あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

やわらかるいず 第6話

やわらかるいず6話

ズッタカタン、ズッタカタン ズッタカタンタンタンタン、タン、タタタタン
ーーーーーー途中経過略ーーーーー
 使い魔の一日を追って見た

「こんにちは、夜中の人はこんばんわ、やわらか戦車です。今日は僕の一日を紹介します」
「ふぅーん ちゃんと私も出てくるんでしょうね?」
「もちろんですよ ルイズさん」

~使い魔の朝はルイズさんを起こす事から始まります
「ルイズさーん おきてくださーい」
「むー、むにゃ・・・・・・・・・」
「あ、おきましたね、はい着替えですよー」
「・・・・・・・・あんまん・・・・・・・」
「え・・・・・・・・・・」
「いただきまーふ」
「あーーーーっ」

~ルイズさんをおこしたら朝食を食べに食堂にいきます
「あら、おはよ、ルイズ、やわらか戦車」
「おはようございます キュルケさん」
「・・・・・・ところで、その歯型は何?」
「べ、別に何でも無いわよ、ね、やわらか戦車」
「はい、なんでも無いです」
「そう、あ、タバサ、おはよう」
「おはよう・・・・その歯型は何?」
「なんでも無いわよ、いくわよ、やわらか戦車」
「はい、それではー」
「・・・・・・味は何味だったのだろう」
「・・・・・・タバサ、あえて言わせてもらうけど、あれは食べ物じゃないわよ」

~午前中はルイズさんと一緒に授業にでます
「風サイキョー 風サイコー」
(((((ギトー うぜぇ))))))
「ギトーさん ギトーさん」
「うん?なんだいミス・ルイズの使い魔か」
「風は最強なんですか?」
「ああ、最強だとも」
「すごいですね」
「ああ、凄いんだ」
「本当に凄いんですね」
「ああ、もちろんだとも」
「じゃあ、水、火、土の魔法が同時にきても勝てるんですね」
「ああ!!勿論だと・・・・も・・・・?今、何て言いました?」
「だそうですよー皆さん」
「「「「おっしゃあああああ!!狩ったらぁああ!!」」」
「ぎゃあああああ!!!」
「ただいまです ルイズさん」
「おかえり やわらか戦車」
「ねぇ・・・・・ルイズ」
「なに、キュルケ」
「もしかしてあなたやわらか戦車に入れ知恵した?」
「「さぁ?」」
「あんたら・・・・」

~夜にお客様が来ました
「久しぶりねルイズ」
「姫様!!」
「色々はしょるけどアルビオンにちょっと行ってきてくんない?」
「色々はしょりますけど手紙を貰ってくればいいんですね」
「・・・・あの・・・・いくらなんでもはしょりすぎじゃないですか?」
「「いいの!!」」
「ええ~」
ズンズカズンズンチャン ~続く?~

「ルイズさん、続くと言うのは初めてじゃないですか?」
「そうね 初めてね」
「とうとう長編らしい物の始まりですね」
「そうね お祝いしましょうか」
「そうしましょう ではお祝いの・・・・」
「祝砲よーーー」
ドカーーン
「あーーーーー」

ズンズカズンズンチャン ~今度こそ続け?~

新着情報

取得中です。