あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの魔獣-12


地球。

― 慎一と真理阿が出遭った世界。

ハルケギニアとは異なる宇宙に存在するその惑星は、
後に『神』の名で呼ばれる事となる、ある種の意志によって創造されたものだった・・・。


『神』は天地を切り開き、あまねく生命の大元を生み出した後、深い眠りについた。

『神』の眠りし大地で、生物たちは互いを喰らい合いながら進化を重ね、
やがて、地上の覇者となる人類が誕生した・・・。

『神』が何の目的で、その蒼い惑星を生み出したのか、其れを知る術は無い。

だが、再び『神』が目を覚ます時、大地は裂け、天は荒れ狂い、全ての生命は死に絶えるであろう・・・。

―神託や予言の類では無く、高度に発達した科学技術に拠って『神』の存在を知覚するに至った十三人の学者は、そう結論付けた。


彼らは其れを、大いなる創造主が与え給うた試練と捉えた。
愚昧な旧人類を一掃し、生命が新たな進化のステージに立つための試練と・・・。

科学者たちは、自らを聖書の記述になぞらえ、『十三使徒』と名乗り、
人類の更なる進化の糸口を探し出すため、行動を開始した。

『新人類(ニューマン)』の誕生に向け、彼らは考え得るありとあらゆる手段をとった。
時に非道な研究に手を染め、時には自らの体を切り開きながら、進化の可能性を模索した。
人類の未来の為、彼らは自らの妻子を実験の生贄に奉げる事すら躊躇わなかった・・・。


―だが―  そこに一つの誤算が生じた・・・。

十三使徒の裏切り者・ユダ博士との戦いの最中、
『神』覚醒の鍵を握るひとりの少女・真理阿が死亡したのである。

真理阿の死を契機として、『神』は急速に目覚め始めた。

神の尖兵達が地上に光臨し、文明は瞬く間に崩壊、ソドムとゴモラの再現が繰り広げられ、
ライフラインは為す術も無く分断された。

人類の滅亡は、時間の問題と思われた―。

有史以来の危機から人類を救ったのは、十三使徒では無い。

皮肉にも、彼らがかつて『失敗作』と断じて打ち捨てた一匹の魔獣・来留間慎一であった・・・。

慎一は、死に行く真理阿の血肉を喰らい、その身に内在する『神』の能力の一部を体内に取り込み
虚空の彼方へと飛び去った・・・。


真理阿の肉体は『神』への供物、その真の覚醒のために欠かせぬ養分。

神の尖兵達は地上の破壊を中断し、慎一を追って虚空へと消えた。



幾つもの空間を飛び越えながら、慎一と軍神達は、激しい戦いを繰り返した。

真理阿の細胞から『神』の能力を吸収し、自らの世界を飛躍的に広げた慎一ではあったが
敵は余りにも強大で、彼は孤独であった。


長い戦いの果て、慎一は傷つき、その力を徐々に失い、遂には斃れた・・・。



慎一の命を救ったのは、彼が最後まで守り通した、真理阿の細胞である。

真理阿は戦いの最中、遥か彼方の宇宙から、自らを呼ぶ『声』を聞いた。

真理阿は『神』の能力を開放し、彼方からの『声』のみを頼りに、
次々に空間を乗り継いで行った。

途中、始祖ブリミルの導きを得、追手を振り切ることに成功した真理阿は
能力の殆どを使い果たしながらも、無事、ハルケギニアまで辿り着き・・・、


そしてその地で― ひとりの少女と出遭った・・・。


新着情報

取得中です。