あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ルイズの恐竜惑星-01


「彼」はベッドの上で目を覚ました。
(....ここはどこだ...俺は死んだんじゃなかったのか?)
それは少し前...と言ってもここに来る前に遡る。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
バーチャル世界の一角、恐竜人類「夕闇の民ギラグール」の本拠地に「彼」はいた。
ギラグールの首領を突き飛ばした「彼」は、特殊樹脂の泡に包まれたギラグールの男と人間の少女を解放した。
「ラプター!どうして私たちを..?」
人間の少女がラプターと呼ばれた「彼」に問う。
「お前の..隣にいる...男に借りを..返した..だけだ...」
そこまで言って「彼」は意識を手放した。

しばらくしてその部屋が瓦礫に埋もれた後、ギラグールの兵士と女科学者が部屋に入った。
そこで彼女らが目にしたのは破壊された「観察者」と息絶えた首領の姿だった。
「草喰いどもが...」
女科学者は亡骸を目にして崩れ落ちた。
だが部屋に倒れているはずの「彼」の姿が、無いことに気付いていた者はいなかった。

「ゼロ」と呼ばれた少女は使い魔召還の儀式の最中である。
ただし、そのほとんどが失敗に終っている。
「やっぱりゼロには無理だよなあ」「爆発しか起こらない」
そんな野次もそろそろ聞き飽き始めたころだ。
煙の中に何かが立っている。それはトカゲを思わせる亜人だった。
仮面を付けた顔、茶色の体に真っ赤な目、強靭そうな脚と爪、
そして左腕には篭手のような物が付けられ、その先端には大きなかぎ爪が付いていた。
「やったわ..ついに成功したわ!」
「マジかよ...あのルイズが!?」「ゼロのルイズが召還に成功した!?」
そんな野次は少女に届いていなかった。感動にうち震えているのだ。
だがその亜人は何かと戦っていたのか、全身傷だらけで目も虚ろだ。
やがてその亜人は倒れ込んだ。
「早く彼を医務室に!水メイジは応急処置をっ!!」

その後「彼」は奇跡的に一命を取り留めた。
水のメイジを全員投入し、安くはない秘薬を使用した結果だった。
「目覚めた?」
「彼」が目を覚ますとピンク髪の少女が立っていた。
「お前は...?」「ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。あんたを召還したのは私」
少女はそう名乗った。
「そしてあんたは私と使い魔の契約をするのよ」「..俺はお前の使い魔とやらになるのか」
少女はルーンを唱え「彼」に口づけをした。やがて彼の右手にルーンが刻まれた。

かつてギラグールの狂戦士として生きた男が、「ゼロ」の使い魔となった瞬間であった。


新着情報

取得中です。