あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゲゲゲの使い魔 01話

やぁ、人間の皆さん。僕はゲゲゲの鬼太郎です。
皆さんは僕が別世界に飛ばされたらビックリしますか、
今回は僕が別世界に飛ばされた話を紹介します。

それは今から数時間前、僕は父さんにおつかいを頼まれて街へ行ったときだった。
突然道の真ん中に現れた魔法陣みたいな鏡に僕は近づいた。
「なんだ、これは。」
僕がそれに手を触れた瞬間、僕はその鏡に吸い込まれていった。
そこから僕の生活が変わるのであった。

一方、後に僕が暮らすことになるハルケギニアでは、召喚の儀式が行われていった。
その中、ピンクの髪の女の子が召喚の儀式に挑戦していた。
後にその子が僕を使い魔にしていくのです。
「宇宙の果てのどこかにいる私の僕よ!神聖で美しく!!そして、強力な使い魔よ!私は心より求め、訴えるわ!
我が導きに、応えなさい!」
その子は杖を振り下ろすと、爆風が発生した。しばらくして爆風が消えたその先には僕の姿があった。
僕は立ち上がった。
「いててててっ、何処だろうここは。」
僕がここが何処だか周りを見渡そうとした時、ピンクの髪の子が僕に近づいていった。
「あんた誰?」
その子の問いに僕は答えた。
「僕はゲゲゲの鬼太郎、君の名前は?それにここは何処だか教えてくれないか。」
「私はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールよ。呼ぶときはルイズでいいわ。
ここはハルケギニアのトリスティン魔法学校よ。」
ハルケギニア?そもそもそんな国は聞いた事がない。もしかしたら僕は別世界に飛ばされたのかもしれない。
僕がそう思っていると、周囲が騒がしくなった。
「平民を召喚したぞ!さすがゼロのルイズだ!」
平民?もしかして僕の事を言ってるのかな、だけど僕は腹が立つ気分じゃなかった。
別世界に飛ばされて僕は戸惑っているのだから。
「ちょっと間違えただけよ!ミスタ・コルベール!召喚をもう一度やり直させて下さい!」
ルイズが真っ赤になりながらローブを纏って杖を持っている中年の男性に反論した。
「駄目です。この神聖な儀式をやり直すことはできない!召喚した以上は彼が君の使い魔だ。」
男性にそう言われたルイズは僕に近づいた。
「五つの力を司るペンタゴン、この者に祝福を与え、我の使い魔となせ。」
ルイズがそう言うと、僕の唇に・・・ 

その時僕は慌てたのか、後ろに転んだ。しばらくすると僕の左手に文字みたいなのが刻まれる。
左手が熱くなって、僕は左手を抑えた。
「ルイズ、君って大胆だなぁ。」
「それはこっちの台詞よ!私だってあんたとキスしたくなかったんだから。」
キ、キス!?僕は顔を思わず真っ赤にした。
「平民のあんたにこんな事一生ないんだからありがたく思いないよ。」
なんて強気な女の子なんだ、それよりも僕の左手に刻まれた文字が気になり、ルイズに聞き出した。
「ルイズ、僕の左手に刻まれたこの文字何だい。」
「どれ?どうやら『コントラクト・サーヴァント』は成功したみたいね。」

その後、僕とルイズは魔法学校の遼へと戻った。夜になり、窓から夜空を見渡すと、
月が二つあった。僕は驚いてルイズに問いかける。
「月が二つあるけど、どういう事なんだい。」
「そんなに月が二つあるのが珍しいの。」
「僕のいた世界では月が一つしかないんだよ。二つあるからビックリしたよ。」
僕の一言でルイズは驚いたようだ。ルイズが言うには、ハルケゲニアでは月が一つしかないのは一度もない。
その事でルイズは僕が違う世界から来たというのを信じたようだ。
「鬼太郎、私の質問に正直に答えて。いい?」
「分かった。」
「あんたが住んでいた所は何処?」
「僕は妖怪横丁の外れにある所で家で、父さんと一緒に暮らしているよ。」
「妖怪横丁?どういう所なの。」
ルイズが知らないのも無理はない。妖怪横丁は特別な方法を使わない限り人間は入ることができないから。
それから僕はルイズに妖怪横丁がどういう所なのかを教えた。
「あんたには仲間がたくさんいていいわね。その妖怪横丁とやらに、」
そう言うと、ルイズは少し悲しげな表情をした。
しばらくして、なんとルイズは僕の目の前で衣服を脱ぎ始めたのだ。
「ルイズ、僕の目の前で着替えるというのはどうかと。」
「何言ってるの、あんたは私の使い魔なのよ。ご主人様の為ならどんな事だってする『犬』なのよ。」
それからルイズと僕は眠りについた。ここから僕の生活の歯車が狂い始めるのです。

そして朝を迎えた時、僕はまだ眠っていた。だって僕はのんびりするほうがよかったから。
ルイズに召喚されてからは、のんびりすることもできなくなった。
「鬼太郎!いつまで寝てるのよ!」
ルイズが僕を起こした。なんで僕がこんな早くから起こされなれなければいけないんだろう。
心の中で僕はそう思った。
「何してんのよ、早く私の制服と下着取ってよ。」
僕はルイズに言われるまま、制服と下着を取り出した。次にルイズは僕に自分の着替えを手伝わされた。
こんな事今までなかった。悪い妖怪と戦う日々、横丁のみんなと楽しむ日々、僕のいつもの日常生活が夢のようだった。
それから僕はルイズに頼まれた洗濯をしに、外へ向かった。

新着情報

取得中です。