あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

虚无(ヤク)い使い魔-01


何十年…たとえ何百年かかろうと必ずお前の元に帰るから...待っていてくれ
「宇宙の果てのどこかにいる、私の下僕よ! 強く、美しく、そして生命力に溢れた使い魔よ! 私は心より求め、訴えるわ。我が導きに応えなさい!」


爆発の黒煙が薄れた時、そこに現れたのはどう見ても平民であった。
いや単なる平民であるならまだしも、ボロボロの薄汚れたその身なりは物乞いか浮浪者のそれである。
「見ろ、平民だ!ルイズが平民を呼び出したぞ」
 その声を皮切りに、辺りには笑いの渦が巻き起こった。
「こいつぁヤクいぜ! まさか平民を呼び出すとはな」
「何あの小汚い格好... 浮浪者じゃない?」
「浮浪者?! こ...怖い」
「ゼロのルイズの使い魔は乞食じゃねーか!」



「み、ミスタ・コルベール!」
ルイズは泣き出しそうな顔で必死に訴えた。
「もう一度!もう一度召喚させてください!」
 コルベールと呼ばれた中年の男は少し困ったような顔をすると、ルイズを見ながら言った。
「この春の儀式は単なる召喚の儀式じゃないんだ ミス・ヴァリエール。 今後の属性を固定し、進路を選ぶ意味も持っている...一度召喚した使い魔を変更することはできない」
「そんな! 人間の...平民を使い魔にするなんて聞いたことがありません!」
「これは伝統なんです、ミス・ヴァリエール。例外は認められない。」



召喚された平民、年のころは集まっている生徒たちと同じくらいであろうか? 
男は少々戸惑っていたが、辺りをキョロキョロと見回すと歓喜の声をあげた。
「ヤっりーーーーィ! ついに戻ってこれたぞ!」
そう言ったかと思うと興奮した調子でルイズの両手を握り激しく振った。
「アンタが助けてくれたのか? 感謝するぜ! ところでココは……どこなんだ???」
何かに気づいたように急に冷静になると一転して男は顔をしかめた。 細い目がさらにせばめられまるで糸のようだ。
「ちょっと何なのよ! だいたい私はあんたを助けた覚えなんてないわ、あんたは使い魔として私に召喚されたのよ」
「へっ? ......えーと...悪いけどもう少しもう少し詳しく説明してくれないか」


「だからこれから私に仕える使い魔を召喚したらあんたが呼び出されたのよっ!どうせならドラゴンとかグリフォンが良かったのに...」
「う、う~ん? つまり...?」

やりとりを見ていたコルベールが割って入って男に状況を説明した。
──ここがハルキゲニアと呼ばれる世界のトリステイン王国だということ、
──集まっている少年少女たちはこの学園で魔法を学ぶメイジの卵だということ、
──そして使い魔召喚の儀式と男が呼び出された理由、

(はぁ...つまり、やっと異空間から抜け出したと思ったら、異世界に飛ばされちゃったわけね...けどまぁ)
男にとっては悪い話では無いのである。
ここが彼の世界では無かったにしろ光の中を延々と漂っているのに比べれば、よっぽど元の世界に帰る手がかりがつかめると考えたからだ。
それに彼にとって異世界に飛ばされるのはこれが最初ではない... そう今度もきっと...帰れる。

「話は一応分かったケド...俺はここにとどまり続けることはできないんです。俺のことを待っていてくれる人がいるから、帰る方法を探さなきゃいけないんです」
「うーむ、しかし今はとりあえずミス・ヴァリエールと契約していただけないでしょうか? 現時点ではあなたを故郷へ帰す方法が分からないのです。 しばらくはミス・ヴァリエールの為にも彼女の使い魔として学園に滞在してください
その間に我々もあなたが帰る方法を探しましょう。何しろ人間の使い魔などはじめてなもので」


(人間...まだ人間じゃないけどね... まぁいいか、おかげでサンハーラの光から抜けられたわけだし、恩を返さなくちゃいけない。 そしてゆっくり帰る手がかりをさがそう)
「ちょ..ちょっと! なにを勝手に結論出してるのよっ!」
先ほどから叫んでいたルイズを置いてきぼりにし、どうやら話がまとまったようだ。

「そういう訳で君の使い魔にさせてもらおうかな。 俺は何をすればいいの?」
「アンタね!もぅ...ホンットに...感謝しなさいよっ...! 貴族にこんなことされるなんて本来だったら一生ありえないんだから!」
そういうとルイズは涙目で男に口づけをした。
見るからに浮浪者の男に唇を重ねるというのは耐えがたい屈辱だった。

「痛っ・・・」男の右手に痛みが走った。
様子を見ていたコルベールが安堵したように言う。
「とりあえずこれで契約完了ですな。 えーとルーンは...... 右手に...おやっ?額にも?!」
「えっ?!いやこっち(額)のは、何ていうか気にしないでください」
「う、うむ...だが一応メモをとってもかまわんかね?
 両方とも見たこともないルーンだ...」
「分かりました。これからお世話になりますしできる限りは協力します。」


「よし、みんな契約完了ですな。 これにて解散」
コルベールが宣言すると、集まっていた生徒たちは皆空中へ浮かびあがった。
「ルイズ~お前は歩いてこいよ~w」
そんな野次に歯をくいしばりながらルイズは言った。
「ほら! 私たちも行くわよ、ついてきなさい」
男は空を飛ぶ生徒たちを見てしばらく呆気にとられていたようだったが、
その一言でルイズの後をついていった。
「そういえば、まだ名前を聞いてなかったわね・・アンタ名前は?物乞いにも名前くらいはあるんでしょ?」
(も、物乞い ?!!)
男は一瞬ショックを受けたが自分の身なりを見直して仕方なさそうに納得し、言った
「俺は八雲、藤井八雲だよ」
「フジイヤクモ?変な名前ね。 私はルイズ
ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールよ。」



新着情報

取得中です。