あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

蒼い使い魔-15


ルイズは夢を見ていた。まだ小さい頃、トリステイン魔法学院に行く前の頃の…。
「ルイズ、ルイズ、どこに行ったの? ルイズ! まだお説教は終わっていませんよ!」
ルイズは、生まれた故郷、ラ・ヴァリエールの屋敷の中庭を逃げ回っていた。
騒いでいるのは母、追ってくるのは召使である。理由は簡単、デキのいい姉達と魔法の成績を比べられ、
物覚えが悪いと叱られていた最中逃げ出したからだ。
「ルイズお嬢様は難儀だねえ」
「まったくだ、上の2人のお嬢様は魔法があんなにおできになるというのに」
召使達の陰口が聞こえてくる、ギリと歯噛みしルイズはいつもの場所に向かう。
そう、彼女の唯一安心出来る場所、『秘密の場所』と呼ぶ中庭の池へと。
あまり人が寄りつかない、うらぶれた中庭。池の周りには季節の花が咲き乱れ、小鳥が集う石のアーチとベンチ。
池の真ん中には小さな島があり、そこには白い石で造られた東屋が建っている。
その小さな島のほとりに小船が一艘浮いていた。船遊びを楽しむ為の小船も、今は使われていない
そんなわけで、この忘れられた中庭の島のほとりにある小船を気に留めるのはルイズ以外誰もいない。
ルイズは叱られると、いつもこの中に隠れてやり過ごしていた。
予め用意してあった毛布に潜り込み、のんびり時間を過ごそうとしていると……
一人のマントを羽織った立派な青年の貴族が、ルイズの小さな視界に写りこむ。
年は大体十代後半、このルイズは六、七歳であるから、十ばかり年上だろうと感じる。
「泣いているのかい? ルイズ」
つばの広い帽子に顔が隠されても、ルイズは声でわかる。子爵様だ。最近、近所の領地を相続した年上の貴族。
「子爵様、いらしてたの?」
「今日は君のお父上に呼ばれたのさ。あの話のことでね」
「まあ!」
それを聞いてルイズは頬を赤く染めうつむく。
「いけない人ですわ。子爵様は……」
「ルイズ。ぼくの小さなルイズ。きみはぼくのことが嫌いかい?」
おどけた調子で言う子爵の言葉にルイズは首を振る。
「いえ、そんなことはありませんわ。でも……わたし、まだ小さいし、よくわかりませんわ」
そんなルイズに子爵はにこりと笑い手を差し伸べる。
「子爵様・・・」
「ミ・レィディ。手を貸してあげよう。ほら、つかまって。もうじきパーティが始まるよ」
「でも・・・」
「また怒られたんだね? 安心しなさい。ぼくからお父上にとりなしてあげよう」
ルイズはその子爵の手をとろうとする。
雨が、降り始めた
「(あら…?雨…?)」
雨が降り始めるのと当時に、一陣の風が吹き、貴族の帽子とマントが飛んだ。
帽子とマントがなくなり、覗きでてきた顔と姿を見て、ルイズは思わず驚きの声をあげる。
オールバックの銀髪に氷の様に蒼いコート、手はさしのべられておらず、左手には閻魔刀を握っている。
「なっ…なっ…なんでっ!?なんであんたが…」
そう、子爵だと思った人物はいつのまにかルイズの使い魔、バージルにすり変わっていた。ルイズも元の十六の今の歳の姿に戻っている。
だがいつものバージルとは様子が違う、顔はいつものように仏頂面だがいつも以上に恐ろしい雰囲気を纏っている。
「ひっ…」
思わず声にならない悲鳴を上げる、当のバージルは目の前のルイズの存在が目に入っていないように遠くを見ていた。

「来たか」
バージルは小さく言うと静かに後を振り返る、
「全く大したパーティだな」
バージルの振り向いた方向から声がする
「酒もねえ、食い物もねえ―おまけに女も逃げちまった」
その声のする方向をルイズが見るとバージルとは対極な血のように赤いコートを羽織った男が立っていた
「(―えっ…?バージルが二人!?)」
男の顔はバージルと髪形こそ違えど瓜二つ、ルイズは二人の姿を交互に見比べる。
「(まさか…バージルの弟…?)」
「それはすまなかったな…気が急いて準備もままならなかった」
「まあいいさ、ざっと一年ぶりの再会だ、まずはキスの一つでもしてやろうか?それとも―」
赤いコートの男は手に持った銃の様なものをバージルに突き付け言い放つ。
「こっちのキスの方がいいか」
二人の間に一触即発の雰囲気が流れる、その恐ろしい空気にルイズの全身に鳥肌が立つ、ここにいたくない、でも動けない。
「…感動の再会って言うらしいぜ、こういうの」
「―らしいな」
そう言うと閻魔刀の鍔を押し上げるバージル
「(いやいやいや!ぜんっぜん感動的じゃないわよ!)」
ルイズの心の底のツッコミは二人に届くはずもなく、
二人の殺し合いが始まった。
いつの間にか、ヴァリエール家の屋敷の秘密の場所から手を伸ばせばなぜか一つしかない月にまで手が届きそうな塔の上に切り替わっていた。
凄まじい速度と威力で打ち合わされる剣と剣、男が両手に持った銃を撃てばバージルはそれを閻魔刀で受け止め斬り飛ばす。
人間では永遠に届かない、悪魔の戦い。二人の顔は兄弟同士で殺し合っているにもかかわらず、どこか、笑っているようだった。

二人は切り結ぶ。二人の剣が打ち合わされる度に、火花とすさまじい力が流れてくる。
場面が、切り換わる、ここは河だろうか?だが何かが違う、空気が淀んでいて禍々しい雰囲気・・・
異界――魔界。そう、そう呼ぶに相応しい場所だ。
それでも二人の戦いは続いている、ルイズはただ呆然とそれを見ることしか出来なかった。
「そんなに力が欲しいのか!?」
ダンテと呼ばれた男がバージルに向かって叫ぶ
「力を手に入れても父さんにはなれない!」
「貴様は黙ってろ!」
バージルが手にした大剣で斬りかかる、ダンテも同時に大剣を振りおろす、
その剣は打ち合うことなく、お互いの剣を手で受け止めていた。
「俺達がスパーダの息子なら…受け継ぐべきなのは力なんかじゃない!」
二人の手に力がこもる、
「もっと大切な―誇り高き魂だ!!」
ダンテがそう叫ぶのと同時に二人は距離を取り睨みあう
「その魂が叫んでる―あんたを止めろってな!!」
―それを受けたバージルの笑い声が木霊する。
「悪いが俺の魂はこう言ってる―もっと力を!」
「双子だってのにな…」
「あぁ―そうだな」
二人の悪魔がぶつかり合う、誇り高き魂を持つ赤い悪魔が、何よりも強い力を求める蒼い悪魔が
父への誇りを胸に、己の魂の叫びに従い剣を振う。
だがそれは心から憎しみ合うというより、兄弟の争いに見えた。
そして、決着がついた…。
ダンテが剣を振うのを待つかのように剣を振るったバージル、致命傷を負い手から落ちる父の形見の大剣と母の形見、
そして手に取ったのは…母の形見のアミュレット…

「バージル!!!!」
ルイズはそれを見て心の底から声を上げる、だが彼らに声が届かない。
「これは渡さない…これは俺の物だ…スパーダの真の後継者が持つべき物―」
そう言いながらバージルは後ろへと後ずさる、それ以上進めば深い闇へと落ちてしまうだろう。
それを止めようとダンテが駆け寄ると、バージルは閻魔刀を抜き放ちダンテの喉元へと突き付ける。
「お前は行け…!魔界に飲み込まれたくはあるまい…、俺はここでいい、親父の故郷の…この場所が…」
そう言うと最後まで兄を救おうと手を伸ばすダンテを拒否するかのように手のひらを閻魔刀で斬る、
そのままバージルは深い闇の中へと堕ちて行った。
「バージル!バージル!!」
ルイズは涙を流しながら淵から闇の中を覗き込む、だがそこにはもう見渡す限りの闇しか見えない
「よくもっ!よくもバージルを!あんた!バージルと兄弟なんでしょ!?双子なんでしょ!?この悪魔ぁッ!」
そのままダンテを睨むとすぐさま飛びかかった、だがダンテの身体にぶつかることはなく、そのまますり抜けて転んでしまった、
転んだままダンテを睨むルイズ、だがその目に飛び込んだものは
「…泣いてる…の?」
ダンテが泣いている、兄を救えなかった、家族を想う涙。
「悪魔が…泣いている…」

「はっ!!」
ルイズがベッドから飛び起きる、あたりを見渡せば、そこはもはや見慣れた寮塔の自室だった
目がしょぼしょぼする、どうやら夢を見ながら泣いていたようだ…。
「(あの夢って…)」
ぼんやりとだが懸命に先ほどみた夢を思いかえす、もはや最初の子爵のくだりなどどうでもよい。
あの夢ではバージルは最期、兄として魔界に散った、もしかしたら心のどこかで弟に止めて欲しかったのかも知れない…
「バージル…?」
夢に出て来た己が使い魔の名を呼び、あたりを見渡す
そこには窓辺に立ち外を眺めるバージルの姿があった、
その姿を見て安堵のため息をつく、
「どうした…」
こちらを見ずにバージルは言う
「その…あの…変なこと…聞いていい?」
「なんだ」
「家族を想うことってある…?」
「っ…」
バージルの目が一瞬、今までに見たことも無い色を映した。すぐに元の仏頂面に戻ってしまったが
「…なぜそんなことを聞く」
「あ…う…その…ごめん、忘れて…」
「フン…」
そう言うとルイズはベッドに潜り込み目を瞑る
「(家族を想い涙をながす悪魔…バージルもきっとそうなのかも…)」
一瞬見せたバージルの優しい目、それが強く印象に残った。

一方その頃、フーケが囚われているチェルノボーグの監獄
「うぅっ…女の命である髪の毛をっ…よくもっ!あの使い魔め!」
牢屋の中ではフーケが悪態をついていた。
バージルに反吐が出るほど強烈に腹を殴られ、しかも気を失ってる間に
髪の毛まで毟り取られたのだ、頭の一部分が心なしか薄くなっている。
「なんとかしてあの使い魔に復讐してやりたいもんだけど…これじゃもう無理かねぇ…」
そう呟くとため息を吐く、ここから脱獄しようにも杖がない為魔法も使えない。
使えたとしてもあの宝物庫よりも強力な固定化がかかっているこの牢獄に自分の錬金が通用するはずもない。
あきらめて今はもう寝よう、そう考え横になる、するとコツコツと誰かが近づいてくる音が聞こえる。
見回りの看守の足音にしては妙だ。
現れたのは白い仮面をかぶった貴族の男だった。
「『土くれ』だな?お前の願い叶えてもいいぞ」
「聞いてたのかい、もうすこしマシな趣味をもちな」
男はそのまま両手を広げて敵意のない事を示す。
「我らに仕えて欲しい。マチルダ・オブ・サウスゴータ」
「…っ!!」
かつて自分が捨てざるを得なかった名、それを耳にしフーケは言葉を失った
「何が目的だい…」
「なに、革命を起こすのさ、アルビオンにな。その為には優秀なメイジが欲しい。協力して欲しいのだがどうかね? 『土くれ』よ」
「随分ペラペラと喋るんだね? 私が断らない理由でもあるのかい?」
「もし断ったら―――」
「分かってるわよ、どうせ殺すんでしょ?」
フーケが割って答える。仮面ごしではあるが、恐らく笑ったであろうと感じた。
「さぁ、どうする?」
「乗ったわ、あの使い魔の男に復讐してやる!…っと、その前に、その組織の名前を教えてくれないかい?」
フーケの問いに白仮面の男は鍵を開けながら答えた。
「レコン・キスタ」


新着情報

取得中です。