あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

桂正和アワー

ルイズ・フランソワーズ・ド・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールは召喚のスペルを唱えていた
桃色のパンティをはいた彼女の尻は緊張のあまり汗に濡れていた、指でゴムをくいっと直す

出てきたのは紙の帳面だった、ルイズがそれに口づけをすると使い魔の刻印が1頁目に著される

翌朝、使い魔である帳面を持って自室を出たルイズを見た悪友キュルケが笑った
彼女のボリューム豊かな褐色の尻は、笑い声に同調するように妖しく揺れている


その後、ルイズは同級生ギーシュの香水を拾ったことがきっかけで因縁をつけられる
彼は薔薇色のビキニショーツに包まれた白桃のような尻を振りながら決闘を挑む

ルイズは夕べ帳面に書いた自分の夢をもういちど読み返すと、ヘンテコな呪文を唱えた

              「チェイング!」

ルイズは変身した、黒い全身を覆うスーツ、平たい胸と顔面に桃色の装飾、そして翼

彼女はその使い魔、一冊のノートにより、幼い頃から密かに抱いていた夢を叶えた


正義の味方ウイング・ウーマンは、翼を広げ大地を蹴り、青銅のゴーレムに挑んでいく

黒いタイツに包まれその小ぶりな形を露にしたお尻が、彼女が跳躍すると同時にぷるんと揺れた

                       ルイズがドリムノート召喚



新着情報

取得中です。