あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

やわらかるいず 第7話

やわらかるいず7話

ズッタカタン、ズッタカタン ズッタカタンタンタンタン、タン、タタタタン
~出発~
「ところでルイズ」
「前回いろいろはしょったせい出番がなかったギーシュ どうしたの?」
「・・・・・色々ひっかかる言い方だが・・・・まぁいいか、僕の使い魔も連れて行っていいかな?」
「却下」
「何で!?まだ見てもいないのに!!」
「あんたがギーシュだから」
「その理由酷くね?」
「まぁ、冗談よ、であんたの使い魔って何処にいるの?」
「うん、その、まぁ、おいでヴェルダンテ」
        ポコン
「うわぁ 大きいもぐらさんですよルイズさん」
「そうね、ジャイアントモールね やわらか戦車」
「連れてきたいんだけど」
「いいんじゃない」
「そうですね」
「え?いいの?ここはなんだかんだ言って駄目とか言う所じゃないの?」
「正直、やわらか戦車よりは役にたちそう」
「酷いですよ ルイズさん」
「じゃあ しゅっぱーーーーつ」
「「おおーーー」」

     バサバサバサバサ
「やぁ、僕は姫殿下に君達の・・・・・」
     パカラパカラパカラ
「あれ?おおーーい ちょっとまってくれーーー」

「はぁはぁ、おいついた」
「ワルド様・・・・」
「やぁ、姫殿下に頼まれて僕も一緒に行く事になったんだ 宜しく」
「・・・・・ワ・ル・ド・様」
「あれ?嬉しくない・・・・ってか、なんか怒ってる?」
「ええ、そりゃあもう、ワルド様がグリフォンなんかで追いかけてきたせいで馬は怯えて暴走するし・・・」
「・・・・まぁ・・・そのおかげで、一日でラ・ロシェールまでこれたから・・・・」
「目立ちすぎるその衣装のせいで野党に今、囲まれてるし・・・・・」
「うーーん その何と言うか・・・・・ごめんなさい」
「髭、似合わないし」
「いや!?髭は関係ないだろう?」
「うん、衛士隊隊長はかっこいいけどあの髭はかっこ悪いな」
「そうですね、あの不精ひげは駄目ですよね」
「いやぁ・・・俺たちでもあそこまでの無精ひげは・・・なぁ」
「おい!!そこ!!あと無精ひげじゃないぞ!!」
「「「「「えええ!!違うの!!!」」」」」

 オーホホホホホ、オーーーーーホッホホホオホオホオホ
「ファイヤーーーボーール」
「ぎゃああ!!やーらーれーたー」
「わーーーたいきゃーーーく」
「『たいきゃーーく』はぼくの台詞ですよぉーーー」
「おーほほほ この微熱のキュルケが来てあげたわよーぉ」
「また・・・・面倒なのが増えた」
「はぁい ルイズ朝旅支度してたの見たからタバサとおってきたわ」
「あのね・・・・いちおうお忍びの任務なんだけど」
「あら?こちらの殿方は?微熱はお好きかしら?」
「話聞けよ」
「悪いが婚約者に勘違いされては困るのでね ご遠慮願おうか」
「婚約者?・・・・その髭で?」
「ひげはもぉええちゅううんじゃああああ!!」

ズンズカズンズンチャン ~続く?~

~チェルノボーグ監獄
「やい 土くれ ついに捕まりやがったな サイン下さい」
「ふん 明日明後日にも縛り首だろうよ 握手お願いします」
「この難攻不落の監獄から逃げ出せる事など出来ないだろうがな あ、飲み物お持ちしましょうか?」
「あのー」
「ん?なぁに?」
「あのー脱獄のお誘いに来たんですけどー出る気あります?」
「んー無いかもー」
「ですよねーーー」

ズンズカズンズンチャン ~今度こそ続け?~

新着情報

取得中です。