あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの写輪眼-2


 イタチは自分の名を言うと共に全身に力をこめた。……弟のことを考えれば今すぐにでも自分の手で命を絶つべきなのかもしれないが、今は状況が見えなさ過ぎる。
自分の身に何が起きたのかを知るまでは、様子を見ることに腹を決めた。
 しかし予想に反して、少女は何の反応も見せなかった。むしろ、
「なんで、なんで私が呼び出した使い魔がこんなのなのよ!」
 と不満げに愚痴を漏らしている。だがその反応に、イタチは眉を上げた。
(……俺のことを知らない? それに使い魔だと?)
 自分で言うのもなんだが、『うちはイタチ』の名は各国に名が知られすぎている。属している組織、『暁』のせいもあるのだろうが、何より自分がしてきたことがあ
まりにも罪深すぎる。手配帳も人相書きも出回っているはずだし、この反応はどうもおかしい。しかも使い魔とはどういう意味だろうか? まさか、口寄せの術で呼び
出される者たちのことを言っているのだろうか?
「ルイズ、『サモン・サーヴァント』で平民呼び出してどうするの?」
「しかも妙な格好をしているし。さすが『ゼロ』のルイズだ!」
 イタチがそこまで考えたとき、周囲の人垣から目の前の少女に向かってそんな声がかかってきた。少女、ルイズというらしい、は顔を真っ赤にして
「ちょ、ちょっと間違えただけよ!」
 と反論した。
「ミスタ・コルベール! もう一回召喚をやり直させてください!」
そして、人垣の中にいるローブを纏い、大きな杖を持っている禿頭の中年男に向かって叫ぶ。しかし男は首を振った。
「だめです。ミス・ヴァリエールも知っているでしょう? 春の使い魔の儀によって現れた『使い魔』で今後の属性を固定し、それにより専門課程へと進みます。一度
呼び出した『使い魔』は変更することができません。なぜなら春の使い魔召喚は神聖な儀式だからです。好むと好まざるに関わらず、彼を使い魔にするしかないのです。
……それより早く、『コントラクト・サーヴァント』を済ませてしまいなさい」
「? ミスタ・コルベール?」
 突然変わった口調にルイズという少女は困惑した体だ。しかしコルベールはこの上なく真剣な顔をしており、視線はイタチに向けられたまま動かないでいた。
 ルイズはその様子に首をかしげながら、同時に顔を真っ赤にしてイタチを見てくる。そしてあきらめたかのようにため息をついてからイタチに近づき、屈んで
顔と顔を合わせるようにしてきた。
「か、感謝しなさいよ。貴族が平民にこんなことするなんて、普通じゃ有り得ないんだから」
 イタチには言っていることの意味が分からない。だがそんなイタチの困惑などお構いなしにルイズが顔を近づけてくる。そして「我が名はルイズ・フランソワ
ーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。五つの力を司るペンタゴン。この者に祝福を与え、我の使い魔と成せ」と言った。
 その直後、イタチの姿がルイズの前から消える。
「え?」
 そのことに呆然とするルイズだが、それだけでは終わらない。突然ルイズの首に腕が巻きつけられ、体が浮き上がる。そして、クナイが横から押し付けられた。
「!? な、何!? 何なの!!」
 あまりのことに混乱するルイズ。しかし、それは周囲にいる人間も同じだった。
「な、なんだ今の!?」
「まったく見えなかったぞ! いつの間に移動したんだ!? いや、それよりもルイズが捕まってるぞ!」
 ルイズと同じ様に混乱し、騒ぎ始める。
 一方ルイズは自分に何が起こっているのか分からずに手足をじたばたさせていたが、後ろから声がかかってきた。
「さっき何をしようとした」
「! こ、この声、あんたまさか、使い魔!?」
 首に腕が巻きつけられていたが、それを無理してまげて後ろを見る。果たして、そこにあったのは彼女が呼び出したイタチの顔であった。
「な、何よ、平民のくせに! こ、こんなことして許されると」
「質問に答えろ。さっき何をしようとした?」
 ひ、とルイズは喉を鳴らした。先程までとはまるで違う、凄まじい殺気をイタチが発しているのに気付いたからだ。同様に周囲にいた人間も、水を打ったように
静まり返る。

 イタチはルイズが言葉を発して顔を近づけてきたとき、イタチの眼、チャクラを見切る写輪眼は彼女に流れるチャクラ(どこか普通のチャクラとは違う様な感じは
したが)から何らかの術をかけようとしていた事を見抜いていた。
 そこでイタチは、ルイズが行おうとしていた使い魔の儀というのが口寄せの術のように何かを使役して戦わせるものではないかという考えを持ったのだ。
(ならば、俺がこの状態で蘇っているのも頷ける……)
 死者を蘇らせて戦わせる口寄せ、『穢土転生』という術もあるくらいだ。自分が知らないだけで、他にそのような術があったとしてもおかしくない。自分を蘇らせ、
口寄せの術で呼び出されるものたちのように使役し、戦わせようとしているという可能性がイタチの頭をよぎったのである。そしてもし自分を蘇らせる目的が、弟や
木の葉を危機に、さらには世界を戦乱の時代に陥れようとするものであれば、
(子供とはいえ、容赦はしない)
 先程までの考えを改め、イタチは必要であればこの場にいる全員を殺す覚悟を決めた。これほどの術を行使する者がいる組織である。それを行使する者が例え相手
がまだ年端も行かない少年少女であろうと、愛するもの、大事なものを守るためには、どんな非道なことであろうとやり遂げてみせる。そうイタチが思ったときだっ
た。
 写輪眼がチャクラの動きを伝えてくる。どうやら性質変化らしい。そちらの方向に視線を向けると、そこには杖を構えてこちらを睨みつけている先程コルベールと
呼ばれた男がいた。
「ミス・ヴァリエールから手を離しなさい! さもなければこの『炎蛇』のコルベールが相手になりますぞ!」
 イタチの殺気にも怯まず、毅然とした様子で叫んでくる。
 男は中々の性質変化、どうやら火属性らしい、の使い手のようだが、それでも自分との実力にはかなりの開きがあった。男の方でもそれは自覚しているらしく、手
の震えや首に流れている冷や汗からそうと分かる。無謀と知りつつも、この場にいる人間を身を挺して守るつもりなのだろう。
丁度いいとイタチは考えた。腕の中にいるルイズという少女は自分の放つ殺気に震えながらも睨みつけてきている。だがそれは明らかに強がりでまともな受け答えが
できるとは思えない。そしてそれは他の少年少女、イタチの殺気に怯えて呆然と突っ立っている者が殆どだった、にも同じことが言えるだろう。ならば、この男に答
えてもらえばよい。いざとなれば、幻術を使ってでも問いただすが。
 イタチはコルベールに向き直り、口を開いた。
「ならば、あなたに質問に答えて頂こう」
「質問……ですと?」
「そうです。この娘を守りたいのでしょう? 質問に答えていただき、俺が得心するような答えであれば、この娘には手出しはしません。ただ、もし得心の行かない
ものであれば」
「……あれば?」
「……最悪、この場にいる者の皆殺しは覚悟して頂く」
 その脅迫も混ぜた言葉に、ざわりと人垣が揺れた。
「舐めた口、た、叩きやがって……」「平民の、く、くせに、なんてこと……」などというイタチの実力も分かっていない者の戯言も聞こえてきたが、それもイタチ
の圧倒的な殺気の前にすぐに消えうせる。
 コルベールは口をかみ締め、悔しさを飲み込みながらゆっくりと頷いた。それを見たイタチは、一つ目の質問をする。

「ではまず、何の目的で俺をここに呼び出したのかを答えてもらいます」
「……我々の使い魔召喚の儀のためです。我々メイジの眼となり耳となり、手となり足となる。それが使い魔です。それを呼び出すために、この儀を我々は執り行い
ました。」
「成程。……それは詰まり、あなた方の意のままに俺を使い尽くすつもりだったということですか?」
 眼を細め、コルベールに問い返す。
 びくりと身を震わせ、コルベールは慌てた口調で答えてきた。
「いやいや、そんなつもりはありませんぞ! た、確かに使い魔は主人の僕となり、尽くすものなのですが、しかし使い魔とはメイジのパートーナーでもあるのです。
決してそのような無体な真似などいたしませんし、人であれば尚更だ! そ、それに言いにくいのですが、この儀で人が呼び出されるというケース事態私は見たこと
も聞いたこともありません。正直、どうすればいいのかは我々も迷っていまして……」
 最後の方は言いよどみ、コルベールの口の中で消えていった。
 イタチは考えを巡らせる。どうやらこの男の言葉に嘘は無いようだ。それに話の前半だけを聞いている分には到底承諾できないような内容だが、後半部分から察する
にどうやら自分目当てではなく、無作為にその使い魔とやらになるものを呼び出す儀式らしい。周囲を見回してみれば、成程、確かに普段口寄せで呼び出されるよう
な者達がいる。悪意あっての召喚ではないようだ。
(どうやら俺にとっても最悪のケースは避けられたらしい。……しかし、確かに死んだはずの俺をこの状態で呼び出すだと……?)
 腕の中で震えつつも、こちらを睨んでくるルイズにイタチは眼を向ける。先程の説明では死んだ人間を蘇らせて召喚などということとはまったく関係していない。
一体どういうことなのだろうか? それとも、術を行使したこの少女が特別だったということか……?
 疑問に思いつつも状況把握が先だと結論付け、質問を再開した。ルイズはもう放してもいいのかもしれないが、いざというときのためにこのままでいてもらうこ
とにする。
「では次に、ここがどこの国の、何と言う場所なのかを答えていただく」
「……この国の名はトリステイン王国。そしてここはその魔法学院です」
 そこでイタチは眉をひそめた。『トリステイン』などという国など聞いた事が無い。任務の都合上、国外の国の名も諳んじていた筈なのだが。
(俺の知らない海外にある国か? そう考えれば俺のことを知らないのも何とか納得できるが、魔法……? 学院ということは木の葉の忍者アカデミーのようなも
のなのだろうが、忍術ではないのか? だがもし海外だというのなら、何故言葉が通じる?)
 初めて聞く国名や通じる言葉を怪訝に思いつつも、イタチは再度質問する。しかしそこから本格的に会話がかみ合わなくなってきた。
 「五大国外の国なのか」と聞けば「五大国?」と鸚鵡返しのように尋ねられ、魔法とは忍術の別称、もしくはそれに類するものなのかと聞けば「忍術? 魔法で
はないのですか?」と聞き返される。ますます怪訝に思いならばせめて五大国の中でも最も栄華を誇った火の国、そして木の葉隠れは知っているだろうと聞いてみ
るも、またしても「火の国? 木の葉隠れ?」と鸚鵡返しのように聞き返された。
 ここに至って、明らかにお互いの認識に食い違いがあることにイタチは気付いた。
(いくら国外とはいえ、火の国の名すら知らないのはおかしい。国外とは言え情報ぐらいは伝わっているはずだ。それに忍術を知らないのもそれと合わせて考えて
みれば……)
 コルベールの様子を見ると、彼も明らかに困惑しているようだった。彼からしてみれば自分が話していることの方が彼にとっての常識とかみ合わないのだろう。
 イタチはしばしの間考えを巡らせた後、コルベールに声をかけた。
「……どうやら、俺たちは少し腰をすえて話さなければならないようです」


新着情報

取得中です。