あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

虚無に響く山彦-前編


彼女、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールが初めて"彼"と出会ったのは、春の使い魔召喚の儀式の場である。
度重なる失敗の末ついに成功した『サモン・サーヴァント』によって、彼はルイズの使い魔として召喚されたのだ。

土がえぐれ砂煙が立ち昇る大地に横たわる青年を見るに及んで、
魔法成功の歓喜に浸る間もなくルイズはしばし呆然とし、そして落胆に沈んだ。
己の呼び出したものはドラゴンやグリフォンなどの幻獣でもなく、ワシやネコなどの獣ですらない、人間それも姿からして平民である。
雑用係としてなら役にも立つであろうが、使い魔としての用をなすであろうか。
いや、魔法も学もない平民がやり遂げられるはずがないだろう。
心中に沸き上がる困惑と周囲から叩き付けられる野次に身を震わせつつルイズが近寄ると、彼は目を覚ました。
半身を起こした使い魔の青年は、若々しい薔薇色の頬に貴族の公子のような平民とは思えぬ優雅さを漂わせていた。
ただ眼ばかり寒夜の星を思わせる冷たさがあり、その視線にルイズは息を呑んだ。
しかしそこは生まれついての一流貴族であるルイズ、気圧されることなく『契約』を交わした。
次の瞬間、左手に焼け付くような激痛を感じてルイズは苦悶の叫びを上げた。傍らを見やれば使い魔の青年も同じく左手を押さえている。

これこそ彼が持つ、極限までの練磨と不乱の一念が極まるところに生じる破天の業の一端であるのだが、
当時のルイズは感覚の共有であろうとあたりをつけ、熟慮することは無かった。

前例なき平民の使い魔の出現や、謎のルーンと召喚者にも及ぶ痛みなどの異様を呈したが
なんとか使い魔召喚の儀式は幕を閉じ、ルイズ自身も落第の憂き目を免れた。

彼は使い魔として──まあ、内容は雑用が主だが──よく働いた。
召喚の儀式の帰途にエド、ナガサキ、キリシタンなどの意味不明の言葉を彼が投げかけて来た時は困惑したが、
魔法学院のことやハルケギニアのことをルイズが話すうちに黙りこんでしまった。
そしてルイズが彼をここに呼び出したことや使い魔のことを告げると、
しばしの思案の後に彼女を主人として仰ぐことを彼は誓い、そして彼は自身の名をルイズに告げたのだ。

「わたしの名は天草扇千代と申しまする」

それからはルイズの身の回りの世話も、失敗魔法の後始末も、床で寝ることもセンチヨは諾々と従った。

「平民の使い魔も悪くないじゃない」

ルイズは彼という存在にそれなりに満足していた。
召喚した日は動揺のあまり気付かなかったが、彼の凛冽とした美貌もルイズの優越感を後押しした。

ルイズにとって悠々とした日々が続く中、その事件は起きた。
センチヨがギーシュと決闘をすることになったのだ。
理由はギーシュが落とした香水の壜を彼が拾って渡したところ、
そこからギーシュの二股がばれたとかいうお粗末なことおびただしいものだった。
ルイズが騒ぎを聞きつけた頃には、既にセンチヨとギーシュはヴェストリの広場で対峙していた。
ルイズは止めようとした。彼と過ごした時間は両手指の内に足りる日数であったが、
彼の存在は学院に心許せる者が殆どいないルイズにとってかけがえのない存在になっていたのだ。
哄笑を上げつつギーシュが杖を振るってワルキューレを造り出し、センチヨに向けて突貫させようとした。
センチヨはというと、遊山に興じるかのようにそれを眺めるだけ。
次の刹那、ギーシュのニヤけた表情がひきつれ薔薇の造花を取り落とした。
決闘の場だというのにいきなり腕を押さえて屈んだのだ。無論両者の間にいかなる物体の交流もない。
同時にセンチヨは怪鳥のように跳躍して一息に間合いを詰め、佩いていた細見の曲刀をギーシュの首筋に突きつけていた。
「ま、参った」
静まり返った広場にギーシュの降参の声だけが、細く長く降り落ちた。

センチヨは尋常ならざる能力を持っている。ルイズはそれを初めて目の当たりにしたのだ。
ルイズは彼を問い詰めた。それは如何な力なのか、何故秘密にしていたのかを。
だがその時の彼は黙して語らなかった。ルイズは彼との間に決定的な、分かり合えぬ冥漠とした隔たりを感じた。
その後、彼に決闘を挑む貴族が何人かいたが、何れもギーシュのように杖を取り落として敗れ去った。
ルイズはギーシュを含めてそれらの貴族達に敗北時の様子を聞いた。
そして皆一様にこう答えるのだ、『体に刃物を突き立てられるような激痛を感じた』と。

ある時、学院内に土ゴーレムと共にフーケが現れた。
己の使い魔に遅れを取ることをよしとせず、毎夜の特訓に打ち込んでいたルイズはちょうどゴーレムが塔を拳で打つ場面に行き会った。
迷うことなくルイズは失敗魔法で攻撃した。
騒ぎを聞きつけたキュルケとタバサが援護に現れるも、自在に変幻する土の前にトライアングルメイジである彼女達も責めあぐねる。
そして土ゴーレムが地に立つルイズに拳を振り下ろそうとした時、
何処よりか風を巻いて馳せ寄ったセンチヨが彼女を抱え、死地から救い出した。
賊を前にして逃走する形になったルイズは彼の腕の中で抵抗した。その姿に笑みを浮かべたセンチヨは彼女にこう言った。

「ルイズ殿、今より我が忍法の一端をあなたにお見せ仕る」

彼は己の喉笛に手をかけた。傍目から見ても、そこに万力の如き力が込められているのがよくわかった。
同時に土ゴーレムの上に立つ人影が喉を押さえて悶えた。
人影は不可視の炎に炙られるかのように身を震わせ、集中が切れた為に瓦解し土の瀑布と化したゴーレムと共に大地に墜落していく。
後に残った砂山の上には失神したミス・ロングビルが横たわっていた。彼女こそがトリステイン中に悪名轟かす土くれのフーケであった。
直後にルイズは扇千代より初めて“忍法”という言葉を説明された。
ついでに言うと、この頃からセンチヨは常にルイズの傍らにいるようになった。

手紙回収の任を負ってアルビオンに赴いた時。
ルイズに追従した立場であったにも関わらずセンチヨは率先して働いた。
元々の忍術・体術にガンダールヴの力が相乗したセンチヨは闇中に入れば影の如く潜み、
灯下に身を躍らせれば剣光を散らして敵対者を斬り倒す。賊や女神の杵亭に押し入った傭兵はまるでセンチヨの敵ではなかった。
再び現れたフーケや謎の仮面の男もセンチヨの"忍法"の前に杖を落として敗れた。
そしてニューカッスルの礼拝堂、本性を顕しルイズを殺そうとしたワルドの前にセンチヨが立ちふさがった。
ワルドに強かに痛めつけられたルイズは、薄れゆく意識の中でそれを見届けた。
入り乱れて乱舞するワルドとその偏在。対するセンチヨは、慌てることなく己の両瞼の上に刀身を滑らせる。
次の瞬間、五人のワルド達はうめきつつ両目を掌で覆った。
死線に切りこんだ間隙をセンチヨは瞑目したままでありながら逃さない。
長刀とデルフによる剣撃の前に偏在は風に消え、本体のワルドも左腕を落とされ遁走した。

気絶したルイズが気付いた時、眼下に炎と黒煙に彩られながら落ちゆくニューカッスル城が見えた。
それを背に雲海に飛び立つ風竜の上で、センチヨはルイズに全てを打ち明けた。
自分のこと、自分のかつていた世界、そこで繰り広げられた三つ巴の壮絶な死闘。
彼の腕の中で聞くそれらの話は到底信じられぬことであったが、ルイズは信じた。

蒼穹に走る風が髪を揺する中、ルイズは眠り込んで夢を見た。

煙霧にぼやける水平線が遠く見える大海に小船がたゆたう。紺碧の天球には寒々とした星が瞬いている。船に座るのは幼い頃のルイズ。
中空から風のように現れる子爵様はもういないという実感と、寂寥と孤独の冷気に少女は身を震わせて泣いた。
そこへ模糊たる海面を渡って誰かが近づいて来る。藍色の大気を裂いて船に跨ぎ入った青年は溜息して、微笑を浮かべた。
「探しましたぞ、ルイズ殿」

ルイズの心にはセンチヨが住み始めていた。
この頃から既にルイズの胸に、センチヨへの、使い魔に対する以上の淡く熱い想いが蕾を結み始めていたのかもしれない。

それからのセンチヨはずっとルイズの前に居た。
アルビオン軍がタルブの村に攻め寄せた時も、蘇ったウェールズとアンリエッタが杖をルイズ達に向けた時も、
アルビオンに上陸する時も。センチヨは打ち寄せる害悪を巌のように受け止め、その全てをルイズから遠ざける。
信頼に裏打ちされたセンチヨの行為にルイズも答え、己の果たすべき役目、虚無の詠唱を紡ぎあげ艱難を打破する。
それはまるで、二人の間に思念の山彦が響きあうようであった。

ロサイスに向けて七万の軍勢が歩を進める。
ルイズは殿軍としてそれを食い止めるよう命令された。撤退、降伏を認めぬ死守命令であり、生還は不可能。
恐怖に歯の根が合わず、臓腑が体内で捻れているような嘔吐感が沸き上がる。
だが、真の恐怖を生み出す根源は自分に付き従うであろうセンチヨの存在だった。
彼の死。想像するだけで心臓の鼓動が早鐘の如く満身にどよもし、筋骨がまるごと氷柱と化したかのような怖気が走る。

ルイズは人気の無い寺院の前にセンチヨを呼び出した。
「センチヨ、逃げて。わたしにつきあうことはないわ。あなたはもう道具として使われる忍者じゃない。
二度も死ぬなんてことしなくていい、いや、しちゃ駄目なの。だからお願い、どこか遠くに逃げて・・・」
それだけをセンチヨに言うとルイズは逃げるように踵を返した。
本来なら相手の返事を聞いてから移るべき行動だが、その言葉が肯定、否定のいずれにしても、
それを受け止めるのはルイズには辛すぎた。
ルイズは駆け出そうとしてセンチヨに肩を捕まれた。
声を出す間もなく、振り向かされたルイズの顔にセンチヨの顔が重る。
真に重なったのは唇同士、およそ春の儀式の際に交わした『契約』とは比べられぬ程に甘やかで深く熱く、そして物悲しい交わりであった。
唇が離れると共に彼に何か言おうとしたルイズは、強烈な眠気に襲われそのまま夢寐に意識を沈めた。

意識を失う前までの彼との思い出が車輪の如く脳裡を走り抜け、音も無く止まる。

「・・・・・・センチヨ!」

魂を掻き毟るようなルイズの絶叫がアルビオンの空を翔る。
涙が絡んだ上に、何度目の絶叫になるか喉が枯れているようで、彼女の愛らしい声は砂利が混じったような響きをまじえている。
ルイズが目を覚ました場所は寺院の前ではなく、出航するレドウタブール号の甲板であった。
兵士の言によれば、センチヨはただ一人で七万の軍勢が大挙する丘に向かったのだ。
話を聞くやルイズは狂気の如く柵に駆け寄り、飛び降りようとした。
同乗していたギーシュとマリコルヌが止めなければ、五体は大地に叩きつけられていただろう。

「無理だよ!下にもう、味方はいないんだ!」
「センチヨが行ってからもう丸一日経ってるんだ!君が戻ってなんとかなる状況じゃない!」
「おろして、お願い!二度も死ぬなんてあんまりだわ!センチヨ!」

絶叫は山彦響かぬアルビオンの空に無惨にも消えた。


新着情報

取得中です。