あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの使い魔様は根腐れしてやがる!!2話目



根腐博士一行がハルケギニアにやってきたその日の夜、
ルイズの部屋では博士一行とルイズによる情報交換が行われていた。

「ふーん、それじゃああんた達は異世界から来たって言うの?」
「オフコース!!まさにそのとぉーーーり!!」
「それで、そのゴミバケツがタイムマシーンとか言う時間を移動する機械?」
「そのぉとーーり!!」
目の前で体を高速回転させてビシリと指を突きつけくる愉快生物ども(根腐博士とその愉快な助手たち)を
半眼で見ながルイズは膝で寝息を立てるゾーリンちゃんを撫で一つため息をついて言い放った。
「馬鹿じゃないの・・・そんなのある訳・・・」

その言葉は続かず・・・
ゲシッと博士にルイズは蹴られて、ガッポンン!!とタイムマシンの中に落とされたのでした
「百聞は一見にしかず!!いってらっしゃーい」
「きゃあああああ!!」

次の日の朝、黒髪のメイドが洗濯をしていると急に空が暗くなった
「あら?雨か・・・し・・・ら」
グォングォンと空に浮かぶ謎の穴、そしてそこから聞こえてくる
「きゃああああああ!!」

悲鳴!!
「「きゃあああああ!?」」

その頃、博士一行は・・・
「うーん、朝はワインよりコーヒーに限るねA君」
「いやぁ、豪勢な食事ですねぇ博士」
「うん、美味しいですよ」
「あ、そこの恰幅のいい料理長さん、持ってるだけでで料理の味が抜群によくなる印鑑いかがです」
アルヴィースの食堂で堂々と食事をしていたりなんかしてたり

「あ、ああ!!あんtら達!!ないをあsdfghjkll;!!」
そこに怒り心頭で言葉も回らないルイズがやってきた。
大声でまくし立てるルイズを他所に博士達は今後の事について話し合う

「さて、せっかく魔法の国の学校に来たんだ、授業でも見ていくかね?」
「そうですね、たいして珍しくも無いですが」
「そうだね、よく見るしね ラスプーチンさんで」
「そこの黒髪のメイドさんお友達を紹介するだけで簡単に稼げる方法があるんだけど」
「え、本当ですか?是非」
「・・・話聞けよ・・・あと、シエスタ!!騙されないで!!」
「え、でもBさんが怪しくないよって」
「これでもかって言うほど怪しいわよ!!」

そうこうしている内にあっと言う間に授業の時間に、
ぞろぞろと引き連れてやって来たルイズを好奇の目で見る学友達、
授業が始まり、ミセス・シュヴルーズが使い魔の事に触れた時、小太りの男の子が
「おい!!ゼロのルイズ!!召喚できなかったからって平民引き連れてやってくるなよ!!」
と嘲笑し始めた。
「違うわよ!!かってにこいつらが来たのよ!!」
売り言葉に買い言葉、互いに罵りあう二人、そうこうしている内にシュヴルーズが錬金で二人の口に粘土を貼った。
「むがあぁ・・・」

ドゴオオオオオ!!
「ぐっはあああああ!?」
粘土を貼ったはずなのだが何故か巨大なゴーレムの腕が小太りの男の子を吹き飛ばす。

暫くの沈黙が教室を支配し・・・
「それでは錬金の実技をミス・ヴァリエールお願いします」
「「「「「無視するんかい!!」」」」」」
この時、学友達の心が一つ(気絶している小太り一人除く)になった。

その後、例によって爆発して教室の片付けをルイズは言い渡されるのであった




「博士・・・ぼく達あんまり活躍してませんね」
「んーいいんじゃない 別に」

          続く



新着情報

取得中です。