あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

神聖マルコメ帝国-5

俺、なんでこんなもん必死に書いてんだろ?


ナオンと……である。略し過ぎ?


 『神聖マルコメ帝国AZ(あのゼロ)』
  第五話 MG部隊設立


前回のあらまし:ルイズの誇るワルドによって、ファーザーたちは安全に晒されていたが、
           ワルドはブタッキー(中森)だったので、ファーザーたちは危機に晒された。

港町ラ・ロシェールに到着して二日目。明日の朝にはアルビオン行きのフネが出る。
ファーザーは中森に決闘を申し込もうとして、取り巻きのナオンたちに、よってたかって殺された。
なぜか僕、マリコルヌも一緒に。ああ、何だか危ない被虐趣味に目覚めそうだ。

「おのれ―――、あのブタのばけもん、ブタッキーめがー!!
 なぜわしの前途には、いつも男と犬の魔手が伸びているんじゃよ―――!!」
「……男と犬?」
ファーザーの妄言は、いつも何が何だかさっぱり分からない。
部屋で昼食(トンカツ定食)を食べる僕が訝しげにしていると、ファーザーは蔑みと憐みの混じった口調で語り始める。

「フン、きさま……まだ男と犬の恐ろしさを知らんと見える。
 いいか? 有史以来常に人類社会とともに存在し、あらゆる重要な場面に現れ、
 世界を動かしてきた謎の組織―――『男』。そしてその尖兵が『犬』とヤクザじゃよ。
 歴代教皇の全ては男で占められ、かつてナオンが教皇になったという事実は、
 すでに伝説として歴史の闇の中に沈められている―――」

「……そりゃ、嘘じゃないけど。
 男って、別に全世界的に秘密組織を作って、計画的に活動しているわけじゃないだろうが」
「なあに、世間にそう思わせておくのが、奴らのやり口よ。
 奴らの秘密を知ったものは皆、狂人として社会から隔離され、密かに葬り去られてきたという……」
「お前の病的妄想なんぞどうでもいい。今は中森をどうにかしないと」

「ふむう、そうじゃった。ではここに主権者たるわしの名において、
 神聖マルコメ帝国における『MG部隊』の設立を宣言する。」
(バーン ドドーン ジャーンジャーンジャーン ゲェッカンヌ)

「……何だそれ。」
「フフフ、まぁわしに全て任しておくのじゃよー。(ピーン)」


【MG(MOTEMOTE GAIJIN)部隊】

 MG部隊とは、MO(モテる男)を地上から抹殺するために創設された、
 顔・体格・性格など、すべてがトップクラスのMNO(モテない男)から編成される最精鋭武力集団で、
 国軍に属する公然軍事SOG(特殊作戦部隊)にあたる。

 《隊規》
  一、ナオンにもてる者は殺す
  二、ナオンにいいよる者は殺す
  三、ナオンにもてない者と友達になりたい


「かつて天下にMNOを募った際、猫ばかりが募兵に応じた上、
 はからずもブタッキーが現れた苦い思い出がある。今回の募兵には慎重を期さねばにゃー」
「モテない男っつっても、僕らのパーティーでは、他に男はギーシュとヘビトカゲとサイトしかいないぞ。
 ヘビトカゲはともかく、ギーシュとサイトは一応MOだろうが」

「ボケーーッ、任意のカップルからナオンを引き算すれば、たちまちフラレナオンとMNOが発生する。
 この悪魔の方程式をあてはめるとじゃなー、つまりあのーあれー、
 日野を釘宮から引き抜こうってわけよ。バールのようなもんについてる釘抜きで」
「そんな神をも恐れん真似が、お前のような存在に可能なのか?
 異端審問官に連れて行かれて、略式宗教裁判ののち、火炙りにされるのがオチだぞ」

【いろんな事情があるので、危険なネタはほどほどにしておく。】

こいつのたわ言は9割がた聞き流したほうが良いが、たまには真実を含んでいることもある。
それを見つけ出すのが、正気を保っている僕の役割だろう。
「……つまりお前の妄言からノイズを抜いて整理すると、サイトをけしかけて中森と戦わせればいいんだな?」
「然り。両者共倒れしたのを見計らって、ナオンたちをいただいちまおうぜ?
 ホホホ、これを『才人争豚の計』と申します」

と、そこへ忍び寄る一つの影。
「ふーん。あの中森って奴と、俺を戦わせようってのか」
「うわあ、サイト!? 今の話、聞かれていたのか?」
「しまった、機密が漏洩したー! ええい、死ねこの脇役!!
 きさまの死を通じて、人間的に成長してやる!!」(グオオ)
ファーザーは混乱して殴りかかるが、サイトは思わず背中の長剣を抜き、振り下ろす。
「誰が脇役だ、この変態おやじ!!」(ザシュッ)

【ファーザー死亡】

「あ。し、しまった、つい……」
「大丈夫だって、こいつしばらくすれば生き返るから」


僕とサイト、それに復活したファーザーは、部屋の中で密談を始めた。
「―――まぁ、俺もあいつにはムカついてるから、見返してやりたいな。
 ちくしょう、俺のルイズを……」
「じゃあ話は早い、さっさと中森に決闘を申し込んで来いよ」
「……でも、あいつは強いし。見た目はどう見ても、ただのデブオタなのに!
 なんでだ! なんでなんだよ!! ちくしょう!!(ガッ)」
「サイト……」

ファーザーが、自暴自棄になっているサイトを叱りつける。
「ええい、夢をあきらめるな斉藤。悪・即・斬の壬生狼の誓いを忘れたか!」
「俺は斉藤じゃなくて、平賀才人だってんだろうが、変なおっさん! 
 つうか、そんなの知っているって事は、あんたも地球から来たのか? 宇宙人とか言ってるけど」
「わしは善良なる一般宇宙人じゃよー。細胞内によくわからないオルガネラが存在し、DNAは左巻き。
 あと、パンツ丸見えなのは宇宙の掟です。ちなみに旧町田市民(市民権なし)。」

「……まあ、どうだっていいよ。大体、あんただって中森に決闘申し込んで、ルイズたちに殺されてたじゃねえか!
 キュルケやタバサも味方につけてるし、この俺があんなのに勝てるわけがねえよ!」
フッ、と鼻で笑うファーザー。
「やりもせんうちから敗北主義とは、正しい思想教育が必要じゃなー、このダメな負け犬。
 いいか? これは帝国全体の総意であり、すでに作戦は開始されている。
 ならばこのわしが、きさまをMG部隊員に相応しい男として叩き直してやるぜ!
 そこの広場までついて来い!!(ゴオー)」


【阿鼻教官】

 阿鼻教官は、神聖マルコメ帝国海兵隊におけるハートマン軍曹的存在であり、
 彼のしごきに耐えて生き残った者は一人もいないと噂されている。

「よーし微笑みデブ、まずはきさまがブタッキーの代わりとしてサイトと立ち会え。
 どっちも本気でやらねえと、この『破壊の杖』が火を噴くぜ?(チャキ)」
「うわあお前、何持って来てんだ学院の秘宝を!?」
「それ、俺が使っちまったから、もう弾はないはずだぞ。どうやって持ってきたんだ?
 ま、ドットとスクウェアの違いこそあれ、マリコルヌも中森も風メイジ。練習相手としては悪くないかもな」

サイトが長剣(デルフリンガーという魔剣らしい)を構え、僕も仕方なく杖を抜く。
これもまあ、友情のためだ。あと自分のためでもある。
なんだか決闘騒ぎと聞いて、どこからかギャラリーが集まって来たが。


そして、夕方。僕の百戦百敗、とばっちりでファーザーが6回ほど死亡した。
サイトには怪我一つない。あいつって、こんなに強かったのか? ……ああそうか、僕が弱いんだ。

「よーし、何か吹っ切れたぜ。ありがとな、マリコルヌとファーザーのおっさん!
 負けて元々だ、中森にケンカ売ってくる!」
『ひゃひゃひゃ、調子を取り戻したじゃねえか相棒! その調子さ!』

「……うう、今回の作戦の意図は何じゃっけ。なぜこうなった?」
「―――というか、サイトが仮に中森に勝ったら、あいつがMOに復帰するだけだろうが。
 案外、負けてもナオンたちに心配してもらえるかも」
「くっ、他兵を借りて敵を討つというところに、そもそもの誤りがあったか。
 このままでは軒を貸して母屋を取られ、深山に虎を放って身を守るようなもの。
 ならばいっそ宿屋に火計を仕掛け、二つの害悪をすみやかに排除して」
「やめろ!!」(ドガッ)

ファーザーを殺してから、疲れた体を癒すべく、僕は一階の酒場へ向かう。
早くも日は落ちて、二つの月が夜空に浮かんでいる。
酒場に行ってみると、サイトがなぜか中森と打ち解け、楽しげに酒を酌み交わしていた。
ナオンたちと一緒に。……ナオンたちと一緒に。

「ふーん、中森さんも数年前に日本から来たのか。名前で分かるけど奇遇だなー、しかも秋葉原からかよ」
「ええ、ほんと早く帰りたいです。でもなんだか知らないけど強力な魔法使いになってるし、
 ワルドって貴族に気に入られて養子にされてるし、とんとん拍子に出世しちゃって、どうしようかって。
 あと、あのファーザーって人も見覚えがあります。よく思い出せないけど」
「ええっ、中森子爵って異世界から来たの? ロマンチックだわ」

「あはははは、すげーなあ。俺なんかただのアキバ系高校生だぜ?
 『ガンダールヴ』なんて伝説の使い魔らしいけど、ご主人様のルイズからは犬扱いだし。
 いっつも鞭でしばかれてるから、そのうちマゾに目覚めそうだよ」
「ははっ、なんだか僕と気が合いそうですね。頑張って、一緒に地球へ帰りましょうよ」
「ぎゃっははは、二人の友情にかんぱーい」
「もーっ、私たちも混ぜてよ、かんぱーい」

―――もういい、僕のことはほっといてくれ。部屋に帰るとしよう。
飛行船が出港するのは、明日の朝か。まあ、ファーザーは置いていこう。
ギーシュも自分の部屋でのんだくれているだろう、いつも通り。


そう思った時、突然背後で轟音がした。
振り返ると、岩でできた巨大なゴーレムの足が、今までいた広場全体を踏み潰していた。
見上げれば高さは30メイル、トライアングルクラスの大きさだ。まさか、アルビオン貴族派の刺客か?

……あ、そう言えばあそこにはファーザーが。まあいい、急いで逃げなくては。

「きゃああああ!?」「いかん、敵襲だ!!」「くそっ、酒場に踏み込んで来たぞ!」
中が騒がしい。サイトたちがいる酒場にも、別の敵が来たようだ。くっ、僕はどうすれば?
無関係を装って、部屋から荷物を持って、こっそり抜け出そうか? ええい、しかし見殺しにするわけにも……。


「おおおおおおおおおお、胸くそわり――――――!!!」(カッ)


絶叫、閃光、爆音。広場に立っていた30メイルの巨大ゴーレムが、唐突に爆発した!

「なっ!!?」

ゴーレムは瞬時に『土くれ』に変わり、砂埃がもうもうと立ち込める。
僕は呆然と、それを見ていた。

……そこに立っていたのは、血塗れのファーザーだ。いや、流血は速やかに止まり、傷口がどんどん塞がっていく。
しかも胸にある謎のルーンが光り輝いていた。まさか、アレの力なのか!?
いや、ルーンだけではない。頭頂部の赤色灯も耳の突起物も、目や鼻や口や指先も輝きを纏っている。
いっそ神々しいほどだ。パンツ一丁のくせに。

「……こ、これが、わしの超能力(ちから)……?
 で、できたぜ、幻の大技『バンカラきりもみレーザー』が!!」

【バンカラきりもみレーザーとは、「胸くそわりー」の叫びを合図に、
 バンカラな人から全方位に発射されるレーザーである。
 欠点はみさかい無く発射される事。時々バンカラは巻き込まれて死ぬ。】

(続く。)

新着情報

取得中です。