あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの平面-1

 その日も普通に乱闘が行われて、普通に終わるはずだった。
 1位の選手が勝利のポーズを決め、2位3位4位の選手がそれに拍手をする。
 それで、終わりのはずだった…………

                 ゼロの平面

 本日の乱闘、漆黒の平面戦士『Mrゲーム&ウオッチ』は運が悪かったとしか言えない。
 対戦相手は『サムス』、『ミュウツー』、『ネス』。
 飛び道具に優れたメンバーだが、いつもどおり、なんてことは無くランダムに決まったメンバーだった。

 ステージは『神殿』。
 各ステージの中でも特にただっぴろく、強攻撃でも中々吹き飛ばない固定空間。
 コレもなんてことは無く、ランダムに偶然決まったステージ。
 ルールは3分時間制、アイテムは無し。

 そんな調子で始まった大乱闘。
 裏切り協力なんでもアリだけに、大乱闘の名にふさわしい何時も通りに終わるはずだったゲーム。
ゲーム&ウォッチの不幸は、乱闘開始から2分53秒06という、あと少しでTime UPというときに、起こった。

 神殿の中心からやや左端、ミュウツーのフルチャージ『シャドーボール』がうねりを上げて飛来し、
 独特の軌道を画くそれを『オイルパニック』で受け止めるのは難しいと判断したゲーム&ウオッチは中央の穴に落ちてかわそうとしたのだが、
 落ち行くゲーム&ウオッチに対して、対に浮き上がる緑色の光球――――
 ――――ネスの『PKフラッシュ』マックスパワーが待ち伏せしていた。
 ならば右側に降り立とうと、とっさに方向を変え二段ジャンプ。……したところを小さい太陽のように青く輝く
 サムスの狙い済ました『チャージショット』(勿論フルチャージ)が炸裂した。

 表情の無い彼が「しまった!」と思ったかは分からないが、ゲーム&ウオッチが衝撃に弾け飛びそうになったところに
 今更なシャドーボールとPKフラッシュがダブルで駄目押し!
 瞬く間に軽くボム兵を超えるだろう大爆発=大破壊を巻き起こし、ゲーム&ウオッチは瞬く間に星の人(?)となった…… 


 ……と思われたが、爆発がようやく引いたとき、ゲーム&ウオッチはこの世界から文字通り跡形も無く消えていたのだった。 


「…………ちょっと、どーなってんの? なんで成功したはずなのに、使い魔が現れないのよ!?」

 ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールは焦っていた。
 かつて無いほどといって言いほど、心境が表情にまざまざと浮かび上がっている。
周りの目を気にする余裕も無いくらいに。

……理由は、ほんの数分前にジョジョ風にバイツァ・ダストしてみよう。

 ゼロ! ゼロ! とバカにされ続け、それでも悔しさを糧に決死の想いで集中し、紡いだ呪文は
 今までとは違う爆発を起こし、白煙を撒き散らした。
 そして同時に、どこからとも無く変な音が鳴り響いた。それはつまり――――

 ――――成功よ!

 成功を、想いが実を結んだことを意味していた。
 後は白煙の中を掻き分けて出てくるはずの、美しくて知性のある使い魔に『コントラクト・サーヴァント』を済ませれば
それで完了、完璧だ。
 これでもう誰にも『ゼロのルイズ』だなんて言わせない!!
 耳を澄まさずとも届くクラスメイトのざわめき。何時もは悔しくて憎たらしい声が、今日このときだけはやたらと心地良く感じる。

(これが……これが真の達成感というものなのね!)

 優越感の間違いだ! と突っ込むものは誰一人おらず、呆然と代したギャラリー一同は
 ただただ『あの』ルイズが『サモン・サーヴァント』の儀式に成功した事実にどよめいていた。  


 しかし、問題はここからだった。
 白煙を掻き分けて、もしくは破って出てくるはずの美しくて知性ある使い魔が、一向に姿を現さないのである。
 ……………1分……2分……3分……4分……………………………10分経過………………
 ついには視野を覆うほどあった白煙もほとんど空気に溶け込み消え失せ、
 目の前には爆発によって出来た薄いクレーターと、何時もの景色だけが晴れ晴れと姿を現した。
 何も、いない。つまりは――――

「……しっ……ぱい……?」 

 言いながら腰が砕ける、体を支えていた足腰の力が抜け、へたり込む事に戸惑いは無かった。 
 さっきまで体に充満して駆け巡っていた『真の達成感』とやらは、白煙より綺麗さっぱり体の中から消え去っていた。

「クックックッ……見ろよ、ルイズの奴。自信満々だったくせに失敗してやがるぜ!」
「まぁそう言ってやるなよ~。し・ょ・せ・ん・は・『ゼロ』のルイズなんだからさぁ~」
「それもそーだなーっ。 ククッ」

「「うっく……きゃーっきゃっきゃきゃきゃきゃっッ!!!!!」」

 情けなさに満ちたルイズを誰か一人が罵倒し始めると、それに悪乗りして一人、また一人と罵声を浴びせる。
 尤も幸いなことに、この失敗で既に一番のダメージを受け、心に穴の開いているルイズにそれらは聞こえていない。
 いや、それが幸いというべきかどうかは安易に決めてはいけないのかもしれないが。
 茫然としたまま動きの無いルイズの肩を、あまりにも憐れに思ったキュルケがとり、立ち上がろうとしたとき。

  …――――ジリリリリリイン! ……――ジリリリリリイン!!

 また、あの目を覚まさせるような変な音が響いた。


「な、なんなの……この音?」
「どいて!」 
「えっ!?」

 力のある手でキュルケの腕を払いのけ、ルイズは音の鳴るほうにふらふらと、それでも走っていく。
 そう、爆発で起きたと思われる、あのクレーターの方へだ。

「! …………ま、まさか……」 

 ルイズが立ち止まり、クレーターを覗き込む。
 その顔は嬉しさ2割悔しさ2割落胆6割といったところか、要するに「びみょ~」な面持ちで
 『何も無い』そこを見つめているのである。 

「なんだなんだ?」 
「どしたどした?」 
「てんやわんや?」
「ウホッ!? いいお(ry)?」

 そんなルイズの反応を不思議に見るものたちは当然いるわけで、
 なかでも比較的興味を持ったものや気を惹かれた者たちが引き込まれるようにふらふらと、
 (一人ドサクサに紛れて良い男(?)が混じっているが)なんだかんだでギャラリーたちも覗き込むために近づいた。

「や、コレは失敗したのよ! や、やり直し!! ちょっと、見ないでって言ってるでしょ!!」

 ルイズが半ばキレ気味になってまで覆い隠すクレーター。
 そこにあったのは、そう、焼き焦げたように真っ黒くて紙切れのように平べったい、
 身長だいたい60セントくらいの人の形をしたものだった。

一目見たギャラリーたちが一斉に身を引いた。
 誰もが思ったのだ、『ルイズがとうとう失敗魔法で人を殺した!』と。例え平民であろうと人一人殺した事実は、
 相手が平民であろうと分かっていてもギャラリーたちの戦意を喪失、及びちょっとした恐怖に陥れた。
 やや身を引きつらせながらも、すぐさまミスタ・ゴルベールがルイズの隣に立ち、肩に優しく手を置く。

「若き身でつらいかもしれんが、罪を」
「ミスタ・コルベール! 『サモン・サーヴァント』のやり直しをさせてください!」
「――――――!!」

 この発言に、コルベールは驚いた。
 いくらプライドが高い彼女のといえど、いくら平民と言えど命を無造作に奪っておきながらこの開き直りはどうだろう?
 発言も強く、悲しげなそぶりや罪悪感にさいなまれている様子が欠片も見られないではないか!
 コルベールは強く、少し怒りを込めて言う。

「ミス・ヴァリエール! あなたには――「あいつは死んでなんかいません!」――え?」 
 …――――ジリリリリリィン! ……――ジリリリリリィン!!

 コルベールが間抜けな声を上げた直後、三度(みたび)あの妙な音が鳴り響いた。
 音は、やはりクレーターの真ん中……あの『まっくろくろすけ(仮)』から聞こえていたのだ!

 二人してそろーりと首を向ける。
 そこには絵に書いたような落書き、もとい『まっくろくろすけ(仮)』がぺらぺらの体を揺らし、
 必死で起き上がろうともがいている姿だった。


 一枚の真っ黒い髪……ではなく、『紙』から切り抜けして来たようなふざけた存在は、
 まるまるとしている頭をやや重そうに持ち上げると、どこからか取り出した『ベル』(当然のように真っ黒)を
 からからと振り回した。
 途端に発生する例の音――――

 …――――ジリリリリリィン! ……――ジリリリリリィン!!

 もう疑いようも無かった。
 目の前で不気味な音を鳴らしまくるこのバカげてフザけた存在が、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール、
 つまりは『ゼロのルイズ』の呼び出した使いまであることを、
 疑うものは誰一人としていなかった。

「…………ぷっ!」 

 誰かが声を漏らした。
 それを切っ掛けに、ギャラリーたちが連続して次々に噴出し始める。

「ぷっ!」「ぷっ!」「ぷぷぷっ!」「………くっくっ」


「「「「「「「アーッハッハッハッハッハッ!!!!!!!」」」」」」


 そしてとうとう、せき止める事が出来なくなった笑いが土石流のように激しく溢れ出す。
 みながみな腹を抱え、目に涙をともし、隣同士で肩を叩き合って爆笑する奴らもいた。

「ハーッハッハっ……な、なんだよ、そのガキの悪戯みたいなつか、つか、使い魔っ……ハーッハッハッ!!」
「……さ、流石ルイズっくっくっ……う、う、う、美しくて知性ある使い魔で良かったな~っ! ひゃひゃひゃっ!」 
「ぷっ。お、おいよせよっククッ……あ、あんまり笑うとかわいそヒャハハハハ!!!」
「わっ、わっ、わ、わら、笑いがとまらね~! 腹痛てーッ!」

 プルプルと肩を揺らすルイズ。
 悔しさ故か、それとも自分に対するあまりの情けなさ故なのか、
 かわいらしい顔は若干涙を堪え気味で、必死にからかいの言葉を受け止めていた。
 すぐ後ろではやや引きつった顔のコルベールが、「はやくコントラクト・サーヴァントをしなさい」と
 急かしているのだが、無視する。 

 コントラクト・サーヴァント? 冗談ではない。
 なぜうる若き乙女のファーストキッスをこんなガキのラクガキにしなければならないのだ?

 そんなルイズの胸中いざ知らず、例の使い魔は能天気に思いっきり鐘を鳴らしまくる。

「(……わかったわよ! やってあげるわよ!! ちくしょー!!!)」 

 殆ど自棄気味になり、八つ当たりしているのか使い魔に近づくルイズはズンズンと聞こえそうな位足取りが重く、強かった。
 そしていざ目の前に立ち、驚いたのだろうか使い魔は鐘を鳴らすのを唐突に止めた。
 ルイズが早速コントラクト・サーヴァントのためキスをしようと横に回りこむのだが……

「ハッ!?」

 あろう事か、そこに立っているのは一本の黒い棒。
 いや、線と例えていいほど細くて頼りない使い魔だった。
 当然口なんて何処についてるのか分からなくなる、ルイズは顔を少し横に傾けると、
 面として広がったこいつの、とりあえず口の場所を理解してそこにスッと唇を寄せた。


 流石にびっくりしたのか、表情の見えない使い魔も飛び上がって地面に倒れ、 
 今までとは違う今度はビーッ、ビーッと鈍い音を苦しそうに吐き出し始めた。
 音を出しながら、続いて体を左右にせわしなく振る。
 ……まぁ必死に手足をバタつかせているのだがなにせぺらぺらなこいつのこと、
 そのもがきはどう見ても風に吹き飛ばされそうになっているけど、
 重石を乗せられているから強くなびくだけで飛ばない紙きれに程度しか見えなかいのだが。
 やがて使い魔が動くのを止めたとき、手の甲(?)に現れたルーンをコルベールが見やる。

「珍しい使い魔だけに……珍しいルーンと言うわけですか……では皆さん、教室に戻りますよ」

 何か納得を飲み込んだようにうんと頷くと、踵を返して大声で言う。
 はいーという返事の変わりにそれぞれが『フライ』を使い、宙に浮く。
 さて帰ろうかと全員が同じ方向に顔を向けた後、その中で何名かがくるっと振り向いてルイズの顔を
 にたにた笑いながら、歪んだ目で見る。

「ルイズ、お前は歩いてこいよ」
「お前は『フライ』や『レビテーション』の魔法も使えないんだからな」
「精々その使い魔におぶってもらえよ……ってそれも無理か。ハハハハハハハハッ!!」

 お約束のせりふを吐き散らして嘲り笑う彼らを唇をかみ締めながら睨む。
(見てなさい! あの黒いのはきっと見た目がへぼなだけで、その実物凄い力を持っているのよ……きっと……)
 そう都合よく自己解釈し、睨んだままの目にやや期待を交えて振り返る。
 しかし、状況が良く分かってない黒い使い魔はぼけーっと空を見上げていた。
(だめだ…………)
 ルイズは心底落胆した。

「こんな使い魔に、何の力があるって言うのよ――――――ッ!!!」

 腹の底から叫びを上げ、使い魔は吹き抜けた風に身を飛ばされないよう必死に地面をつかんでいた。

新着情報

取得中です。