あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

指輪を使わない使い魔

ジョセフが召喚した使い魔はお爺さんと8体のガーゴイルもどきであった。
全員が失笑する中、次の瞬間、そのガーゴイル達が一斉に武器を構えたのだ。

「なるほど、ワシ等は異世界に呼ばれたというわけか。」
説明をすると、その老人は納得したかのように呟いた。
「ドクターワイリー。これからどういたしましょうか?」
「まずはお前達の整備の目処を立てんと話が進まんわい。」

そう言ってその男は使い魔になる事を了承した。変わりにガーゴイルもどきの整備の為の研究所を要求した。
あつかましいにも程があると王宮の皆が思ったが、ジョセフだけはそのガーゴイルもどきをいたく気に入ったらしく、それを受け入れた。

そのガーゴイルもどきの整備場が整ったとき、恐ろしい事が判明した。
あれは魔法で動いているわけではない。いや、魔法すら必要ではない。
『こうじょう』と材料さえあれば幾らでも作ることができ、更に必要なのが魔法の力ではなく『ぷろぐらむ』と『えねるぎー』いう物があれば幾らでも動かせるらしい。

ガリアの貴族達は恐ろしくなった。だがあの無能王はあのガーゴイルもどきが凄く気に入ったらしい。
ジョセフとワイリーに暗殺者を送ったが全てがあのガーゴイルもどき達に返り討ちにされた。

八体の、否、『こうじょう』で数を増やしたガーゴイルもどき達はもはやガリアの一大戦力になりかけていた。

が、それをよしとしない人物達がいた。

エルフである。

彼らはワイリーを『シャイターン』の手先として、抹消を図ったのだ。シャルル派の一部が結託してワイリーに毒入りの料理を食べさせようとしたのだ。

エルフの毒を飲まされかけたワイリーだったがすんでの所で脱出し、ガーゴイルもどきを引き連れてゲルマニアに脱走した。

ワイリーの精神はその時に狂い始めた。自分の実力を認めないこのハルケゲニアに魔法と言うものに頼って進歩しないこの世界に復讐してやると。


最初にいた8体のガーゴイル達がゲルマニアの国中を飛び回って幾つかの『こうじょう』を作り上げる。
さらにはゲルマニア皇帝を脅迫して、ガーゴイルを整備できる人員を集めさせる。

その行動に各国は恐怖を抱き、連合を作ってゲルマニアに攻めてきた。
だがそのガーゴイルもどきの実力に、僅かずつ押されていったのだ。
嵐を巻き起こす『青い悪魔』達の前には魔法使いと言えども無力に近いはずだった。

その危機を救ったのは一人の少年だった。
その少年は、左手にルーンを持っていた。その少年は只の少年だった。
その少年は、ある少女に惚れていた。その少年の名前は平賀才人と言った。
少年は普通の少年だったはずだ。いきなり異世界に呼び出されて戦うことになった少年である。
喋る魔剣を駆使して倒した赤いロボット。動きこそ名前の通り速かったが、それでも最後まで才人は戦い抜いた。
少年はそのガーゴイルの腕から何かを取り出した。
勝つ為にはこのルーンの力を最大限に生かせる武器が必要だ。
目の前には無数の武器が存在する。それを最大限使わなければ勝ち残れない。

彼は、戦闘用ロボットの武器チップを抜き取ると、ある先生の所に持って行き修理してもらった。
人間用に調整されたそれを使って彼は数千数百のガーゴイルもどきと戦った。

ワイリーは驚愕した。武器チップの代用システムだと? 
そしてワイリーは独自の調査の上である男にいきついた。

『炎蛇のコルベール』。天才と認めざるを得ないこの男に対してワイリーは暗殺を命じかけて止めた。
勝つならば、技術力で勝つ。お前があの少年に最強の武器をあたえると言うのならば。ワシは最強の武器を作って奴と戦わせてやるわい。

「ワシを舐めるなよファンタジー。ワシは世界一のロボット工学者Dr.ワイリーじゃ!」

そう言ってワイリーは高笑いを上げた。




新着情報

取得中です。