あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

使い魔を買いに-03


 右腕部各関節は可動域の限界を超えるか超えないかまで捻りあげられ、左腕は押し潰さ
れる格好で体の下から動かない。動かすことができるのは左手の指が精一杯、開閉させて
土をかき出すことくらいしかやれることがない。
「うぅ、ぐっ……いたっ! 痛い! どきなさい下郎! 汚らわしい豚の分際で!」
 いたいけな少女の悲痛な叫びが暴漢の鼓膜を震わせているとしても、その意味が脳まで
届いているかどうかは別問題だ。豚に似た暴漢が人語を解するという可能性が無いわけで
もなかったが、少女の命令に従うかどうかというのもまた別問題だ。

 髪を掴まれ、額から顎にかけて満遍なく地面に押し付けられた。口の中に泥や砂が侵入
してきて、頬の内側からにじみ出ていた血と混ざる。苦くて酸っぱい。世に言われるとこ
ろの「敗北の味」というやつだろう。顔を擦りつけられて何もできない無力感が、わたし
の体と心から抵抗する力を奪っていく。

 力が抜けたところで無理やりに立たされ、そのまま宙吊りにされた。わたしの頭ほども
ある大きな掌にがっちりと握り込まれ、指先一つ動かすことができない。全体重が肘と手
首の関節にかかる。握られた手が痛む。押しつけられた顔が、巨大な質量がのしかかって
いた腰が、体のあらゆる部位が痛む。

 生涯整えられることはないであろう鋭く長い爪、その先は黒い土が入り込んでいる。分
厚くざらついた掌、節くれだった指の一本一本が赤ん坊の手首ほどもあった。見ればみる
ほど梃子でも開きそうにない。痛めつけられたわたしではなおさらのことだろう。

 オーク鬼への先制攻撃を決意した時、考えるでもなくこう思った。
「わたしは貴族だ。名誉あるヴァリエール家の血を継ぐ者だ。オーク鬼から逃げ出すなん
て論外もいいところだ。不名誉な生より名誉ある死だ」
 いざ目の前に死が迫ってきた時、自分の判断が霞のように揺らいで見える。
 ……揺らいで見える? それがなんだ。あきらめるな、ルイズ。父さまや母さまがここ
であきらめるか? 姉さまだってオーク鬼ごときに弱みは見せまい。たとえ魔法が使えな
くともわたしとてヴァリエールの人間だ。たとえ強がり九割でもいい。背中だけは見せる
まい。

 口中に溜まった土と血交じりの唾液を、オーク鬼の額に向けて吐き捨てた。眼を狙った
のだが、的としては小さすぎたようだ。しかし狙いが外れたくらいで挫けない。後で悔い
ると書いて後悔。やるとしたら後でやるべきだ。今、わたしを助けることはわたしにしか
できない。後悔より先にやらなければならない。
 吊るされることで、両腕以外は自由になった。先ほどよりも選択肢は多い。右足でオー
ク鬼の胸辺りを蹴りつける。鉄の感触に痺れかけたが、なんとか反動をつけて下半身を仰
け反らせた。勢いを殺さず、今度は鼻っ柱に向けて蹴りを叩き込んだ。
「いっ……たあ……」
 漏らしたくも無い弱音が漏れた。鎧の胸当て部分を蹴った時と感触が変わらない。拘束
は緩まず、ひるんだ様子が微塵も見られない。こいつは普段からパンに鉄粉でもかけて食
べているのではないだろうか。
 足の痛みにくわえ、予告なく腕が締め付けられた。肉が軋み骨が叫ぶ。喉の奥に悲鳴を
飲み込んだ。キングサイズの鍋つかみよりまだ大きな手で握られれば、わたしの細腕など
万力で締められた藁束でしかない。

 痛みがわたしの体と神経を責めさいなむ。先ほどと同じ要領で蹴りつけてみたが、やは
りわたしの足が痛いだけに終わった。さらに蹴り、また蹴り、五度目に脚を振り上げたと
ころでオーク鬼の口元がのっそりと動いた。
「あのクソ女、何考えて待ち伏せてやがるかと思えば……オマエさんどこのチビだ?」
 振り上げ、振り下ろす間際で脚を止めた。
「匂いが妙に似てやがるから見事に騙されたぜ。クソガキのイタズラだったとはよ」
 そこから脚を下ろす。今度はゆっくりと。間違っても相手の顔に触れたりしないよう細
心の注意を払って。
「おいチビ。イタズラがバレたガキってぇのはもうちっとションボリするもんじゃねえの
か? ああん? それをオマエ」
 今一度目の前のオーク鬼を見てみると、瞳の中に知性の光が垣間見えた……ような気が
した。けして気圧されたわけではないが、思わず目を逸らしてしまう。
「蹴るわ、喚くわ、も一つ蹴るわ」
 わたしに抵抗する意志が無くなったことを察したらしい。宙吊りの状態から地面に降ろ
された。足の裏が求めていた地面という土台が、なぜだかとても心もとなく感じる。
「おまけにこいつだ」
 わたしの腕を放し、空いた右掌で額に付着した唾液を拭って隣の樹にこすりつけた。自
分が何をしたのか思い出さざるをえず、わたしはますます居場所が無くなり萎縮する。彼
言うところのしょんぼりとしなければならない子供のように。

 ああ、ああ、ああ。
 ここが常識の埒外にある場所だということは理解していたし、その上で何をすべきか決
めていた。はずなのに。そう、はずなのに。わたしの馬鹿、わたしの馬鹿、わたしの大馬
鹿のコンコンチキの大間抜け。ダメなルイズ、本当にダメなルイズ。
 オーク鬼は恐ろしい怪物で、人間を見れば襲いかかってくる獰猛さを持ち、子供の頭を
割って中身をすする害獣である。これを討つは貴族の務め、獣相手に不意を打ったところ
で誰がわたしを咎めよう。
 この考えがどこから来たか。言うまでもない、わたしが身につけた、学びとった、教わ
った、常識というものから導き出した。そう、常識。無視しなければならなかったはずの
常識だ。蝙蝠が口をきき、足跡だけが道を行くようなところで、オーク鬼だけが真っ当に
人を襲うものか。少し考えれば分かることだろうに。

 その態度は貴族と呼べるほど立派なものではないにしても、ならず者とこき下ろすほど
荒々しいものではない。物陰から急襲され、組み伏せた後は罵倒され、足蹴にされ、唾を
吐きかけられ、それでも手を上げず声を荒げず静かに怒っている旨を述べる様は、ケダモ
ノ風の乱杭歯や突き出た鼻からは想像することもできない大人のそれだ。

 まずいことになった。先ほどまでとは違う意味でまずいことになった。
 状況がわたしの立ち位置を向こう見ずないたずらっ子へと仕向けている。悲壮な決意と
貴族としての誇りを胸にして怪物に立ち向かう勇敢な少女だったはずが、悪戯が露見して
大人からガミガミと叱られるみっともない悪たれになっている。
 悪童としては、黙って説諭を受けるのが本道というものだろう。言いたいことを言い尽
くせば怒りも多少は収まるはずだし、そうなれば今度はわたしが質問する番だ。ここはど
こなのか、今はいつなのか、この先にあると言われる夜市とはどんな場所なのか。他にも
聞きたいことは山積している。

 というように、わたしが黙って怒られればいいのだが、
「だからガキはイヤなんだ。おい聞いてんのかチビ。クソチビ、おめえのことだよ。ガキ
ってのは知らないふりしてルール知ってやがんだ。知ってて、それで破りやがんだ。オマ
エよぉ、オレじゃなかったらコレもんだぞ。夜市のルールってなあ絶対だ。それを……」
 中身はともかく、オーク鬼の顔を見ると、言ってはならないことを言ってしまいそうな
衝動に駆られるというか、我慢しなければならないことは分かっているのに、どうしても、
無礼な、とか、偉そうに、とか、相手を刺激するようなことを言いたくなってしまう。思
えばわたしの学生生活はいつもそうだった。
 折れなければならなくてもけして折れず、ほぼ全局面に渡って我を押し通す。この性情
を調節、統制することができれば、もう少し甘みのある、今よりは大分塩辛くない学生生
活になったはずだ。耳元で恋の詩を囁き合う素敵な恋人は贅沢にしても、同性の友達の一
人くらいはいたに違いない。バーガンディ伯爵にしてもそうだ。結婚するまでは猫を被り
通しておくべきだった。母さまの助言を無視した挙句がこれだ。
「いいか、オレだからよかったものの、下手こけば締め殺されても文句は言えねえんだ。
そのへんきちぃっとご立派なオツムで理解できてんのか」
「……うるさい」
「ああん?」
「うるさいって言ってんのよ! 何よわたしばっかりが悪いみたいに!」
 あーあ、やっぱりこうなった。

「オーク鬼の豚面なんて、見れば蹴りつけてやるのが礼儀ってものよ。文句言われる筋合
いなんてこれっぽっちもありゃしないわ」
 理性で押さえつければ押さえつけようとするほどに、わたしの感情は暴れたがる。マン
ティコア隊のトップエースをもってしても乗りこなせないじゃじゃ馬だ。
「だいたいさっきからチビチビチビチビって馬鹿の一つ覚えみたいに。わたしが小さいん
じゃなくて、あんたが無駄に大きいだけのことでしょオデブさん」
 我ながら酷い物言いだが、脳を介さず脊髄の反射で口を動かしているため、止める術は
無い。オーク鬼のコメカミに走る血管のうち、最も太い一本が小刻みに震えている。
「どうせ悪いことしてお金稼いでいっぱい食べて大きくなったくせに。貴族であるわたし
が罰したとして、何が悪いって言うのかしら」
 ツェルプストーから空気が読めない王国の女王的扱いを受けることが多々あるわたしだ
が、別に読めないわけではない。その証拠に、面罵しながらも腰がひけている。

「……なるほどなぁ」
 右手の槍を深々と地面に突き刺し、右掌に左拳を打ちつけた。オーク鬼の顔全体に赤み
差しているように見えるのは、けして気のせいではないだろう。
「オマエさんの言いたいことはよぉく分かった」
「ふん!」
「だがな、安心しとけ。オレぁ他所の子は叱らないなんて不人情な連中とは違うからよ。
どこのガキだろうがきっちりとしつけてやる」
 右拳から骨の鳴る音。次いで、左拳からも同じ音。ゴキ、ゴキ、ゴキ。
「言って分からねぇガキにはそれなりの対応ってやつをしてやらにゃな」
「な、なによ。暴力に訴えようっていうの!? 人間みたいな格好してたからって、そう
いうところはどこまでも動物なんだから!」

 一連の攻防を脳内で再生してみた。あの素早く熟達した動きにわたしがついていけると
は思えない。鈍重そうに見える野生の猪が、人間ではついていけない敏捷な反応を見せる
のと同じだ。まず逃げられない。
 お尻を叩かれる程度ですめばしめたものだが、第三者が存在しない以上、どんな無法な
裁きで断罪されるかはオーク鬼にしか分からない。そうした場合、わたしの勝気が死因に
なるということで、ある意味では予想通りだがやっぱり嫌だ。荒っぽいながらも良識ある
口調に期待したいが、頭に血が上ってやり過ぎる人間は数限りなくいる。例えば母さまと
か。その血を半分受け継いだルイなんとかさんとか。
「近寄らないで!」
 二歩、後ろにさがったが、相手の一歩でそれ以上に詰め寄られた。
「近寄らないでったら!」
 背中に樹が触れた。もうさがる場所が残されていないことと、わたしの背中が汗でじっ
とりと湿っていたことを知った。
 相変わらずオーク鬼の表情は読み取りづらかったが、なんとなくサディスティックな笑
みを浮かべているような気がする。そのままにじり寄ってわたしの方へ手を伸ばし……。

「待ちなさい!」

 わたしの声に似ていた。だがわたしの声ではない。声調がもう少し大人びているし、な
によりわたしは声を出していない。オーク鬼が声のした方を振り返り、わたしもそちらへ
目を向けた。


新着情報

取得中です。