あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

8マン・ゼロ-00


8マン・インフィニティより東光一とダイを召喚
8マン・ゼロ

「忘れるな、君は一人じゃない」
男は言った。ぼろぼろの体で。
「東・・さん・・・」
少年は、瞳に涙を溜めたまま男の体を抱きしめた。
そのとき、男の体は崩れ、破片も残すことなく消え去った。
沈み行く空母の上で、かつて「8マン」と呼ばれた男が姿を消した。


「コレカラドウスルンダ、コウイチ?」
少年・・東光一は、自分に話し掛ける存在を見やった。そこには、人はいない。
そこにいるのは、空母ダビデでの戦いで、その命を散らした少女、7thマシナリー「ルシア」のサポートマシナリー「ダイ」であった。
「ジェネシスノ大部隊ガコチラニ接近シテイル」
「・・・・決まってるだろ。戦うさ。ダイ、お前はどうするんだ?ルシアは・・・もういない。」
光一はそう言って、俯いた。かならず助けると言っておきながら、結局はルシアを助けられなかった。
「ワカッテイル。ルシアハモウイナイ。シカシ、〈ルシア〉ハオマエヲ守ッタ。
〈ルシア〉ノ大切ナモノハ、ダイニトッテモ大切ナモノ。ダカラダイハオマエニ付イテ行ク・・・ソレニ」
ダイは言葉を続けた。
「ルシアノコトヲ悔イテイルノナラ、セメテ〈ルシア〉ノ死ガ無駄ニナラナイ
ヨウニ生キルベキラ・・・」
「・・・そうか、そうだったな。ありがとう、ダイ」
光一はダイに向かって微笑んだ。
「・・・気ニスルラ」
ダイはそっぽを向いた。おそらくは顔を真っ赤にしているのだろう。
「じゃあ、行くか・・・」
「アア」
8マン・・・東八郎の意思を次ぐため、否、この世界を救うために・・・
いつも歌を聴かせてくれた、ルシアの想いに報いるために・・・
それぞれの想いを胸に、光一とダイは駆け出した。
そして、その瞬間、光一とダイの体は光に包まれた。そして、消え去った。
空母ダビデが存在していた海上には、ダビデの残骸のみが漂っていた。


「宇宙の果てのどこかにいる私の僕よ!神聖で、美しく、そして強力な使い魔よ!私は心より求め、訴えるわ!我が導きに答えなさい!!」


新着情報

取得中です。