あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロのミーディアム 序章


これは「出来損ない」と呼ばれ苦悩した二人の少女の…
「ゼロ」と呼ばれた少女と「ジャンク」と呼ばれた少女の物語





サモンサーヴァント――
トリステイン学院の生徒が二年生の進級時に行われる使い魔召喚の儀式。
これにより呼び出された使い魔は召喚主たるメイジに仕える文字通り運命共同体となる。
いわば魔法使いの一生を左右する重要な儀式と言えよう。
そしてこの桃色の髪の、若干の幼さの残る小柄な少女
…ルイズもまた自らの使い魔を召喚せんと奮闘しているのだが…
「あーあ、また失敗してやんの」
「まったく!何回失敗してんのよ!」
「ゼロのルイズ!サッサと終わらせろよ!」
散々な言われようであるが仕方ない。彼女はサモン・サーヴァントの儀式に何回も失敗しているのだ
「いい加減にしろ!ゼロのルイズ!」
「仕方ないわよ。だってゼロだし」
あんまりな罵詈雑言に頭の熱くなるルイズ。そもそも彼女はあまり気の長い方ではない。
「黙りなさいよあんた達!いいわよ!ここであんた達なんかとは比べ物にならないような
強くて美しくて気高い使い魔を召喚して汚名挽回といくんだから!」



どこぞの軍人さんも言ってたことが汚名は挽回するより返上したほうがいい



ルイズは今一度儀式にかかる
「(こんなに大見得を切った以上失敗する訳にはいかないわ…!)」



そして一呼吸おいて高らかに叫んだ!



「宇宙の果てのどこかにいる私のシモベよ!神聖で美しく、そして強力な使い魔よ!私は心より訴える…我が導きに、応えなさい!」
力強い呼び掛けとともに手にした杖を振り下ろす!



ドッカァァァァァァン!!



先程から何度も起こしている大爆発。またもや儀式は失敗かと思われたが…




「何…?あれ…?」
ルイズの見上げた空の彼方から舞い降りてきたのはたった一枚の紙だった
「なんだ?あれがヴァリエールの使い魔か?」
「いや、流石にただの紙が使い魔ってのは流石に…」
「でもルイズだぞ?ゼロのルイズだぞ?」



周りの声には耳も貸さず降りてきた紙を受け取るルイズ。そして紙面をみるなり困惑した表情になる
「ミス・ヴァリエールどうしました?」
そこへ今回の儀式を担任した学院の教師、コルベールが駆け寄ってきた。
「ミスタ・コルベール…これは一体…」
「これは…何かの契約書みたいですな…」
ルイズの持っていた紙、それは黒薔薇の縁取られたシンプルだが美しい契約書のようなものだった
しかし書かれていたのはこの一文のみ







まきますか?  まきませんか?


新着情報

取得中です。