あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

毒の爪の使い魔-08


”氷嵐”<アイスストーム>の威力は凄まじく、ジャンガを飲み込むだけに止まらず、その周辺の地面を抉り、宙へと巻き上げた。
巻き上げられた土砂は片っ端から冷気によって凍りつき、土煙の中で太陽の光を反射し輝きを放つ。
それは見ている者を釘付けにするほど美しく、攻撃の魔法だと言う事を忘れてしまいそうになる。
そんな幻想的な光景を作り出している”氷嵐”は、飲み込んだジャンガを容赦無く切り刻む。
その様子を”氷嵐”を詠唱したタバサはただ静かに見つめていた。
やがて、”氷嵐”はその勢いを衰えさせ、消滅した。
後には時折キラキラと輝く氷の欠片が混ざり濛々と立ち込める土煙と、沈黙だけが残った。

決着がついても誰一人として動けなかった。”氷嵐”の美しさと威力に目を奪われた事もあるが、
それ以上にその魔法を詠唱したタバサの実力に驚いた事が大きい。
普段ボーっとしていて、読書ばかりしている彼女がここまで強力な魔法を使うとは誰も夢にも思っていなかった。

親友であるキュルケですら、今の”氷嵐”の威力には面食らっていた。…あの子、こんなに強力な魔法を唱えられたの?
(あの威力…どう見てもスクウェアに匹敵するじゃない…)
タバサのランクは彼女と同じトライアングルだ。だが、今のトライアングルスペルはスクウェアの威力を持っている。
何時の間にあれほどの実力を付けていたのだろう?それとも、敢えて隠していたか?
彼女の性格を考えれば、目立つのを嫌って後者であろう。

やがて、土煙が晴れてくると視界が開けてきた。
そこにはズタボロになり、半死半生のジャンガの姿が――在る筈だった。

「え?」

タバサの顔に始めて驚愕の表情が浮かぶ。そして、それはその場に居た全員がそうだった。
土煙が晴れた後には砕け、凍り付いた地面と氷が融けた跡であろう、水溜りがあるだけだ。
――肝心のジャンガの姿が無い。今の”氷嵐”で跡形も無くなった……とは考え難い。
しかし、あの怪我で今のタイミング、かわす事は出来なかった筈だ。

なら…ジャンガは何処に?――そう思った時である。


「キキキキキ……楽しませてもらったゼ?」


タバサを嘲笑うかのように、あの笑い声が聞こえてきた…。


タバサは反射的に、その笑い声の方に顔を向ける。他の生徒達も全員がその方へ、一様に顔を向ける。
決闘の場から少し離れた場所……そこにジャンガは立っていた。
驚愕の表情を浮かべるタバサを見て、ニヤリと笑う。
「ほゥ?おめェでもそんな顔をするんだな…、こりゃ傑作だゼ!」
そんなジャンガの言葉にタバサは我を取り戻し、鋭い視線を向ける。
「解らない」
「あン?何がだ?」
「今のを避ける事は出来なかった筈。それだけじゃない、貴方は既に怪我を負っていた。
なのに…その傷が何処にも見当たらない」
タバサの言葉にキュルケとルイズも同意だった。
そうなのだ…例え運良く”氷嵐”を回避できたとしても、ジャベリンで付いた傷までは無くならない。
それなのに、ジャンガは血の一滴も垂らしておらず、尚且つ服も特に乱れた様子は無い。
自分は…いや、この場に居た誰もがジャベリンに突き刺されたジャンガの姿を目撃している。
それにあれは分身などではない、紛れも無い本物だった筈だ。
…なのに、どうして?

「ああ…その事か」
タバサを見ながら、悩むほどの事か?とでも言いたそうな顔でジャンガは言った。
「別に簡単な事さ…、あれは俺の”分身”だ」
「!?」
タバサの顔に再び驚愕の表情が浮かぶ。分身…?実体を持っていたあれが分身?
実体を持っているだけではない、あれは自分と話をしていた。本物となんら変わりなかったと言うしかない。
そう…まさに風のスペル『偏在』<ユビキタス>その物だ。
だが、相手は亜人でメイジではない…、とすれば――
「貴方、先住魔法が使えるの?」
「先住魔法?…キキ、そんな物は知らネェなァ~?」
ジャンガが笑うと、その背中から別の人影が現れる。その人影もジャンガだった。
新たに現れたジャンガはゆっくりと最初に居たジャンガの右横に並んだ。
見た限り、先程の分身と大差は無い様に思える。
「これが今しがた、テメェの魔法を受けた分身だ」
新たに現れたジャンガが口を開いた。その流暢な喋りは分身とは到底思えない。
腹話術でもしているのかと思えば、ジャンガ本人は笑みを浮かべながら黙ったままだ。口を動かしている素振りすらない。
どう言う仕組みなのか解らず、タバサやギャラリーが困惑していると、また一体、別の分身が現れる。
今度はその分身が口を開く。
「キキキキキ、”こっち”で分身がどう取られているかは知らねェがよ……この分身は俺の切り札さ。
数多く作り出し、相手を翻弄するだけのただの分身と違い、こいつは本体と何ら変わりネェ」
本体の背後からまた一体、分身が飛び出す。空中で一回転して着地するや、立ち上がると口を開く。
「俺の意思一つで自在に動かせる上に、最高で三体まで作り出せる」
そこまで話すと、分身は横に移動する。分身の背後のジャンガ本人の姿が見える。
口の端を吊り上げ、ニヤリと笑う。
「キキキ…、こいつを切り札にしてる理由がよ~く解るだろう?」
タバサは平静を装いつつも、内心は驚きと焦りを抑えられなかった。
過小評価をしていた、としか言いようが無い。まさか、『偏在』とほぼ同等の分身の術を扱えるとは思わなかった。
あのスピードを持つ、分身三体を含んだ四体による同時攻撃を受けたら、捌ききれるか分からない。

一方、ジャンガも小馬鹿にした態度の裏側では、自身の事で疑問を感じていた。――切り札の分身だ。
実は本来、この分身は”数を増やすと操作の制限を受ける”のである。
距離を離しても、自身と全く変わらぬ動きをさせられるのは一体の時だけだ。
二体の場合、距離が開き過ぎてしまうと、その操作が利かなくなってしまう。
三体にすると最早距離に係わらず、全く同じ動きをさせるのは不可能であり、
飛び退いて突撃する、順に跳び上がり相手に跳びかかる、等と言った単純な動きしかさせる事が出来ない。
本来ならば、喋らす事も出来ないはずなのだ。
にも係わらず、あの時分身は自分の言葉を喋っていた。冗談半分でやってみたら、分身がその通りに話したのだ。
今も目の前のガキ共に解説してやった時も、実験のような意味合いで、分身を作り出して喋らせたのだ。
一度に三体全員に喋らす事は出来ず、分身に話させている時は自分は話せない。
また、喋らす事に関しては制限を受けているが、その他の操作に関してはまるで問題が無い。
無論、距離を離してもだ。
――いよいよジャンガは気になってきていた。
分身だけでない、カッターや毒の爪等の武器の破壊力と切断力。足の速さや跳躍力など、純粋な身体能力も強化されている。
正直、”向こう”に居た時とは比べ物にならない力を自分は得ている。何が原因なのだろう…やはり召喚か?
…疑問は尽きないが、とりあえずはその問題は置いておく事にする。



「さてと……お遊びはここまでだゼ…」
そう呟くと、三体のジャンガが瞬時に移動し、タバサを取り囲む。
ニヤリと笑い、人がパチンと指を弾くように器用に毒の爪を弾いた。
同時に動き出す三体のジャンガ。爪を振りかざし、三方向から襲い掛かる。
タバサはかわすべく、フライの呪文で飛び上がるが、そこへ明後日の方向からカッターが飛んできた。
身体を反らし、寸での所でかわす。…カッターに触れた髪の毛が数本、宙を舞う。
カッターの飛んで来た方向へと目を向ける。爪を構えて笑うジャンガが見えた。その場から動いていない、おそらく本人だろう。
再び爪を弾くジャンガ。空中のタバサに二体分身が跳びかかり、爪を振るう。
地面へと急降下し、着地する。それを待っていたとばかりに、もう一体の分身が襲い掛かる。
爪の連激をかわしつつ、タバサはジャベリンを放った。ジャベリンは分身の身体を貫くが、その程度では消えないようだ。
ジャベリンを突き刺したまま、休む事無く攻撃を続ける。
そこへ他の二体も加わり、タバサへの攻撃の手は激しくなる一方だ。

防戦一方なタバサをニヤニヤしながら見つめるジャンガ。
「キキキ、どうしたどうした?さっきから逃げてばかりじゃねェかよ。さっき分身を潰した時の余裕は何処だァ?」
相手に余裕が無いのを知りつつ、タバサを挑発する。
そんなジャンガにルイズとキュルケの抗議の声が飛んだ。
「何威張ってるのよ!?分身に戦わせて、アンタはただ見てるだけじゃないの!」
「どう見ても4対1じゃない、こんなの卑怯よ!決闘なのに、正々堂々と戦えないの!?」
うるさそうにジャンガは二人を睥睨する。
「うるせェよ!卑怯は俺の専売特許、チャームポイントさ。勝てれば何でもいいんだよ、戦いってのはそういうもんだ。
それに数で戦うのが卑怯なら、さっきのキザ野郎も卑怯じゃねぇかよ?まァ、弱かったけどな…キキキ」
笑いながらジャンガは視線をタバサに戻す。

三体の分身の猛攻にタバサは勝機を見出せず、防戦一方だった。
三体の連携は非常に優秀で、それぞれの攻撃の隙を別の分身の攻撃が見事にカバーしている。
おまけに攻撃の速度も同等である為、かわす事に集中しなければすぐにでも一撃をもらってしまいそうだ。
さきほどのジャベリンで貫いた分身を減らせなかったのは本当に痛い。
どうすればいい…、どうすれば…。タバサは攻撃をかわしながら、必死に考えた。
――やはり、あれしかないだろう。考え抜いた末、タバサはその結論へと達した。
目の前の分身の相手をしていても自身が消耗するだけ…、ならばそれを作り出し、操る大本を叩くしかない。
…狙うは本体のジャンガ、ただ一体。
すぐさま、頭の中で作戦をシミュレートし、タバサは呪文を唱えると、その場から飛び退いた。



離れた場所へと降り立ったタバサは、丁度ジャンガと真正面から向かい合う形になった。
対峙する雪風と毒の爪。
すぐさま分身がジャンガの前方に壁を作る。
タバサは杖を握る両手に力を込めた。――チャンスは一回……失敗は許されない。

「キキキキキ、そろそろお別れの時間だぜ?」

楽しそうに笑うジャンガが爪を弾く。

駆け出す分身。

それを迎え撃つように分身へと駆け出すタバサ。

タバサの行動に驚き声を上げるキュルケとルイズ。

三体の分身が一斉に躍り掛かる。

タバサは片手でマントを外し、それを前方に大きく翻した。

翻されたマントにタバサの小柄な身体は隠れ、一瞬姿を消す。

三体の分身は目標を見失い、爪はマントを切り裂く。

切り裂かれたマントの先に、小柄な少女の姿は既に無い。

僅かに生じた隙を見逃さず、タバサは分身の網を掻い潜っていた。

目を見開くジャンガ。

カッターを放とうと爪を振り上げる。

しかし、タバサが杖を構える方が早かった。

僅かな時間で完成させた呪文を解き放つ。

ジャベリンが飛び、ジャンガの腹部を貫いた。



ジャンガが爪を弾いてからジャベリンがジャンガに突き刺さるまで、時間にして約5~6秒ていどだ。
だが、タバサやその場で見守っていた生徒達には永遠にも思える長い時間に感じられた。
そんな極限状態から開放され、タバサは荒く呼吸を繰り返した。
ジャベリンに腹部を串刺しにされたジャンガが苦痛に顔を歪めるのが見える。今度こそ勝った、誰もがそう思った。
だが、その時タバサは見た。――ジャンガが苦痛に歪めた顔を一転させ、馬鹿にするような笑みを浮かべるのを。

「タバサ!危ない!!!」

――親友の声が聞こえたと思った瞬間…、タバサの背中は大きく切り裂かれた。


新着情報

取得中です。