あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

使い魔大作戦!-5

使い魔大作戦! 決闘!レポート1

「助かっちゃうなー。ホント」
「いえ、ただの賄い食ですから」

横島脱走未遂事件から数日後。
あれから横島が再び脱走をはかることはなかった。
フレイムから炎のシャワーを浴びた後、ルイズにこってりたっぷり小一時間ほど説教されて懲りた・・・・のではない。
もとよりシバかれ慣れている横島にとって、それらはさほど苦痛ではなかったのだが
説教中、ルイズが口にした「使い魔が主人の命令に逆らい続けると、身体に刻まれたルーンからとてつもない魔力が発生し、使い魔を死に至らしめる」という言葉のほうが大問題だった。
もちろんこれは、あまりに反抗的な使い魔に言うことを聞かせるためのウソなのだが
ルーンによって霊力が抑えられているという実感のある横島にとっては、これほど真実味のある恐ろしい話はなく、泣く泣く言うことを聞かざるを得なくなったのだった。

ここで一生こき使われるのもイヤだが、死ぬのはもっとイヤー!!というわけである

それからというもの、ルイズの態度はいっそう厳しくなり、掃除洗濯はもちろんのこと
自分が授業中魔法に失敗し、教室の窓ガラスや備品などを大量に破壊してしまい
当然のごとく命じられた後片付けも、横島一人にやらせて自分は悠々と食堂へという始末。

その食事の面でも、さすがに一日三食食べさせてもらえるようにはなったが、
ルイズ達貴族はテーブルに並べられた豪勢な食事を
一方横島は、床に置かれた質素な食べ物を這いつくばっての食事。
そう、まさしく犬そのものの扱い。横島が食事のたびに涙を流していたのは言うまでもない。


「そんなことないって、今までの生活を振り返ればとんでもないご馳走だよ・・・うぅ、全部貧乏が悪いんや・・・・」
「ヨコシマさんって本当に苦労なさってるんですね・・・・」

そこにあらわれた救いの女神が、以前洗濯中に知り合った少女、シエスタであった。
食堂の配膳中に、貴族の華やかな食事にまじって、上記のようなスタイルで食事をとる横島を見、あまりに情けな(ry
あわれな姿に、同情を禁じえなくなった彼女が「よければ私たちの賄い食でも・・・」と声をかけたのだった。

もちろん断る道理もなく、二つ返事でご馳走になると言った横島は、今ではこうして
ルイズとともに食堂へは行かず、食堂の裏の厨房で食事を取っているのだった。

「そこで助手の美神さんを救いつつ、颯爽と現れた俺が悪霊どもに言い放つんだ
 {この世に未練を残す気持ちはわかるが、少々やんちゃが過ぎたようだな!このGS横島忠夫が極楽へ生かせてやるぜ!}ってな具合でさ~」
「ふふ、ヨコシマさんはいつもいいところで駆けつけるんですね」
「え?あぁ、それはもうねーハハハ」

賄い食は都合上、シエスタと食べることが多く、食事が終わり手持ち無沙汰になった
横島は、シエスタの時間が許す限り、もといた世界での話を彼女に語って聞かせるようになっていた。
        • 多少の脚色が入ってはいるのだが
もちろんシエスタも話半分で聞いていたのだが。

「あら、もうこんな時間ですね」
「あぁ、給仕の仕事?手伝う手伝う」
「本当にいつもすいません」
「いいって、いいって。働かざるものなんとやらさ」


すでにお約束になりつつある会話をし、二人がイスから腰を上げる。
さすがにただ飯食らいは居心地が悪いと、横島から言い出したことである
しかし、やってみるとこれが意外と大変であり、やっぱ言い出さなきゃよかった、とちょっと思ったのは彼だけの秘密。


さて、場面は食堂に移って
「最近あなたと使い魔クン、いっしょにご飯食べないのねぇ?ルイズ」

ルイズが黙々と食事を取っていると、目の前にぬっと豊満な胸が現れた。
顔を見なくてもわかる、なんとも特徴的な身体である

「キュルケ、なにが言いたいの?」
「うん?だから、また逃げられたのかなーっていうことよ?」
ルイズは心底うんざりした。今日だけでこの質問は何回聞かれ、その説明を何回したであろうかわからない。
それはそうだ、ただでさえこの食堂で一際目立っていた横島がぱたりと姿を見せなくなり
かわりにメイドのあとに引かれて配膳やら食器の片付けなどをやっているのだ。
最初に見たときはあいた口がふさがらず、すぐに横島に追求し事情をはかせたものだ
その後、よくよく考えればそれほど問題があるわけでもないと自分に言い聞かせ
食事以外の場面では従順な態度なので放任している、しているのだが

「シエスタちゃん、こっちは?」
「それは左のテーブルにお願いします」

視界に入るメイドと使い魔を見ていると行き場のないイライラがふつふつと沸いてくる。

「別に、食べたくないって言うんならいいじゃない」
「ふぅ~ん」

キュルケの含みのある言葉を無視しながら、半分ほど残した食事をあとに、席を立とうとしたその時。


「ま、待ってくれ!これは何かの間違いさ!僕は君だけを―――」
「ギーシュ様!ひどいです!私はあなただけだったのにっ!」
「誤解なんだよ、落ち着いて話し合おう、そうすれば・・・」
「その香水はミス・モンモランシーのものじゃないですか!」
「ギーシュ・・・あなたやっぱり・・・!」
「はぅ?!違うんだモンモランシー!」

なんともはた迷惑な痴話喧嘩が勃発していた。
騒動の中心は女たらしで有名なギーシュのようだ。
以前から彼が二股をかけているという噂があった。
大方、それが発覚して相手二人に詰め寄られ、言い訳に四苦八苦する情けない男、という構図だろう

(はぁ、くだらない。年中発情しているのかしら、あいつみたいに・・・)

直後、なんであいつが出てくるのよ!と頭をぶんぶんと振るルイズをよそに
パンっと頬をはたく乾いた音が2度。次いで「しらない!」「さようなら!」
と前者は怒り心頭、後者は涙声の別れ文句が食堂に響いた。
その場に残ったのはギーシュと、先ほどのやりとりに対しての失笑だけであった

しばらく頬を腫らし放心していたギーシュだが、しばらくするとこの惨劇の発端を思い出し、すぐ後ろにいた横島に向かってつかつかと歩み寄る。

「君ぃ・・・・見ての通り僕はすべてを失い、おまけに恥をかいた。どうしてくれるんだい?」
「え?お、俺?!俺っスか?!俺はただ落ちた小瓶を拾っただけで・・・」
「あの時、僕は知らないと言った筈だが?君が適当に話を合わせてくれさえすれば二人の女性は傷つかずに済んだ!違うかい?」


それはほぼ八つ当たりに近い言い分であるのはギーシュ自身もわかっていた。
しかしながら、先ほどの一件で彼はどうにも収まりがつかなくなっているのだ。
今は所謂「貴族の悪い癖」が彼を動かしていた。

だが、時すでに遅し。賄い食という憩いの場を得がても、それなりにこちらの世界の環境などで
ストレス溜まっていた横島にとって、その言い分はあまりにも理不尽かつ腹の立つものだった
彼の中の何かがキれ、悪魔がそっとささやく
モテる奴は敵だ、と

「いいかげんにしろぉぉぉ!!
お前は!お前はなぁ!モテない男の気持ちを少しでも考えたことがあるのかぁー!?
グワーってせまればキャー!とか言われて!変質者扱いされる男のつらさをこれっぽっちでも考えたことがあるのかぁ?!
二股がバレた?!それがどれほどうらやましい境遇かわかっているのか!
女をとっかえひっかえしながらいろぉんなことがしたい!それができずに
妄想の中の女に包まれながら、一人寂しく自分を慰める男の気持ちがわからん鬼畜め!
俺なんか!俺たちなんか一生モテずにカリカリしとけと言うのかぁ?!
ちょっとでも女の子と絡むとYOKOSHIMA化だとか掲示板でぬかすかぁー!!
ええぇ?!どうなんだコラぁ!?」

血の涙を流しながらブチギれた横島の、まさしく魂の叫びというのにふさわしい怒涛の猛攻。
シエスタの中の横島への好感度が下がったことや、食堂にいた一部男子から声援が上がったことは
この際置いておくとして、事態はさらに悪い方向に転んでいた。


「っく・・・・平民が貴族に手を上げるとは、いい度胸じゃないか!」
「・・・・・へ?」

見るとそこには鼻血がだらだらとたらしながら、それを両手で押さえつつ怒り全開といった感じのギーシュくんが
どうやら怒りのあまりギーシュくんをぶん殴ってたらしい横島くん。
ある意味自業自得とはいえ、ビンタ2発にパンチ1発とは、ギーシュ。今日は踏んだりけったりである。

「あのバカ犬・・・」
そして深いため息をつくルイズ一人

「え、あ、あのですね、それはぼくの中のお茶目なぼくが勝手に・・・」
「ますますいい度胸だな君は・・・・!」
一触即発か!、と誰もが思ったその時であった

「その辺にしときなさい、ギーシュ。それとアホ犬。見苦しいわ」

救いの女神パート2である。

「ルイズ・・・?そうか、彼はたしか君の使い魔だったね、たしかに見苦しいな。
さすが<ゼロのルイズ>の使い魔なだけはある」
「あら。特に見苦しいのはあなたよ、青銅のギーシュ?二股がバレて四苦八苦。
 おまけに八つ当たりでうちの使い魔に絡むだなんて」

最初は二人の仲裁。いや、これ以上厄介ごとにならないように横島をつれて帰ろうと
二人に割って入ったルイズであったが、ギーシュの態度にカチンときてしまい
売り言葉に買い言葉となってしまった。


「・・・・使い魔はメイジに似るとは言うが・・・
 いいだろう、使い魔の不始末はメイジの不始末だ責任は君にあるとも言い換えれるね」
「へぇ?だったらどうだって言うの?二股のギーシュさん」

次はギーシュがカチンとする番だ。
ついさっきまではギーシュVS横島の構図だったのが今ではギーシュvsルイズに変わってしまっている
貴族同士、プライドの高い者同士の性というやつであろうか。

「決闘!・・・・と言いたいところだが、貴族同士の決闘は禁じられているし、
いや、失礼。それ以前に君には無理だったな」
「っ!・・・・いいわ!その決闘、受けてやろうじゃないの」
「決まりをやぶるのか?」
「バレれば私のせいにでもなんでもすればいいじゃない。ここを去るのは私だけ、何か問題でも?」
「本気のようだね、いいだろう!明日、ヴェストリの広場で待つ!」


そう言い残すと、ギーシュは足早に食堂から出て行く。
貴族同士の決闘・・・・あまりの事態に、横島の後ろでビクビクしながら様子を見守っていたシエスタは、足の力が抜けその場にへたりこんでしまった。
周りにいたギャラリーもギーシュが去った後も先ほどと変わらず、静まり返っていた


「あ、あのぉ・・・・」


しばらく呆気にとられていた横島だが、自分とギーシュに割って入る形で立ち尽くしている
ルイズが気になり、おもむろに声をかける


「・・・・あの、ルイズ・・・様?」
「・・・・聞こえてるわよ。大丈夫、ちょっと考え事してただけ」
「あ、そうですか・・・・って、ホントいいんスか?俺なんかの為に決闘なんて」
「勘違いしないで。これは私のプライドの問題よ。あそこまで言われて引き下がるなんて、それこそいい笑いものよ」
「そ、そうっスよねー。あの爆発魔法さえあればこわいものナシ!って感じですもんねーハハハハ」

学校を去るとかどうとか言っていたがそれは大丈夫なのだろうかと思いつつ
自分に対しての怒りはないんだな、とホッとする横島。
そんな彼に「爆発魔法」という言葉に対して、ルイズが拳をギリっと強く握り締めていることに気付けという方が無理であった。

「は? なに言ってんの?直接戦うのはあんたじゃない」

「・・・・・・・・今なんと?」

「だから、ギーシュのワルキューレと戦うのはあんたよ」

「・・・・・・・・」

「・・・・なによ?」

「ウソだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

魂の叫びパート2

新着情報

取得中です。