あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

第一話 焔の召喚


音素(フォニム)に包まれた惑星オールドラント。星の生誕から終焉までを詠んだ預言(スコア)と、その遵守を絶対の教えとするローレライ教団に支配された世界。
今この時、オールドラントの人々に根付く預言に導かれる世界が終わろうとしていた。
世界を新たな未来に導こうとする栄光の大地で、二つの信念がぶつかり合っている。
世界を根本から正そうとする者、ヴァン・グランツが勝つか。人々の変革を信じる者、ルーク・フォン・ファブレが勝つか。未来の行方が決する時は近い。
その戦いの最中、一人の焔が肉体に与えられた役割を終えようとしていた。男の名はアッシュ。
ローレライ教団が設立した神託の盾(オラクル)騎士団の顔である、六神将の一角だった男。六神将は皆、自分の戦闘能力にちなんだ二つ名を持っている。
アッシュは、その血のごとき頭髪と卓越した剣技から、畏怖を込めて鮮血と称された。
アッシュにはもう一つの名がある。彼の本当の名前、キムラスカ・ランバルディア王国の貴族であるルーク・フォン・ファブレ。
今、オールドラントには二人のルークが存在している。
人や物質を構成する音素。これを有する全てのものに対して、複製品であるレプリカを作るフォミクリーと呼ばれる技術が確立されている。
アッシュはこの技術の被験者(オリジナル)。そして、アッシュが残した道を走るルークこそ、彼のレプリカなのだ。
アッシュはレプリカを憎んでいた。家族と過ごす時間、国のために尽力する時間、未来を共に歩むことを約束した最愛の女性、キムラスカの王女ナタリアと生きる時間、これらは全てレプリカのものとなったからだ。
故に、アッシュはレプリカに自分を求めた。全てを奪ったものに、ルークとして生きることを強要した。
しかし、レプリカは己の願望から大きく外れてしまった。レプリカが男になっていたのだ。
アッシュは許容できなかった。代用品でしかなかった男が自分を持つこと、オリジナルを超えようとしていることにアッシュは大きな衝撃を受けた。
アッシュはレプリカと『ルーク』をかけて決闘を申し込んだ。一騎打ちで全てを決するために。
お互いの生きる意味を賭けた激しい戦闘の結果、アッシュは負けた。今まで、劣化していたと思っていた存在に超えられたのだ。
アッシュはおぼろげながら気付いた。オリジナルとレプリカが違う存在であることに。
行き去るルークを背にし、迫りくる神託の盾のレプリカ兵士と対峙したアッシュは7年ぶりに自分の本当の名を叫んだ。
己の中の、止まった秒針を再び刻むために。はるか彼方に消えた光を取り戻すために。
「お前らの相手はこのアッシュ――いや……ルーク・フォン・ファブレだ。覚悟しな」
一人で相手にするにはあまりにも多い敵の兵力。それでもアッシュは全ての兵を切り伏せた。
しかし、ルークとの激戦直後で体力を大きく消耗してしまっていた。武器として使っていたローレライの剣もレプリカに預け、今は丸腰。それでも、敵の剣を奪って戦い抜いた。
満身創痍で大軍の相手をする。その代償はあまりにも大きすぎた。
「ちょっと……手こずったな……」
体を貫く剣が己の行く末の導となる。全身が、二つ名のごとく、鮮血に染まるなど初めてのことだろう。それは、己の終わりを意味している。
どの道、生きる時間などほとんど残されていない。くたばるのが少し早くなっただけの話だ。
ほっとけば音素が乖離して消える灯。だから、アッシュはナタリアやレプリカ達に道を残そうと命を張った。
そんなことを知ってか知らずか、あのレプリカは死ぬなと言ってきた。アッシュを助けるために命まで捨てようとした。
今も、生きろ、なんて勝手に約束していた。何も知らないくせに偉そうなことをほざいてるようにしか聞こえなかった。
どうあっても守れない約束など無意味だ。謝る時間さえ残されていない。
アッシュは全てを包む深い闇に沈んでいく。
「後は……頼んだ……」
焔が消える。
世界の狂いか、それとも一人の人間の純粋な狂気か、全てを奪われた男の最期の時。
だが、アッシュは穏やかに眠りへと導かれる。最期の最期で動き出した自分を胸に抱きながら。
焔が昇る。やがて焔はもう一人の自分へと降りてゆく。己の生きた証を、思いを乗せて。


「……う……ん」
両の目にかかる強い光はアッシュを覚醒へと促す。
死んだはずの自分に意識があることを不思議と思った。しかし、例外といえる世が一つだけある。つまり、ここはあの世らしい。
アッシュは死後の世界など妄想に近いと思っていた。どうやら、そっちのほうが妄想だったようだ。
目を開いたら、ヴァンか六神将の誰かが覗き込んでる顔でもあるかもな、などと勝手な想像をしながら瞼に光が差し込む。
眩しそうに目を細めて、アッシュは死後の世界の風景に思いを馳せた。アッシュの瞳が静かに開かれる
「は……」
腑抜けにしても過ぎる声が漏れてしまった。ありえない光景が瞳に映し出される。死という絶対の前では決して戻れない世界が目の前にある。
あまりの出来事に、アッシュともあろう男の頭が真っ白になった。
そこにあるのは、かつての同僚であり、敵であった強者たちの姿ではない。
正直、死人が出てきたほうがはるかに楽に身の振りようが容易い。死んだと分かって、それで終わりになるからだ。
アッシュの頭上には石を整然と組み上げて造られた天井が見える。右手の窓は沈む太陽を象徴する橙の光を余すことなく室内に注ぎ込んでいる。
明らかに、ここは人の営みがうかがえる建造物の一室。建築様式から見るにかなり年季の入った貴族の屋敷の可能性が高い。
こんな場所を行き来できるのは生きている人間のみ。だが、死後の世界にも人の営みがある新事実が判明、とも考えられた。
しかし、神経が伝える心臓の鼓動は生きてなければ感じられない。つまり、アッシュは死んでいないということになる。
さすがのアッシュも状況の整理がつかない。
確かに、など、わざわざ確認するまでもない。アッシュの命はエルドラントで潰えた筈だ。
神託の楯の兵士に串刺しにされたというのに、死んでいないのなら、それはゾンビだ。
だが、その身は今も正常に活動している。生きている。ゾンビのように体が朽ちているようには見えない。
「どうなってんだ……これは」
この世の一番の不思議は何か。それに最も適した回答は今の自分じゃないか、と信じ込みそうなほどおかしな事になっていた。
疑問が多すぎて、どこから片付けていいかさっぱり分からない。
半分以上真っ白な頭であるが、それでも、確実に言えることが一つある。
瀕死のアッシュを助け出して、この屋敷に連れ込んだ者達がいる、ということだ。
アッシュは体勢を変えず、腕で体を弄ってみた。傷が傷だっただけに自分の一部とは思えないほど動きが鈍い。
それでも、全身に包帯が巻かれていることは確認できた。ご丁寧に、手厚く治療を施した人物がいる証拠だ。
それが誰かなど考えるまでもない。星の記憶消滅のために自分の超振動を利用しようとするヴァンか、生き残ることを約束しろと言ってきたナタリアやレプリカ達か。
どちらにせよ、くたばりぞこないに手間をかけるなど、余計なお世話もいいことだ。
先ほどと比べ、アッシュの頭も冷静になった。何が起きたかある程度見えてきたからだ。これだけ余裕を持てれば、必ず現れる訪問者への挨拶くらいは考えられる。
ヴァンへ掛ける言葉は考えなくていい。後を任せられたのに失敗しました、なんて敗戦の弁を吐く人間に命を預けた覚えはないからだ。
仮に、ヴァンが勝ったとしても、アッシュはヴァンの計画に賛同する気などかけらもない。ヴァンは反逆する人間を生かしておくほど甘い男ではない。元六神将とは言え、手負いの人間を始末するほど楽な仕事はない。死ぬのがわずかに遅くなるだけだ
アッシュは首を動かし、部屋の扉を探し出した。
暗い顔してレプリカが来たら、憎まれ口でも叩いてやろう。アッシュは、大変珍しいことに、少し笑った。
ナタリアだったら、困ったことにどんな言葉を紡げばいいかアッシュには思い浮かばなかった。気まずいとはこういう時に使われる。
滅多にない困り顔で、アッシュは生の実感を掴み始めている。すぐに消える命と、心のどこかでささやきながら。
さてどうするかと状態を根性で起こして待ち人を待つ。看病がよかったせいか、先ほどと比べ体が軽くなったように感じていた。
窓から外を伺える高さに頭を持っていったら、扉の向こうに人の気配がある。
扉が開かれる。アッシュは心の何処かで、尋ね人の驚いた表情を期待しながら、唇を緩めた。
「おや、目を覚ましたようだね」
人を労わる優しさのこもった声がアッシュの耳に入り込んだ。驚いた表情をするのはアッシュになった。
それも当たり前だ。予想の範疇より外にいる人物が来て、動揺するなというのは難しい。
巨大な木製の杖を持ち、黒いローブを着込んだ中年の譜術士(フォニマー)と顔を合わせた記憶はない。


「いやはや、君が召喚された時はどうなることかと不安だったが、何事もなくて良かったよ」
召喚という聞きなれない単語が気になった。しかし、今はそんなことに思考を割く余裕はない。
「体に異常はないかね。眠っている間、うなされていた時もあった。おかしいと感じるところがあるなら言ってくれたまえ」
どうも、いや、ここはやはりが適切だろう。瀕死の俺を救出して、この屋敷に運んだのはこの男だ。
お優しいことに、熱心に看病までしてくれたらしい。本人の意思か、誰かの差し金かはわからない。おそらく後者が濃厚だ。
「お前は何者だ」
問題はこの男がどこの人間かだ。服装からするに、おそらく譜術士。しかし、マルクトとキムラスカ両国軍の譜術士の正装に見られる特徴が確認できない。
しかし、黒いローブの譜術士はよく知っている。何せ、神託の盾騎士団は譜術士の外衣に黒いローブを採用しているからだ。
この男が神託の盾の兵だとするなら、ここはダアトか、あまり考えたくないことだが、エルドラント以外の根拠を失う。
推測はいくらでも立てられる。だが、今欲しいのは確実な現状の把握だ。
細かい話はこの男の口から聞くことにしたほうが良さそうだ。今はどれほど情報を引き出せるかに集中すべきだろう。
「あなたがおっしゃるとおり、こちらの立場を明かすのが本分でございます。しかし、我々も少々事態が差し迫っておりまして……。
ご無礼を承知で申し上げます。我々はあなたの素性をお伺いする必要があります。なにとぞ御協力願いたい」
俺の心のどこかで何かがずれた。違和感などという、あいまいな表現では表せない。男の言葉は明らかに異質だ。
「何故、俺から名乗る必要がある。俺を知らないはずがないだろう」
俺は神託の楯の特務師団長の任に就いていた。原則として、日の光を浴びない裏の人間だ。教団内部の人間だろうと、知らなくて当たり前な地位にいた。
しかし、今はそれに当たらない。なぜなら、俺を助けたのが誰であろうと、鮮血のアッシュ、それどころか、俺がルークオリジナルであることさえも知っているからだ。
「申し訳ありませんが、あなたがおそらく貴族である以外は何も……」
――貴族――長らく親しみがなかった単語を男が口にした瞬間、突然、男は、はっとなって、口を塞いだ。
俺の心のどこかが揺れ始めた。男の発言の整合性が取れない。俺の過去を知っている人間が何故こんなことを聞いてくる。
「何を言っている。ここはダアトかエルドラントのはずだ」
「ダアト?エルドラント?それは地名ですか?あなたはハルケギニアの貴族ではないのですか」
俺の心のどこかが崩れる音が聞こえた。幻聴と思えないほどの圧力を伴って。
「ハルケ……ギニア……。どういうことだ!オールドラントにそんな地名は存在しないぞ!」
急激に感情が高ぶて、言葉を荒げることを抑えられない。
頭に直接、これは嘘だとささやく声が聞こえる。しかし、それは断じてありえない。
ナタリアだろうと、ヴァンだろうと、こんな回りくどい手を取る必要性など砂粒一つほどの価値もない。
男が目を見開く。向こうも俺と同じことに気づいたようだ。
俺と世界がズレている。


「あ、あなた、もしや……、このハルケギニア以外の地に住む人間なのですか」
ヴァンに誘拐され、奴の部下になった時から、俺は世界中を飛び回った。
おかげで、オールドラントの都市や町はほぼ把握している。大抵の地なら土地勘もある。
ハルケギニアなど、俺のワールドマップには存在しない。惑星の歴史に記されてはいない。
あちらは俺の正体を探っている。いいだろう、包み隠さず話してやろう。
謎だらけの貴様らのすべてを暴いた後でな。
「当たり前だ!今度はこっちから聞いてやる。ハルケギニアとは何だ。俺をここに連れ込んだのはお前らか!答えろ!」
傍目でも男のうろたえが見て取れる。常識の枠を超えた事実を突きつけられれば、こうもなるだろう。
しばらく、まともな返答は期待できないはずだ。せいぜい御丁寧な説明を考えてもらいたいもんだ。
だが、男は思いのほか早く頭の整理ができたらしい。先ほどと比べ、表情が穏やかになった。
「どうも、お互い厄介な事態に陥っているようですね。先に、私の手前勝手な非礼をお許しください」
「いいだろう。だが、詫びとして、貴様らが何者か、そして俺の身に何が起こったのか、包み隠さず話してもらうぞ」
「仰せのままに。我々を知らねば、事の進展は望めそうにもないでしょうから」
永遠に掴めなくなった生がここにある。目が覚めてからは不可解なことばかり起きる。記憶に痕跡のかけらもない単語が降り注いでくる。俺だけ世界の外側にいるような不快感。
まるで、ヴァンに誘拐された直後のようだ。
だが、あの時とは違う。俺と世界の亀裂はこの男の語る内容が払い取ってくれる。俺が今、どこに立っているかを認識できるからだ。
「まずは、簡潔に説明します。あなたは、魔法が世の理をなす世界、ハルケギニアに召喚されたのです。メイジの使い魔として」
亀裂は塞がれなかった。思惑とはまったく逆の作用が働く。地割れに巻き込まれたかのようだ。はるかな天空へと伸びる岩壁に飲み込まれる。
「では、我々の世界からご説明いたします。どうか御静聴を……」


新着情報

取得中です。