あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

堕天召喚録カイジ 第4話


第四話「授業」

(目玉の化け物っ……蛸人魚っ……くっ……訳がわからねぇっ……)

ルイズに連れられて入った講義室には、カイジが見たこともない生き物が並んでいた。
すべて使い魔である。
しかし、カイジを驚愕させたのは、その外見だけではない……カイジが目を合わせるたびに、その使い魔たちが喋ることっ……!

『人間の友よ、我はバグベアー!』
『わたしはスキュアの使い魔っ……友人よっ……!』

驚愕……呆然っ……!
が、カイジも幾多の修羅場を潜り抜けてきた頭の切れる男であった。

(幻聴じゃねぇっ……! おそらくは何かの能力っ……力っ……!
 だが、あの赤い髪の少女は言った……
 『韻獣でなければ喋らない』と……どうやら全ての使い魔が喋るはずないらしい……
 ならば、俺っ……!
 特異な存在は、この俺のほう……! おそらくは、使い魔の声が聞こえるたびに光る、この烙印っ……!
 ククク……奴隷の烙印どころか……
 こいつはいいプレゼントだぜ……! せいぜい使わせて貰うっ……!)

ルイズによって床に座らせられようと関係ない。
カイジは熱心に、『赤土』のシュヴルーズの授業に耳を傾けた。

(情報っ……! ここで俺が戦うには、まず情報っ……!
 全てを吸収する……! 知っていて損をすることなど、何一つないっ……!
 情報を制するものこそが、戦いを制するっ……!
 たとえ魔法の世界だろうとっ……それは同じだっ……!)

『土』『火』『水』『風』の四大系統……カイジはシュヴルーズの言葉に引かれた。
そっとルイズを見上げる。敵の性質を知ることは重要……カイジはそう判断した……! だがこれは判断ミスっ……!

「おい、お前の系統はなんだ……?」

ばしぃっ!
ばしぃっ!

瞬間っ……制裁っ……唸りをあげるムチの嵐っ……!

「うるちゃいっ……! うるちゃいっ……! 
 黙れっ……使い魔風情がっ……!! ご、ご主人に向かって系統を聞くなど言語道断っ……!
 殺すぞっ……!! ひぃ~……ひぃ~……ふううぅっ……!!」

ばしぃっ!
ばしぃっ!

「がっ……! ぐあぁっ……! なぜっ……!!」

見かねたシュヴルーズが声を張り上げた。

「見苦しいぞっ……ミス・ヴァリエールっ……! 前に出ろっ……!! 貴様だ……この石を『錬金』しろっ……!!」

ざわ…… ざわ……
 ざわ…… ざわ……

教室がざわめく。
キュルケが叫んだ。

「よせっ……無謀だっ……!! 失敗っ……結果は明白っ……!
 見ろっ……既にタバサは退却っ……撤退っ……!!」
「黙れっ……! 舐めるな……カカカ……キキキ……成功っ……! 成功させて見せるわっ……!! そこで見ておれっ……!!」

(上手くいくっ……!! わしこそ王っ……! 選ばれし者っ……失敗するはずがないっ……!)

口では大きいことを言いながらも、内心ではびくつきながら、ルーンを唱え、ルイズは杖を振る。


がっ……! 駄目っ……!!
途端に爆発っ……混乱っ……!!

(失敗っ……! ぐうっ……! また失敗っ……!!)

ボロ…… ボロ……

ルイズの瞳から涙が零れる……!
ゼロっ……魔法の才能ゼロっ……『ドット』にもなれない『ゼロ』っ……!!

ルイズは居残りで掃除を命じられた。
破壊された惨状っ……!!

「カイジっ……!! お前の仕事だっ……片付けておけっ……!!
 あぁ~んっ……!! 主人のミスは、使い魔のミスっ……!! クズっ……クズっ……クズっ……!!」

涙を堪えて憎まれ口を叩くルイズであった。
カイジは黙々と片づけを行う。「返事はどうしたっ……!!」とルイズがムチを振るっても、静かにムチを受けるだけであった。

(くっ……! 不可解ざんすね……どうにも不気味……!
 まさか、気づいているざんすかっ……!? 私が魔法を使えないことにっ……!!)

ぐにゃぁ~

「と、とにかくやっておけっ……! 私は部屋に戻るっ……!」

混乱しながらルイズは教室を後にした。
途中、ルイズはぞろぞろと歩く幻獣たちとすれ違った。

(何かしら……?)

ルイズは不審に思ったが、後を付けることはしなかった。ただ部屋に帰って泣きたかった……。



教室の片付けにひとり残されたカイジは、不敵に笑っていた。

(ククク……どうやら、あのルイズもこちら側っ……!
 魔法なんて使えねぇっ……! なら貴族じゃねぇっ……! 平民っ……!
 ヤツこそ平民じゃねぇかっ……!
 ククク……だが、それを今言っても無駄っ……! このカードは取っておくっ……!
 奴隷は、皇帝を刺すのだからっ……! ククク……)

と、そのときであった。
教室に使い魔たちが入ってきたっ……! 先頭はフレイムっ……!! ほかの使い魔たちもぞくぞくと来るっ……!!
呆気に取られるカイジに、フレイムが言う。

『手伝おうっ……友人よっ……!!』
「なっ……! おまえたちっ……!」

思わず、カイジはフレイムを抱きしめていた。そっとフレイムはカイジの頭を撫でる。

ボロ…… ボロ……
カイジは膨大な涙を流した。やさしさに触れ、溢れる涙であった。

(あったけぇっ……! 人間と幻獣っ……そんな区別がなんだっ……!
 心がっ……! あったけぇよっ……!! 俺はっ……!!
 くぅ~っ……!!
 畜生っ……! 涙がとまらねぇっ……!)

カイジは、初めてこの世界に本当の友人を見つけ出したのであった。

人間性っ……! それは、心の温かさっ……!! 時に幻獣は、人間よりも人間らしいっ……!!


第四話「授業」終わり


新着情報

取得中です。