あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

クレアアアアアアアの使い魔

 ルイズが召喚したのは氷のような水色髪の剣士の青年だった。
 冷静沈着といった面持ちであったが、意外に熱血な一面があった。

 召喚後、最初の授業。
 ミス・シュヴルーズはルイズの使い魔である青年を見てこう言った。
「ミス・ヴァリエールは変わった使い魔を召喚したのですね」
 彼女の言葉に教室が笑いの渦に包まれ、まるで風のようなガラガラ声の一人の男子生徒が笑いながらルイズを馬鹿にした。
「召喚が成功しなかったからって、そこら辺を歩いてた平民を連れてくるなよ! ゼロのルイズ!」
「ちゃんと召喚は成功したわよ! 風邪っ引きのマルコリヌ!」
「僕は風邪っ引きじゃない!」
「いいえ、そんなガラガラ声、誰が聞いても風邪っ引きよ!」
「ふん、魔法が使えないだなんて、君は貴族じゃなくて平民だな! 平民同士で仲良くやればいい!」
「止めろ」
 ルイズとマルコリヌの口喧嘩を、青年が諫めた。
「貴族でも平民でも関係ない、俺達は同じ『ヒト』だ。喧嘩することじゃない。
 ……姿形は違っていても、クレアはクレアなんだ……なのに俺は……俺は……!」
「ちょ、ちょっとあんた?」
 教室が冷気に包まれ始めた。
「クレアアアアアアアアアアアア!!!!」
 青年の絶叫と共に、彼の『氷のフォルス』が暴走し、教室は氷漬けとなった。
 学園内の火のメイジ達が全ての氷を解かすのに、しばらく時間が掛かったと言われている。


 テイルズオブリバースよりヴェイグ・リュングベルを召喚。



新着情報

取得中です。