あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

人付き合いのできる使い魔

──教室吹っ飛ばして掃除中


「──だから『ゼロ』のルイズなのか…」
「フンッ! あんたまで『ゼロ』『ゼロ』ってわたしのことバカにするのね」
「聞いてたのか。怒るなよ、ルイズ。
君はオレの命の恩人で、頼りになる主人だと思っている。友人ともな。
それじゃ、いけないか?」
「…生まれてこの方、わたしの人生狂いっぱなしよ。
『フライ』はおろか、『レビテーション』ですら失敗ばかりだし、
それが、『あの』由緒あるヴァリエール公爵家の三女ってことで、他の連中にはバカにされるし…、
べ、べべ別にわたしはやっかみなんて気にしてないわよ!?
わたしは、少し他と違うだけで、原因を突き止めたら、
きっと、魔法が使えるようになるんだから!
…でも、その足がかりになるはずだった使い魔召喚でも、
あんたみたいな平民が召喚されちゃうし、もう、めちゃくちゃよ」
「焦ってんだ」

「…なんですって?」
「オレと同じさ。
どうしたらいいか、何をしたらいいか、わからなくて、焦ってる。
状況の変化に対応できてない」
「なっ、なによ!
わたしはルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール、
由緒あるヴァリエール公爵家の三女よ!!」
「名門貴族の子も人ってことだろ?」
「……ふ、ふんだ、なによ!
わかったような口きいちゃって!
…あぁもう!
さっさと片付けてご飯食べに行くわよ!! わたしも手伝うから!
か、勘違いしないでよね!
さっきからお腹ペコペコで、一刻も早く食べに行きたいだけなんだから!!」
「わかったよ。
早く一緒に食べに行こう、ご主人様」
「…フン」



スーパーロボット大戦Dの男主人公
ジョシュア=ラドクリフを召喚

新着情報

取得中です。