あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

100の使い魔


 我が名はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。
 五つの力を司るペンタゴン!
 我の運命に従いし、"使い魔"を召喚せよ!


 もうもうと立ち込める砂塵があたりを覆わなくなったころ、爆心地には奇妙なものがあった。

「・・・なによこれ」

 サモン・サーヴァントがようやく成功し、歓喜に満ち溢れていたルイズは自分が召喚した それ を見て表情を曇らせた。

「ミスタ・コルベール!やり直しをさせて下さい!!」
「だめです。儀式は神聖なものです」
「でっ、でも! あれ どうみても生き物じゃありません!」
「早くコントラクト・サーヴァントを行いなさい。そうでなければ進級できませんよ」
「そんな・・・」


 我が名はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール
 五つの力を司るペンタゴン
 この者に祝福を与え、我の使い魔となせ


 ルイズは召喚した それ に対して契約を行った。

  それ は人よりもはるかに大きく、四角く、白かった。
  それ は人ではなかった。触れてみるとひんやりとしていた。
  それ は人を多く収容できるほどの空洞と屋根を持っていた。

「本当になんなのよ これ ・・・ あら、なにかしらこれ」

 ルイズは それ の近くに一枚の紙が落ちていることに気がついた。
 その紙にはこう書かれていた。



「やっぱりイナバ百人乗っても大丈夫!」


 株式会社稲葉製作所より「イナバ物置」を召喚


新着情報

取得中です。