あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

しかし繰り返す出オチ

「アンタ誰?」
「ワシの名は……ザムディン」
「あの爺さん、ザムディンだって?」
「ザムディン……なんだか知らないが凄そうな名前だぞ……」
春の召喚の儀式でルイズが召喚したのは何処にでも居そうな老人だった。
だが、その名はザムディン。只者ではなさそうな響きにザワザワとざわめくクラスメイト達。
そのざわめきに一目で「ハズレ」だと判断していたルイズもその気になった。
「ザムディン。貴方ひょっとして凄い人物なの?
メイジ殺しの剣士とか、あるいは名のある将軍だとか?」
ワクワクテカテカしながら、そう問いただすルイズ。
しかし……
「いんやぁ、ただの農夫じゃ。息子はキタの町の町長をしておるがのぅ」
老人はそう答える。
そしてその答えは一分の隙も無くマジだった。

その後ザムディンは特に活躍もせず、ヴァリエールの領地に小さな農地を与えられ、
国元を普通に治めたルイズの使い魔として、ごく普通かつ平凡に一生を終えたと言う。
めでたしめでたし。




新着情報

取得中です。