あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロのヒットマン 02話


「あっ、獄寺に頼みたいことがあったわ。」
「用件はなんだよ。」
「獄寺、あんたにやってもらうのはこれよ。」
獄寺はルイズの後をついてゆく、その先にはルイズの洋服と下着がある。
「まさか俺に洗濯をやれと言うのかよ。」
「そうよ。」
「ふざけんじゃねぇ!てめーのモンくらいてめーでやれよ!それに俺洗濯やったことねーんだよ。」
「あんたは私の使い魔なの!だから主人の言う事は聞く!それに私と一緒に元の世界に帰る方法を探すんでしょ。」
「分かったよ、やりゃーいいんだろやりゃ。」
仕方なく獄寺はルイズの洗濯物を持って外へ出た。
「これ結構重てーな。うわっ!」
「きゃっ!」
獄寺はバランスを崩し、近くにいたメイドにぶつかった。それと共にルイズの洗濯物も散らばる。
「痛てーな、おめーも気をつけろよ」
「すいません。私も外で洗濯をしようと思ったので。あなたの方こそ大丈夫ですか?」
「当たりめーだ。俺はこの程度で怪我をしたりしねーよ。」
「あなたって、ミス・ヴァリエールの使い魔さんですか?」
「ああそうだぜ。俺は訳あってルイズの使い魔になった獄寺隼人だ。おめーの名前はなんていうんだよ。」
「私ですか?私はここの魔法学校でメイドをしているシエスタと申します。それにしても洗濯物散らかりましたね、私も拾うの手伝っていいですか。」
「助かるぜ、ルイズの奴俺をこき使いやがるからな。」
「いいんですか、貴族を呼び捨てで呼んでて。」
「いいんだよ。貴族だろーが何だろーが、俺はルイズって呼んでんだ。」
そう言うとシエスタは喜びの笑顔を浮かべた。
「すごいですね!獄寺さんは貴族に媚びたり、諂ったりしない立派な姿勢!尊敬します!」


そして散らばった洗濯物をシエスタと一緒に集め始める。獄寺が洗濯物に手をやった瞬間、
同時にシエスタの手も獄寺の手元にある洗濯物に近き、そして獄寺とシエスタの手が触れ合った。
「あっ、すいません。」
「この程度で動揺すんな。さっさと片付けるぞ。」
シエスタは顔を真っ赤にしながら言った。
「はい。」
その後、水場に着いた2人は洗濯を始める。
しかし獄寺は戸惑っている。
「おいシエスタ、俺洗濯の仕方分かんねーんだ。さっさと片付けないとルイズの奴・・・ ・・・」
獄寺の頭の中に鬼ルイズのような形相が浮かんだ。
「洗濯の仕方なら私が教えますから安心して下さい。」

シエスタに洗濯を教わりながら獄寺は慣れない手つきで洗濯を始め、洗濯が終わったあとは部屋に戻って
獄寺はルイズの着替えを手伝う。

その後、獄寺とルイズは食堂についた。既に食堂は生徒達で賑わっている。
「ここで飯が食えんのかルイズ。」
「そうよ。だけどあんたのご飯はあっちよ。」
ルイズが指を向けた先には固いパンと質素なスープが並んであった。
獄寺は不満な表情を浮かべる。
「ふざけんじゃねぇ!俺にこんな朝食を食わせる気か!」
「平民のあんたが『アルヴィースの食堂』で食事ができる事だけでも感謝することなんだからね!」
「少しぐらい、飯よこせー!」
獄寺はルイズに飛びついてきた、しかしルイズは獄寺を跳ね返した。
仕方なく獄寺は固いパンと質素なスープを口にした。
「ちくしょう、なんで俺がこんな飯食わなきゃいけねぇんだよ。」

その一方獄寺の近くでなにやら生徒達が会話しているようです。
「ギーシュ、お前誰と付き合ってんだよ」
「付き合うって、僕にそんな特定の彼女なんて~」

ギーシュと生徒の会話が気になって獄寺は近くに行く、するとギーシュのポケットから香水が落ち、獄寺はそれを拾い上げて
それをギーシュに渡す。
「おい、てめーのポケットからこれ落としたぜ。」

その香水の瓶に気づいたギーシュの友人達が騒ぎ始める。
「ギーシュ、お前二股かけてたなんて最低だな。」
そこから二股がばれたギーシュは・・・

「君が僕に香水を渡したせいで、二股がばれてしぱったよ。」
「ふざけんな!二股かけてたのはてめーだろ!ばれたら俺のせいにするのかよ!」
「この貴族である僕に向かってそんな態度をとるなんて、外に出ろ!僕が貴族に対する礼儀を教えてやろう。」
「やってやろうじゃねぇか、その勝負受けてたつぜ!」

ギーシュが外に出た後、ルイズが後ろから駆け寄ってきた。
「何やってんのよ!さっさと決闘なんてやめなさい!」
「うるせぇな、俺は売られた喧嘩は買う主義なんだよ。それに俺はあんな二股ヤローには負けねーから。」

早速広場にて決闘が始まる。決闘が始まると同時にギーシュはゴーレムを出す。
「僕はメイジだ、だから魔法で勝負する。『青銅』のゴーレム、ワルキューレが相手になるよ。」
「その程度のゴーレムなんてぶっ壊してやるよ。」

ワルキューレは獄寺に近づき、拳を繰り出すも獄寺は易々とかわしてくのであった。
「その程度じゃ俺は倒せねーぜ。喰らえ!2倍ボム!」
大量のダイナマイトがワルキューレに降り注ぎ、ダイナマイトがワルキューレの近くで爆発した。
広場に大きな煙が巻き上がった。そして煙が消えていくと、そこにはバラバラになったワルキューレの姿があった。
「そんな・・・ 僕のワルキューレが敗れるなんて・・・」
「これで分かっただろ。おめーじゃ俺には勝てないって。」
獄寺はポケットからダイナマイトを取り出し、ギーシュに向けて放とうとする。その時ルイズが獄寺に向かって飛び出してきた。
「やめて!獄寺!」
「何だよ、勝負の邪魔すんじゃねーよ!」
「もしギーシュがそれで大怪我でもしたら、ギーシュの家の人だって黙ってないし、それにギーシュはクラスメイトだし、
とにかくそれをギーシュに放つのだけはやめて!」
「分かったよ。だけど俺はあの二股ヤローと話しがしてーんだ。いいか。」
獄寺はルイズにそう伝えると、ギーシュに近づいた。
「おいそこの二股ヤロー、二度とみっともねぇ真似すんなよ!」
「分かったよ。今回は僕の負けだね。」
獄寺はそう言うと、広場へと戻る。
「ルイズの使い魔の平民、ギーシュに勝っちまうなんて。」
「あの平民強いなぁ、俺だったら戦いたくないぜ。」

「あ、いたいた、獄寺さん。」
そう言いながらシエスタが獄寺に向かってきた
「どうしたんだよ、シエスタ。」
「昼間の決闘見ましたよ!ビックリです。貴族を倒してしまうなんて。」
「当たりめーだ。俺があいつに負けるとでも思ってんのか。」
「いえいえ、とんでもございません。そういえば厨房のみんなで祝勝パーティを開くんです。それで獄寺さんを探してたんですよ。
早く行きましょう。みんな待ってますよ。」

シエスタは獄寺の腕を引っ張っていき、厨房に連れて行く。
その夜、厨房では獄寺の祝勝パーティが行われていた。
「いやぁー昼間の決闘は驚いたねぇ、俺、見たよ!貴族と決闘して負かす平民がいるなんて感動だよ。」
厨房に入ると、コック長のマルトーが獄寺を歓迎している。


新着情報

取得中です。