あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

新約・使い魔くん千年王国 エピローグ 冥土歴程

前のページへ   /   一覧へ戻る   /   次のページへ


《一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば多くの実を結ぶ》
 (新約聖書『ヨハネによる福音書』第十二章より)


アルビオン大陸へ侵攻したトリステイン軍は、謎の反乱とゲルマニアの裏切りに遭い、完全に崩壊した。
そしてゲルマニアの貴族、『ガンダールヴ』のダニエル・ヒトラーが放った魔弾によって、
松下・ルイズ・シエスタの三人は同時に胸を撃ち抜かれ、混沌と怒涛の渦巻く奈落の底へ、真っ逆さまに落下していった。

狂信者、第二使徒シエスタは、まだ松下の体を抱きかかえている。
目の前にはピンク色の髪をした貴族、第一使徒のルイズ・フランソワーズも一緒に堕ちていっている。
ついでに第八使徒の占い杖も。

シエスタは、ごふっ、と血反吐を吐いた。おお、私はまだ息がある、生きている。
たかが胸の肉がえぐれて肋骨が数本へし折れて、左肺に穴が開いただけだ。意識だってはっきりしている。
メシアと第一使徒の体が、あの銃弾の威力を弱めてくれたのか。だがメシアは、心臓を正確に貫かれているようだ。
彼の小さな体から、体温がどんどん失われていく。鼓動も脈拍も呼吸も、ない。

いや、メシアがただで死ぬはずはない。たとえ死んでも生き返るのがメシアだ。彼は自らそう語っていたではないか。
私が、使徒が、メシアの忠実なる『はした女』が、彼を信じないでどうするのだ。どんな時でも絶望は禁物だ!
たとえこれから落ちゆく先が、海の底でも冥土でも、地獄の底でも。


やがてシエスタの周りに、恐ろしげな光景が無数に現れ始めた。

降り注ぐ砲弾と鉄の雨、飛び散る肉片と血しぶき。爆発と火炎、おぞましい悪魔や亜人どもの哄笑。
必死に守るはずだったタルブやスカボローが破壊され蹂躙され、女子供まで虐殺される。

やがて、王都トリスタニアにも外国の兵隊が攻め込んで来た。ガリア、ゲルマニア、アルビオンが連合したのだ。
あの時タルブがアルビオンに焼き尽くされたのよりも、さらに徹底した破壊が行われる。
祖国はバラバラに分割されて滅亡し、女王陛下や枢機卿も断頭台に送られ、民衆の怒号の中で首を刎ねられる。

……人間が死ぬときは、それまでの人生が幻のように現れて見えるというが、これは一体何なのだ。
幻か、夢か、あるいは現実か。


続いて現れた光景は、冥土のようだ。空は黒雲に覆われ、言い知れぬ妖気が漂い、遠雷が轟いている。
無人の荒野、原野、岩山、深い夜の森、廃墟となった古代都市の遺跡。
大鴉や禿鷹や大蝙蝠が飛び回り、野犬が死人の骨を齧っている。
地面には蛇やヤモリや蟲が蠢き、人魂が浮かび、蛆のたかった骸骨たちが醜悪な怪物たちと輪舞している。

向こうに見えるのは、無数の死体が浮かぶ煮えたぎった川。暗い森の中で魔物に追われ、貪り食われる哀れな罪人。
さらに獄卒が彼らを切り刻み、燃える穴に頭から突っ込む。まさしく地獄だ。

見ていると、腕の中にいるはずのメシアがそこへ現われ、地獄の魔物どもを瞬く間に従えて地上へ登っていく。
 《地獄も地上も一つの世界にしてしまうのだ!》
魔物どもは大地を突き破って地上に現れ、巨大な都市を襲い、占領する。
するとメシアに似た姿の子供たちが数人現れ、こちらも悪魔や魔物を従えてメシアと戦い始めた。

かと思えば七万人ものルイズが一斉に召喚呪文を唱え、七万通りの使い魔が召喚される奇怪な光景。
老若男女、人間も幻獣も亜人も動物も精霊も、何かの機械らしきものもいる。
彼らはてんでばらばらに動き回り、あるいはギーシュをぶちのめし、ゴーレムや悪い貴族と戦うのだった。


―――恐れるものか! あれらは皆、幻だ! 私とメシアを引き離し、地獄へ引きずり込もうとする、悪魔の罠だ!
この腕の中に聖なるメシアを掻き抱いている限り、悪魔どもは私をどうすることもできまい!
いや、メシアを狙っているのなら、このシエスタから先に殺せ! 殉教者として天国に入ってやる!

やがて猛烈な風が吹き、三人から衣服のように『肉体』をはぎとった。
霊魂のみの亡者となった三人は、さらに冥土の奥底へと落下していった。


《黎明の子、明星よ。お前は天から落ちた。諸々の国を倒した者よ、お前は斬られ、地に倒れた。
 お前は以前に心のうちに言った、「私は天に昇り、私の王座を高く神の星の上におき、
 北の果てなる集会の山に座し、雲のいただきにのぼり、いと高き者のようになろう」と。
 しかしお前は陰府(よみ)に落とされ、穴の奥底に入れられる》
  (旧約聖書『イザヤ書』第十四章より)


「ん…………ふわぁあ~………」

外から聞こえてくる子供たちの騒ぐ声と、差し込む鮮やかな陽光で、少女は目を覚ました。
長く繊細なブロンドの髪、それに合わせたかのような細い体。だが胸だけは異様に大きく、歪な印象を与える。
顔立ちからは15、6歳ほどに見えるが、神が造化の妙を集めて作ったかのような美貌のためか、確とした年齢は分からない。
欠伸を一つつき、ぐうっと伸びをすると、彼女は部屋の窓を開けた。

 「テファ姉ちゃん!」「ティファニアお姉ちゃん!」「おはよう! よく眠れた?」「わーーっ」

次々に子供たちが駆け寄り、妖精のように美しい少女、ティファニア(テファ)に親しげに纏わりつく。
ここは森の中の小さな集落で、彼女は子供たちのアイドルらしかった。

ふと、一番小さな女の子が、何か言いたそうな顔でもじもじしているのに気づく。はにかみ屋の彼女はいつもこうなのだ。
「あら、どうしたの? エマ。何か私に言いたそうね」
「あ、あの……」
「ほら、怖くないわ。言ってごらん」
「森で、さっき、いちご摘みに行ったらね」
「うんうん」
「……ち、血まみれの、人が、倒れてたの。さ、三人」

テファは、さっと顔色を変えた。子供たちが騒ぎ出す。
 「せんそーだ、せんそーだよ!」「アルビオンとトリステインと、ゲルマニアがせんそーしてたってさ!」
 「アルビオン側が勝ったそうだから、そいつらよその国の連中だろ?」「なあエマ、どんな奴だった?」

エマは震えながら、見てきたことをありのまま話す。
「ええとね、お、女の人がふたり。テファお姉ちゃんぐらいの年のひとだったよ。
 それとね、あたしより少し上ぐらいの、男の子もいたの! む、胸から血が出てたの、三人とも!」
テファは薄絹の上着を一枚羽織ると、窓から飛び出した。
「急いで案内して! まだ間に合うかも!」

自分の庭のように遊び慣れた森を、少女と子供たちは跳ねるように進んだ。

倒れていたのは、確かに三人。女子供までが戦争に巻き込まれるなんて、戦場に近づいて流れ弾でも浴びたのだろうか?
一人はピンク色の髪をした貴族らしき少女、一人は黒髪の平民らしき少女。
そしてもう一人は、テファの半分ほどしか生きていないであろう、小さな男の子だった。三人とも、おそらく外国人であろう。

「これは……すでに事切れている? ……いいえ、まだ何か、命の動きを感じるわ。
 母さまが遺した、あの指輪があれば、肉体の損傷は治せるかも……みんな、この人たちを家に運んで!」

テファは男の子の体を抱き上げる。自分の目の前で、子供を見殺しにするなんて真似は決してできない。
ぐい、と身を起こした拍子に、テファの繊細な髪の間から、先の尖った耳が見えた。


……どれぐらい時間が経っただろうか。
一週間、いや一か月も落ち続けていたようでもあるし、ほんの数十分かもしれない。
いずれにせよ、ここではあまり時間は意味をなさないだろう。

シエスタが目を覚ました時、そこは雪山のようだった。うつ伏していたのは、斜面に積もった雪の上。
周囲は猛吹雪で闇夜のように暗く、見通しはあまり利かない。胸の中には、冷たくなったメシア。
数メイル先には、ピンク頭と占い杖。その他に人影はなく、魔女のホウキもないようだ。

「……雪山、ですって? ここはまさか、アルビオンのどこか?」

胸の傷は、いつの間にか塞がっている。いや、死んで魂だけになったとしたら、傷口も消えるのだろうか?
身を起こす程度の力は残っている。目が闇に慣れてくると、シエスタはあたりを見回した。

どうやら、自分たちは底知れない断崖絶壁の縁近くにいるらしい。近くには高さ数十メイルはある巨石が林立している。
断崖の遥か彼方、深淵の中心部へと、轟々と音を立てて吹雪が吸い込まれていく。
目を凝らすと、そこには何か、途方もなく大きな山のようなものがあるらしい。その山の上の方は三つに分かれている。
シエスタはそれを見て、ブリミル教の寺院にある両手を広げたような『始祖像』を思い出した。

ああ、神よ、始祖よ! なぜ我らを見捨てて、このような場所に送り込んだのか!?
メシアは神の御子であり、ルイズは始祖ブリミルの転生、『虚無の担い手』ではないのか!?
ならば、ここから救い出して、彼らを生き返らせてみよ!!


やがて、ざくっ、ざくっ、と足音が聞こえてきた。二本足だ、人間だ。
ひょっとして悪魔か亜人か何かかも知れないが、何者かはいるようだ。そして、その者の声が聞こえた。
「……そこにおられるのは、メシアですか?」

メシアですか、だって? ああ、『千年王国』の生き残りか! この声は誰か、男性信者のようだ。
「そうよ! 私は第二使徒シエスタ、ここにメシアもおられるわ!!
 ついでに第一使徒のミス・ルイズ・フランソワーズもね! あなたは誰?」
シエスタは湧き起こった力を振り絞り、喜んで叫ぶ。

だがその返事を聞いた男の声は、震えてかすれた。
「……おおおお、メシア! いずれここに来られるであろうことは聞かされていましたが、
 何というところで、何という再会でしょう!! おお、おおお……」


彼は近づいて来ると、メシアの枕元にがっくりと膝をつき、顔を手で覆って嘆き悲しみ始めた。
聞いたことのない声、見たことのない男だった。変わった厚手の服を着ているし、水玉模様のネクタイをしているが、
マントを着けていないということは平民なのだろう。

涙に濡れた顔は、どうやらかなりの年寄りのようだ。
目がぎろりとしていて鼻が異様に長く、側頭部や後頭部に長めの白髪は残っているが、禿げあがった頭をしている。
よく見れば、その頭頂には、小さな角のようなものもあった。シエスタの警戒心が強まる。

「……あなたは、誰なの? 鬼? 悪魔?
 いいえ、このメシアを知っているということは、『千年王国』の生き残りなのでしょう?」
「おおお、『千年王国』! 確かに、確かにそうです!
 でも私は、生き残りじゃない! 私は死人なのです、第二使徒のシエスタさん!」

『自分は死人』。男は涙ながらに、そう叫んだ。
「……死人? つまり、亡者?」
「ええ、しかもかつてメシアを、松下一郎を裏切った、大罪人です!」
「う、裏切り者、ですって!?」

男は涙を拭くと、シエスタに顔を向け、真剣な表情で名乗った。
「ここは地獄の一番奥底、《反逆地獄(コキュトス)》の手前です。
 神に逆らった罪人や巨人族が幽閉され、虚無の深淵の中で永久に、悲嘆と極寒に苦しめられる場所なのです。
 そして私の名は《佐藤》。かつてメシアを裏切って死に至らしめたのち、悪魔に騙されて全てを失い、
 20年以上も病苦と悔恨の人生を送らされた、世にも哀れな男です!」

ごおおぉ……ぉおおう、と吹雪が奈落へ吸い込まれる音が、激しさを増して響いた。


(第二部・完)


前のページへ   /   一覧へ戻る   /   次のページへ

新着情報

取得中です。