あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロのエルクゥ - 18


「―――かふっ」

 口が勝手に、鉄の味がする液体と一緒に、湿った空気を吐き出した。
 ルイズは、ぼおっと熱くなっていく体が、急速に自らの制御から離れていくのを感じ取っていた。

「―――くっ!」

 ルイズの腹部を貫いた『エア・ブレイド』はそこで止まり、ターゲットであるウェールズには届いていない。
 一つ舌打ちして、ルイズの体から『ブレイド』を抜く。噴出す血糊に、ワルドの心が小さな、ほんの小さな衝撃を覚える。
 ワルドはすぐにそれを揉み消し、ようやく驚きの表情を浮かべたウェールズに閃光の突きを放とうと腕を振りかぶった。
 しかし、その一瞬の躊躇が―――エルクゥには十分な時間だった。

「ぐぅっ!!」

 ばしゅっ、と水の詰まった風船が弾け飛ぶような音がして、ワルドが吹き飛んだ。
 空中に投げ出されたワルドは、くるりと回転して危なげなく地面に降り立つ。
 同時に、力を失ったルイズの体が床に倒れ伏した。

「ぐ……ふふ、ははははは! それが貴様の本気か!! ガンダールヴ!!!」

 ワルドは右肩を押さえながら、目を爛々と輝かせて哄笑する。
 押さえた右肩から先の腕は、丸々なくなっていた。

「…………」

 ルイズとウェールズを背に庇うように立った耕一。その右手の手首から先が、大きく肥大していた。
 その手の肌は、黒曜石のような硬質な輝きを放っている。禍々しい光が見る者全てを畏怖させる、鬼の腕。
 それが、怒りに力の制御を忘れた耕一の神速の飛び込みと共に、ワルドの右腕を吹き飛ばしたのだ。

「……ワルドさん、あんた」
「くく、まさかルイズがウェールズを庇うとはね。全く計算していなかったよ。おかげで、当初の目的は一つしか達成できそうにない」
「ワルド子爵! 貴様、『レコン・キスタ』かっ!」

 ウェールズが吠え、杖を構える。

「いかにも。未熟な大使殿の護衛としてウェールズ殿下に近付き、その命を頂戴するお役目を受けていたのだがね。今しがたしくじったところだ」
「なんと大胆な……だが、最早逃げられると思うな!」

 周囲のアルビオン貴族は、既に一人残らず杖を抜き放ち、ワルドに向けている。

「スクウェア・メイジと言えども、その負傷でこの数を振り切る事など出来はしまい! 覚悟せよ!」
「くく、確かに。このままでは、私は逃げる事すら叶わぬだろう」

 そう嘯くワルドの顔から、笑みは消えていない。
 はっと、ウェールズが何かに気付いた。その視線は、そこから先が吹き飛んでしまったワルドの右肩で止まっている。

「気をつけよ! 腕から血が流れておらぬ! 『偏在』だ! 本体がどこかにいるぞ!」

 ウェールズの一喝にアルビオン貴族が反応する前に、どごーん! という爆発音と共に練兵場が大きく揺れた。
 天井の一部が大きく破壊され、ガラガラと建材が落ちてきた。真下にいた貴族が慌てて回避する。

「くくく」

 その混乱と土煙の中、片腕を失ったワルドが、ひゅうんと開けられた穴まで飛んでいく。見咎めた貴族達から散発的に火の玉や氷の矢が放たれるが、ヒラヒラとそれをかわし、ワルドは穴の縁に立つ。
 そして、右肩を押さえていた左手をひらひらと振った。その手には、一枚の便箋らしき紙がある。

「アンリエッタの恋文、確かに頂いた。これでトリステインはゲルマニアとの同盟結ぶ事叶わぬ。貴様の命は貰い損ねたが、なに、すぐに押し寄せる『レコン・キスタ』の軍勢によって始祖の御許に行けるであろうさ!」

 その横に、なんとワルドがもう一人現れる。
 もう一人の五体満足なワルドが手紙を受け取ると、片腕のワルドは、まるで空気に溶けるようにして消滅してしまった。

「……分身?」
「風の『偏在』という魔法だ。風の吹くところどこでも、実体とそれぞれ独立の意思を持つ分け身を作り出す事が出来る」

 ウェールズが唇を食みながら、飛び去っていくワルドを見上げる。

「その通りさ、ウェールズ。ではな、ガンダールヴ! せいぜいお役目通り、主人を守ってあげたまえ! もしかしたら、守る前に死んでしまうかもしれないがね!」

 ワルドがマントを翻すと、姿は見えなくなった。

「ミス・ヴァリエール!」

 ワルドの言葉にウェールズがしゃがみ込み、倒れ伏すルイズを抱き起こす。
 その胸元に耳を当て、キッと表情を引き締めると、杖を振った。
 青く優しい光が、ルイズの体を覆う。

「まだ息はある! 今居る水のメイジは全力でヴァリエール嬢の治療を! 僕では気休めにしかならない!」
「は、はっ!」
「城中から秘薬と水のメイジをかき集めよ!! 後の戦に残そうなどと思うな! 我ら王軍が最後にもてなした大使を死なせたとあっては、歴史の恥ぞ!!」

 ウェールズの檄の下、アルビオン貴族達は迅速に行動を開始した。緊急事態に心を切り替えられない者は、ここまでついてくる事も出来なかったのだ。

「…………」
「う、うおっ、な、なんだこの心の震え! あ、相棒っ!」

 耕一は、じっと、ワルドが飛び去ったその穴を見つめている。
 ドクン、ドクン、と。その黒曜石の腕が大きく拍動しているのに気付いた者は、その逆の手に握られた物言う剣のみであった。

「ミスタ。どうか安心してくれ。ヴァリエール嬢の命は、アルビオンの名に掛けて必ず救い上げてみせる」
「……ウェールズ王子、少し、お願いがあるんですが」
「……どうか、したのかね?」
「王子の……ここにいる貴族達の名誉ある敗北に泥を塗る事を、お許しいただきたい」
「どういう、事だね?」

 そのただならぬ様子に、ウェールズが息を呑む。
 膨れ上がる鬼氣。自らの意志により、荒れ狂う激情により……エルクゥの遺伝子が発現し、体がそれに沿うように作り変えられていく。

「名誉あるあなた方の敵を、鬼の晩餐と貶める事、お許しいただきたい」

 足が膨れ上がる。履いていたズボンが無残に破け散り、黒曜石の輝きを持つ筋骨隆々とした二本の足が、大地を踏みしめる。
 腕が膨れ上がる。服が同じように破れ、右手の先から侵蝕されるように、黒く、大きく膨れていく。
 体が膨れ上がる。その体躯全てが、二回り大きなそれへと変化していく。瞬時に伸びたたてがみが逆立ち、突き出た牙が唸り、伸びた爪が空を凪ぐ。

「ミスタ、君は……!」

 同盟など、どうでもいい。
 亡命など、どうでもいい。
 全ての元凶を潰してしまえば、煩わしい事など考えなくていい。
 麗しき王女が別れに苦しんでいるのも、優しき王子が諦めに苦しんでいるのも……勇敢な主人が、今死の床に苦しんでいるのも、全て。

 ―――元凶である『レコン・キスタ』とやらを悉く鏖にすれば、何も考えなくていい事ではないか。

「■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!」

 今ここに生誕した『エルクゥ』が、大きく産声を上げた。

§

「……あ……」

 全身を暖かな光に照らされているような心地で、ルイズはふと目を覚ました。
 滲む目をゆっくりと開ける。そこには、真っ黒なシルエットがあった。
 巨大な背中だった。トロール鬼をもっと筋肉質にしてスリムにしたような、どう見ても恐ろしげな化け物のようであるそれは―――少女の目には、どこまでも優しく、頼もしく思えた。

「エル……クゥ……」

 そう、あれこそがエルクゥ。
 鬼。化け物。狩猟者。そして……それを飼い慣らした、人間。
 あれの主人たる自分には、何の説明もなくともそうだと理解できる。それが酷く心地よかった。

「ミス・ヴァリエール!」

 王子が整った顔を歪めて、必死に自分に呼びかけている。
 ああ、無事だったのですね。よかった。これで姫さまが悲しまないで済みます。

「■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!」

 咆哮。生きとし生ける者全てを畏怖させる鬼神の声は、とても心地よい子守唄のようで。
 黒き鬼神が天井に開いた穴から外へ飛び出していくのを見送ったルイズは、ゆっくりとその瞳を閉じた。

§

「宣戦布告で時間を指定して、それより前に奇襲か。さすが生臭坊主、お偉い騎士様にゃ立てられん作戦だな」
「ま、矢面に立たされる俺らにとっちゃ、ありがたい事だよ。馬鹿正直に正々堂々やって平民傭兵がメイジに勝てるかっての」
「まったくだ。こんな地形、そうじゃなきゃ入り込みたくもねぇや」

 進軍する『レコン・キスタ』の先陣を務める傭兵達は、細い岬の先端に立つニューカッスル城を眺め、ため息をついた。
 真正面から相対しては、細く平坦な地面の上を歩く歩兵など、城壁からの魔法で一蹴されてしまう。
 城に篭るメイジ達の精神力が尽きるまでそれを繰り返させ、美味しい所だけ貴族連中が持っていく。攻略戦に当たってそんな光景がありありと想像されて、逃げ出す算段までしていた傭兵達だったが、現在の士気は高かった。

 彼らの目にニューカッスルの城壁が見えてきた頃。どずん……と軽い地響きが響き渡った。

「なんだぁ? もう大砲でも撃ち込んでんのかぁ?」

 傭兵の一人がそんな風に笑い、周囲もそれに倣った。
 彼らの所属する貴族派と眼前の城に篭る王党派には、あまりに圧倒的な戦力差がある。そんな楽観的な考えの方が、むしろ当然の判断であると言えた。
 しかし、その地響きは、自軍からの援護射撃などではなかった。

「おい、なんだあれ?」

 どれ大砲をどこに撃っているんだと前方に目を凝らしていた兵の一人が、訝しげな声を上げた。
 その視線の先には、城壁の前に立つ黒い影。
 距離があるからか随分と小さく見えるが、幾多の戦場を渡り歩き、遠目での距離感に慣れた傭兵の目には、その巨体ぶりが理解できた。
 優に人間の1.5倍はある。もしかしたら、2倍に届くかもしれない。

「オーク鬼? 一体だけか?」
「王党派の偉そうな連中が亜人兵なんか使うか?」
「真っ黒いオーク鬼なんかいるかよ」
「じゃあなんだってんだよ。トロール鬼だって黒くなんてねぇぞ」

 動揺、とまではいかない、軽い戸惑いのような空気が広がっていく。
 黒い影は彼らの方を向き、発見したとばかりに身をよじると、その丸太のような腕を大きく横に開き、天を仰いだ。

 さあ、今この時より、この場は名誉の掛かった戦場などではない。

 人を狩る鬼、呪われし狩猟者により、命の炎が歌い踊る―――神楽の舞台。

「■■……■■■…………■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!」

 エルクゥは、大きく牙の光る口を開いて鬨の声を上げると、『レコン・キスタ』陸戦部隊五万の命をことごとく散らさんがため、竜族の飛翔など遥かに凌駕する速度で疾駆を開始した。


新着情報

取得中です。