておる。」
「伝説、ですか・・・。」

オスマンの言葉にそう呟いたミカヤは納得したように頷く。
触れただけで杖や魔道具の解析が出来、本来ならばありえない理の精霊との対話を可能にした力の正体。
それが自らの額に刻まれたルーン。
精霊に呼びかける為の魔道具たる魔導書に触れることでそれらが成立していたのである。
その中で気がついたことをミカヤは訊ねる。

「それが正しいならば私は『虚無』の使い魔、ということでしょうか?」
「ご明察です、ミス。」

彼女の質問に、コルベールが答える。

「ミス・ミカヤのご想像の通りです。『虚無』の使い魔を率いる事が出来るのは『虚無』の担い手のみ。
即ち、ミス・ヴァリエールの系統が『虚無』であることの証・・・。」
「・・・・・。」

真実を明かすコルベールの苦い表情を察したミカヤは押し黙る。
自身の推測が的中したことと、世界は違えどルイズもまた自らと同じ様に古の伝説たる力を内包していたこと。
それらは一つの答えを導く。

「・・・私達の出会いは必然で、この後に起こる事への先触れだったのかも知れませんね・・・。」

二人にそう話すミカヤの面持ちは優れない。女神もかくやと言われるその美貌を、ある種の危機感が歪ませる。
自身の血統も伝説の英雄達から受け継がれてきたもの。そして「伝説」と「英雄」の存在は時として、
世界をも巻き込む大きな戦乱を告げる狼煙となることを身をもって知っているからだ。
更にはテリウス大陸からの様々な漂流物に、この地に受け継がれた『勇者』の系譜。
そう判断するには情報の断片は充分に揃っていた。

「だからこそ、ミスにお願いがあるのです。」

思考するミカヤに、真剣な表情で言葉をかけるコルベール。オスマンもまた同様の表情で、彼の話を繋ぐ。

「願わくばミス・ヴァリエールと共に平穏に天寿を全うしていただきたいが、恐らく時の潮流がそれを許さぬ。」

それが、オスマンが一番憂慮していることだった。行く行くは戦乱の渦が二人を飲み込んでいくであろうことは必定とも
言える。

「故に、どうか彼女が宿命に負けぬよう守ってやって欲しい。」
「ミス・ヴァリエールの事を、何とぞ・・・。」

そう言いつつ真摯な表情の面を向け、オスマンはミカヤに頭を下げた。
コルベールも苦渋の面持ちでそれに倣う。

「・・・・・私は誓いました。彼女と共に在り、共に生きると。」

ミカヤの言葉に顔を上げるオスマンとコルベール。
彼女の表情は決意に満ちつつも、柔和な表情を浮かべていた。

「・・・・・そうじゃったな。」
「・・・ミスには愚問でしたな。」

互いにそう言葉を交わして顔を見合わせると、安堵しつつ二人は頷きあう。

「ミス・ヴァリエールと共に宿命を乗り越え、争乱の風に立ち向かうことを誓います。」

ミカヤの心からの宣誓に、再び老メイジと壮年の教師は深々と頭を下げるのだった。





「あの人もあの子達と同じ、『伝説』か・・・・・。」

会議室の扉の前で一人、鎮痛な面持ちで佇む女性―――ロングビルは扉越しに室内での会話に耳を傾けていた。
先程のミカヤ達の話を反芻し、思考する。
―――自身の大切な妹分と、異世界から来た頼りなくも楽しい弟分。彼等は図らずも『伝説』の一端を担っていた。
ミカヤが桃色髪の少女と共に立ち向かうと誓った『宿命』に、自分達は果たして杖を向けているだろうか?

「どっちにしても急がないといけない、か。」

扉側から視線を外すと、そう嘆息しつつ思考を切り替える。
学院長付秘書として、手に持った書類を保持し直してオスマン達が退室してくるのを待つ。
―――悲壮感を滲ませた呟きを残して。

「あの子に引越し準備をさせないとね・・・。」





―――そして、次の日を迎える・・・。

新着情報

取得中です。