あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

堕天召喚録カイジ 第3話


第三話「食事」


朝、カイジを待ち受けていたのは、ルイズの鞭であった。

「ご主人より寝坊する使い魔がどこにいるっ……! あぁ~んっ……! ナメてるのかっ……貴様っ……!
 ククク……これは躾けっ……ねぼすけな使い魔に対する愛のムチっ……! ククク……カカカ……」
「がっ……! ぐぁっ……! やめろっ……!」

容赦なく叩きつけられるムチっ……!
悲鳴っ……阿鼻叫喚っ……
ビシリ、ビシリとムチを打つルイズは恍惚とした表情を浮かべる。ルイズの中で何かが目覚めたようだ。
だが、救いは意外なところからやってきた。コンコンと扉がノックされる。

「ルイズ……入るわよ……! ククク……」
(ぐっ……ツェルプストーっ……何をしにきたっ……!)

入ってきたのは、褐色の肌に燃えるように真っ赤な髪のグラマーな少女っ……! そう、微熱のキュルケである。

「何をしにきた、って顔ね、ルイズ。あなたの使い魔を見に来たのよ。ククク……」
「きぃ~っ……! はっ……ご、ごほん。アンタは何を召喚したというのよ……」
「サラマンダーだっ……貴様のような平民しか召喚できないゼロとは、根本的に違うっ……本当の使い魔たる幻獣っ……!」

(なんだ……まるで恐竜……! ジュラシック・パーク……! 見てないけどっ……!)

サラマンダーを見つめるカイジ。サラマンダーがカイジを見かえした、その瞬間であった。
カイジの右手の甲がぼんやりと光り、どこか熱を帯びたようになる。
次の瞬間っ……!

『我が名はフレイム……! はじめてお目にかかるっ……!』


「なに……? このトカゲっ……喋るのかっ……!?」
「あら、フレイムは韻獣じゃないから喋らないわよ? ふふ、使い魔さん、ほほの傷がワイルドで素敵だわ……それじゃあね、ゼロのルイズ」
「ぐっ……!」

キュルケと一緒にサラマンダーも出て行く。きゅるきゅると鳴くその鳴き声は、カイジには言葉として聞こえていた。

『またお会いしよう……幻獣の友人よ……!』

(一体……何がっ……まるで言葉がわかるようなっ……! 幻聴じゃねえっ……!)

ざわ…… ざわ……

混乱するカイジに八つ当たり気味にルイズのムチが飛んだ。

「おいっ……なにをっ……! 俺は何もっ……!」
「コココ……キキキ……主人の精神の安定を保つのも使い魔の役目っ……! これは愛情っ……! 愛のムチよ……!」

ムチを振るうルイズは知らない。
自分が引き当てた使い魔が、使い魔の王たる力を身に付けてしまったことを……!


食堂に行き、豪華な食事を前にしても、ルイズは非情であった。

「貴様は使い魔っ……外見がいかに人間にみえても、使い魔は使い魔っ……! 人間ではないっ……犬っ……!
 だから食事は床で食べろっ……! そこで喰えっ……!」

ボロ…… ボロ……

カイジの流す涙が、粗末なスープに落ちた。


(人間としての尊厳っ……それをここまで踏みにじられなくてはならないのかっ……!
 帝愛の強制労働所以下っ……尊厳の剥奪っ……! いっそ、ここから出て行きたいっ……!
 がっ……駄目っ……! ここで食事を取らないことで、体力は落ちていくっ……確実にっ……!
 雌伏っ……耐えろっ……! 生きてこその尊厳っ……!
 そうだ……俺は奴隷だっ……だからこそ、皇帝を刺すっ……!)

カイジは飲んだ。地面に置かれた皿からスープを……! 犬のようにっ……!
と、ぽとりと鳥の皮がスープに放り込まれた。

「くれてやるから、食べろ……あと、皿は手に持って食べていいっ……! 誇りを持て……このルイズの使い魔としてっ……!」

俯くカイジ。かすかに体を震わせている。ルイズはすこし機嫌を直した。

(きっと感動しているのね……主人の優しさに……! ククク……たわいのない使い魔よ……カカカ……)

否っ……断じて否っ……!
カイジは俯いた顔で笑っていたっ……!

(ククク……言ってろっ……ガキっ……!
 俺の誇りは、奴隷は奴隷でも、Eカードのように皇帝を刺す奴隷としての誇りっ……!
 哀れみをかけるならっ……好きにするがいいっ……! 俺の損にはならないっ……!
 俺は皇帝を刺すっ……! それまでは、せいぜい夢を見ていろっ……!)

カイジは胸に入れたEカードにそっと手を当てる。
かつてカイジに悪夢を見せたEカードも、ここでは希望……皇帝を刺すという、カイジの希望そのものであった。


奴隷の心にともった、たった一つの灯火っ……光っ……!
人は、希望があるからこそ、生きることができるっ……!


第三話「食事」終わり


新着情報

取得中です。