あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

変態な天使? 天使と言う名の変態?

 一際大きな爆発が起き、中心地点が砂埃によって何も見えなくなって永い数瞬の時が流れて、成功した事を理解した。
 何故なら、中心地点の辺りから聞きなれない音楽が流れて来るからだ。
 ゆっくりと土煙が薄くなる中、人型のシルエットが見えたかと思うと、人型を中心に紫に輝く巨大な光の柱によって土煙は一瞬で吹き飛ばされる。
 同時に、強過ぎる光によって人型のシルエットがソレ以上鮮明に見える事も無く、誰かが唾を飲み込む音が耳に聞こえた。

「LOVE!」

 聴き為れない音楽のテンポに合わせられるように、人型のシルエットが発した声が聞こえた。
 声の質からして間違い無く、性別は男性だろう。
 何故なら、ハッキリと断言出来る程にその声は低かったのだから。

「&」

 徐々に紫色の光によって作られた柱が、細くなる。
 同時に、力自慢の工夫が街で筋肉を自慢する為にやるポーズをシルエットがしているのに気付く。
 しかしながら、光の柱からはとても強大な魔力を感じた事を考えると、工夫では無く、貴族なのだろう。
 ・・・いや、なのだと信じたい。

「PEACE!」

 光の柱が完全に消えると、ソコには・・・白鳥の羽を半分のサイズにしたような翼を羽ばたかせながら此方を見る変態が居た。
 見た目は人間なのだが、人間かと聞かれれば即座に否と私は答える。
 それ以前に、遠巻きに此方を見ていた女生徒の数名が『イヤァァァアアアアッ!!!』っと叫びながら倒れたのか、数名の男子生徒が慌てる声が聞こえる。
 正直に自重しろと言いたかったが、言えるわけも無く・・・コレと契約をする為に口付けをするのかと思い、視界が霞むのも気にせずに、コルベール先生の方を向く。

「ミスタ・コr・・・」
「ミス・ヴェリエール。神聖な儀式ですので、早く契約を。それに彼は、古い書物に登場する天使のようですよ」
「てっ、天使?」
「それが私のポリシ~!」

 野獣の咆哮。もしくは、爆音のような大声によって、空気をビリビリと振動させる天使(?)を見る。
 両腕の筋肉を此方に見せつけながら、胸筋をピクピクと動かして筋肉をアピールしながら私に熱っぽい視線を向ける天使。
 服装は・・・正直に言って卑猥と言うよりも気持ち悪いと言う言葉が似合う服装であり、180サントを超えるだろう巨漢の天使?の腕には見慣れぬ文字と絵の刺青が入っていた。

「天使・・・・・・様?」
「まぁ! なんて可愛らしい御嬢さん!」

 人の良い笑顔をして、筋肉を強調しながら此方に向かって歩くる変態を見て一歩下る。
 風に乗って、汗の匂いが僅かにただよって来たのを感じ、視線を逸らそうとするが、恐怖から逸らす事が出来無い。

「んもう! んもう! 何てキュートなのかしら! 我輩、たまらないわっ!!」
「こっ、来ないでっ!? ファイヤーボール!」

 『ドゴンッ!?』と言う、過去最大級の爆発が天使を飲み込む。
 これだけの爆発が直撃したならば、お母様とて無事にはすまないだろう。
 幾ら天使が人とは違うとは言え、これで死んでくれれば再召喚の機会が与えられる。
 それに一縷の望みを賭けた爆発の結果を見る為に、注視し続ける。

「何て可愛らしいアプローチ。こんな風に焦らされるのは初めてで・・・」

 濛々と立ち込める砂埃の中から無傷で現れた天使を見て、一歩後ずさる。
 何故? どうして? why? と幾つもの単語が頭に浮かんでは消えるだけで、答えなど出て来るはずも無い。
 言うなれば、恐怖によって思考が支配されているに近い。

「我輩、軽くイッてしまったわ」
「い、嫌・・・」

 両足から力が抜けてしまい、その場にへたり込んでしまう。
 動かない両足の代わりに、両手を使って服が汚れるのも気にせずに逃げようと動く。
 御願いだから、誰か助けてっ!と叫ぼうにも、その叫びは声にならず、ヒューヒューと口から漏れ出るのみ。

「天使殿、御待ち下さい。彼女が怯えているではないですか!」

 声のした方向に首を向ける。
 其処には、炎の蛇をしたがえたコルベール先生が天使を睨み付けていた。

「まあっ、理知的なおじ様! 貴方にも後でハグしてあげるから、待っているのよ!」

 だが、天使はコルベール先生の話を聞かずに私を捕まえると、両腕で軽々と私を抱き上げた。
 その時に無理矢理に近い形で一瞬見せられた顔は恐怖だったと言える。
 切れ長の瞳を潤ませ、紫色のルージュが引かれたのであろう唇。
 髭面で、髪は角刈り・・・気持ち悪さを助長させて余りあるとしか言えないその姿。

「もう、なんて! キュートな御嬢さん!」

 頬擦りされる最中、コルベール先生が繰り出した炎の蛇による一撃が、天使に当たる前に虚空に向かって跳ね返されるのを見て絶望に支配される。
 純粋に攻撃力と言う点だけを見れば、火の系統魔法の威力は非常に高いだけで無く、炎によって生み出された熱波が喉を焼く事すらある。
 だが、見えない壁によって阻まれた火の蛇からは、熱波すら感じる事が無い。
 その為に最終手段とも言える事を行なう為に口を開く。

「我が名はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。五つの力を司るペンタゴン。この者に祝福を与え・・・」

 そこまで言葉を紡ぐと、頬擦り等は無くなり、天使と正面から顔を見合わせる事になる。
 正直、ワルド様ならば喜んで顔を見合わせるぐらいの事はするが、こんな濃い変態と言う名の天使と見合わせたいとは思わない。
 その為に、意を決して残りの言葉を紡ぐ。

「・・・我の使い魔となせ!」
「貴女に幸あれっ!!」

 ほぼ同時に言葉が終わった私と天使の唇が重なり、それで終わったかと思ったのが甘かった。
 『むっちゅううううううううううううううううううううううううううううううううううううううっ!』
 と言う言葉が似合いそうなまでのディープキスによって私の唇は蹂躙され、そしてキスが終わった後に地面に優しく下ろされた。
 ついでに言うと、『ぢゅぽん!』ってな感じの擬音語が相応しい音を鳴らしながら唇を離した天使に向かって、キスの音じゃ無いと言ってやりたい。
 言うだけの体力も気力も無いので言わないが・・・

「ああん! 左胸に感じた事の無い痛みと模様。我輩を使い魔にする何て、いけない子ねっ!」

 気色悪くシナを作りながら、うっとりと私を見つめる視線を感じ、心の底から泣きたくなる。
 だがソレも数秒の事であり、天使はコルベール先生に向かって歩いて行く。

「お、御待ち下さい天使殿! 私の名前は、ジャン・コルベール。円滑なコミュニケーションの為に御名前を御教えいただけますかな!」
「んまぁ! 我輩とした事が自己紹介を忘れていたわ。 我輩は、能天使(パワーズ)に属する天使、ハプシエル。以後お見知りおきを」

 そう言って、ウインクしたハプシエルがコルベール先生との距離を5メイル程まで続けた時、1人の少女の声が周囲に響き渡った。

「今よ皆! 一斉攻撃っ!!」

 赤い髪をした宿敵とも言える少女の声と、その姿を見て私は救いの女神の姿は、彼女と同じ姿をしているのではと考えてしまった。
 何せ、彼女の隣を駆け抜ける、女性の姿をした青銅のゴーレムや無数の魔法を見て、彼女がそれだけの魔法を従えているようにすら見えたのだから・・・
 総勢数十と言う攻撃魔法が絶え間無くハプシエルに向かって飛来し、土埃が巻き上がるとホボ同時に風の魔法によって土埃が吹き飛ばされる。
 すぐさま、炎の蛇が混ざったのを見て、私も魔法と言う名の爆発を態とタイミングをズラして放ち続けた。

「あああん! 激しい・・・」

 ハプシエルが発したその言葉を聴いた一同が動きを止め、絶望に支配されたかのような表情で一様にハプシエルを見る。
 誰1人として手を抜いていない、全力の攻撃が何十と降り注ぎ、一部の召喚された使い魔も攻撃に参加していたと言うにも関らず・・・
 掠り傷一つ付いていないその姿を見れば、誰であろうと動きを止めてしまうに違い無い。

「何て激しいアプローチ。我輩、イッてしまったわ!」

 最早打つ手無しとばかりに、何人もの同級生がフライで逃げて行く中、コルベール先生はその唇を奪われた。
 そして、ハプシエルは逃げて行く同級生を、スキップしながら追いかけて行く。
 その日・・・幾度もの絶叫が校舎から木霊した理由を、私は永遠に知りたくないと本気で思うのだった。


 場所は変わって、異なる空間に存在するとある学園では・・・

「エーネウスさん。先輩の機嫌が凄く良いみたいですけど、何かあったんですか?」
「実は、数時間程前の事です。御主人様の前に見慣れぬ鏡が現れたのですが」
「鏡がどうかしたんですか?」
「丁度その時、御主人様を不意打ちで抱き締めようとしたあの天使が、濡れていた廊下で足を滑らせ、そのまま鏡の中に突っ込んで行ったのです」

 犬耳に尻尾を生やした美しいメイドの言葉に、ソレを聞いた少年は何と返したら良いのか解らないと言う微妙な表情を浮かべる。
 正直、抱き締められてディープキスをされなかっただけでも、運が良かったとしか言い様が無い。
 それを考えると、上機嫌なのも確かに頷ける。

「その後、御主人様が鈴穂さんを其処に連れて来て、リボンを外させた為に教授連でも探せないと言う状況になってしまったわけです」

 確信的としか言い様が無い捜査の妨害を聞き、少年は自身が先輩と呼ぶ青年に視線を向ける。
 丁度、紅茶を机の上に置いたばかりの青年が少年の姿に気付き、口を開いた。

「おお、拓人じゃ無いか。こっち来て適当に座れ。エーネの作ったスコーンがこんなに美味いと感じたのは初めてだぞ」
「何度も申し上げていますが、美味しく無いと感じているのは御主人様の味覚がオカシイからです」

 不自然なまでに爽やかな笑顔を向けられ、普段とはまるで別人なその姿に驚きながらも机に向かって行く。
 その横で、主人にツッコミを入れるエーネウスの言葉を聞きながら、上座に座る青年に促されるようにして拓人は空いていた椅子に腰を下ろす。
 拓人と青年以外で椅子に座っているのは、巫女服とボンテージ姿をした二人の女性がおり、二人揃って地獄から解放されたかのような穏やかな表情をしている。
 もっとも、この二人の女性にとっての地獄とハプシエルは、直接的には関係無いのだが、野暮な事を言う必要は無いだろう。
 ただ一言、この場に居る者達が発するとしたならば、それは拓人ですら簡単に想像が出来る。

【平和だ】

 間違い無く、その一言だと拓人は断言するに違い無い。
 尤も、他の地において、ハプシエルが現在進行形でドタバタ騒ぎを引き起こしまくった為に、十数年後にはその地で崇められる者がが変化し、『愛と平和と美の天使ハプシエル』として崇められる事になろうと・・・
 この場に居る者達にとってソレは何ら関係が無い事だろう。


 続かない。



キャラの元ネタは、「まかでみ・らでぃかる」と言う小説に登場する能天使ハプシエルです。



新着情報

取得中です。