あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

つかいま1/2 第六話 土くれのフーケ

「乱馬が消えて、10日を過ぎた……手がかりは、コロンおばあちゃんの話だけ……。
 秋葉原にも現れた 『異世界の鏡』が乱馬をさらったかも、なんて。だけどそんな、雲を掴むような……」

地球は日本国東京都練馬区、天道家茶の間。
早乙女乱馬の許婚・天道あかねは、うなだれていた。もう一人の許婚・久遠寺右京も来ている。
「まぁ乱ちゃんのことや、きっとひょっこり帰ってくるわい。
 人事を尽くして天命を待つ、や。乱ちゃんの分の宿題は、うちらでやっとこ」
「あーあ、せっかくの休日なのに。……お父さんたち、大丈夫かしら」


その頃、東京都千代田区から台東区にかけて広がる商店街では。
「さっ、早乙女くん。ここが噂のアキバだよ!」(ザンッ)
「うむ、天道くん。世界に冠たる電気街にして、オタクの聖地!
 あのでっかいのがヨドバシカメラだな。『鏡』とやらが現れたのは、どこなのだ?」

天道早雲と早乙女玄馬は、乱馬失踪事件の手がかりを求めて秋葉原に来ていた。
二人とも和服のアナログ親父なので、似つかわしくないことおびただしい。
「なびきがたまに来るそうだが……神田神保町の古書店街では、よく武術書を立ち読みしたものよ」
「まぁ天道くん、ひとまずお茶にしようではないか」

二人はメイド喫茶に入り、コスプレ衣装を見て回り、フィギュア製作に挑戦し、
同人誌やポスターを買い込み、電化製品の進歩に驚く。
「ほー。」
「ふーむ。」
「おお、天道くん! これを見たまえ」
「いやいや早乙女くん、むしろこっちの方がっ」

そして夕方になった。二人の背中と両手には、沢山の荷物がある。
「……早乙女くん、私ら何しに来たんだっけ?」(どっさり)
「ぱふぉ」《忘れた》
なぜか玄馬がパンダになっている。こいつらに任せてもしょうがない。


一方、ハルケギニアのトリステイン魔法学院では。

「はっ……(ぱち)」
「ああ、起きたのねランマ。お疲れ様」

ここは……ルイズの部屋、か。
……ああそっか、ギーシュの馬鹿と決闘して、最後にしびれ薬くらったんだっけ。
それでも勝ったけど、あの野郎は九能の化身か? タチ悪ぃなー。

「あんた、2日ほども寝ていたのよ。もう決闘の次の日の夜」
「そっかぁ。まあ充分休養はとったし、明日からいつもどおりだぜ。心配かけてすまねぇな。
 皆に俺の体質がばれたから、もう隠す必要もねぇし」

『らんま』が笑う。一応こっちでは「お湯を被ると男になる女」として通している。
本当は「水を被ると女になる男」なのだが。

「あんた、やっぱり強いのね。ワルキューレが手も足も出なかったじゃない!
 ああ見えて、平民の傭兵数人と互角に戦えるぐらい強いのよ、あれって」
「へへへ、鍛えてるからな。それに、この左手の甲にある文字みてーなのが、
 武器を持つとぼうっと光って、いつも以上に体がよく動くんだ」
「ふーん、使い魔としての特典かしらね。普通は動物が召喚されるんだけど、
 契約すると人間の言葉が話せるようになったりするもの。人間が召喚された例は知らないし」

なるほど、便利だな。武器がねぇと効果ないんだが、俺は元々強いしな。
鬼に金棒ってやつか、へへへん。
……けど、いつまでもここにいるってわけにもいかねぇ。日本に、天道家に帰んなきゃな。
もう10日以上こっちにいるし、皆心配しているはずだ。連絡が取れるだけでもいい。

「なあルイズ。前も言ったが、俺はいずれ帰らなくちゃならねぇ。
 待ってる奴らが沢山いるんだ。必ず方法を見つけて、遅くとも数ヶ月以内に絶対帰るからな」
「そう。まぁ使い魔はメイジの能力証明みたいなもんだけど、
 使い魔を持たない主義のメイジや、使い魔を失ったメイジもいるわよ。
 貴族の位を失う方が、よっぽど辛いわ。……ま、送還方法も調べましょう。おやすみランマ」


同時刻、学院の宝物庫前。黒いローブの女がいた。

「ここの鍵を、オールド・オスマンが自分の懐中に持っていたとはねぇ。
 ぶっ飛ばしたときに落としたようだけど、目ざとく拾っておいてよかったわ。
 下調べも充分だし、今日こそ魔剣『デルフリンガー』、いただきよっ!」

大きな扉はダミー。その下の小さな、人一人通れるほどの扉を鍵で開ける。
魔法によるトラップを、慎重に『錬金』などで潰し、宝物庫の奥に侵入するのはミス・ロングビル。
いや、彼女は土のトライアングルメイジ、怪盗『土くれ』のフーケである。

「……よおし、これだね。台座にデルフリンガーと名前が彫り付けてある。
 錆びついているけど『ディティクト・マジック(魔力探知)』に反応するし。
 ははっ、案外簡単だったね! ざまぁみやがれ、ボンクラ貴族ども!!」

と、剣がいきなり喋った。
『おいこら、盗賊! おでれーたな、ここに入って来れるなんてよ!』
「……おでれーたのはこっちよ、あんた喋れるの? インテリジェンス・ソードだったのね」
『まーな。おいらを盗もうってのか?』
「その通りよ。私は怪盗『土くれ』のフーケ、貴族のお宝を盗み出すのが生きがいだもの。
 こんなところで錆び付いているあんたを、外の世界に連れ出してあげようっていうのよ。
 何か文句でもあるの? あればこの『魔封じの札』で強制的に黙らせるけど」

フーケは堂々と脅す。デルフリンガーはしばし黙り、再び口を開く。
『……そうだな、そろそろ退屈していたところでえ。時が来たんだろ、勝手に持っていきな』
「あら、ありがと。そんじゃあ行きましょうか、デルフリンガー!」

フーケは自らが参上した証として犯行声明を残し、ひらりと闇の中へ消えた。

その頃、当直のミセス・シュヴルーズは……。
コルベールの使い魔『コタツネコ』のコタツから離れられなくなっていた。
げに恐るべし、コタツの魔力。


翌朝。ルイズとらんまが学院を歩いていると、なにやら内部が騒がしい。

「何かしら? 先生たちもあたふたしてるし」
「さあな……ああシエスタさん、何の騒ぎですか?」
「あら、お早うございます、ミス・ヴァリエールにランマさん。お元気そうでよかったわ。
 ええ、昨夜盗賊が学院に侵入して、宝物庫に納められていた秘宝を盗んだんですって!
 それで今、緊急対策会議が開かれていますの。きっと授業はお休みですわ」
シエスタはお盆を持っている。お茶汲みか。

「ふーん……盗賊って、ひょっとして噂の『土くれ』のフーケかしら?」
「ええ、犯行声明も残されていたそうで。何を盗んだのか、私は知りませんが……」
ぱたぱたとシエスタは、厨房へ駆けていった。

ルイズは、拳を握る。
「……これは、トリステイン魔法学院の信頼に関わるわね。
 メイジだらけで防御も堅いのが、この学院の安全神話を支えていたのに。まぁ、学院長はアレだけど」
「学院長って、どんな奴だっけ? 俺のいた学校でも、校長は変態だったぞ」
ルイズは『学校』と聞いて、変な顔をする。

「平民のくせに学校へ行っているなんて、『東方』はすごいのね。あんたが特別なの?
 うちの学院長はオールド・オスマンって言って、数百年生きている妖怪みたいなじじいよ。
 セクハラや下着泥棒でちょくちょく捕まってるけど、なぜか数日で戻ってくるわ。
 弟子も多いし、王宮の高官たちの弱みでも握っているのかしら……」

それって、八宝斎のじじいじゃねーか。何なんだこの学院、大丈夫か?

「でも、フーケはきっと『トライアングル』クラスの土メイジよ。
 先生たちも確かに実力はあるけれど、実戦ではどうなのかしら? 果たして敵うかどうか……」
「……なぁ、フーケって奴を捜してみるか? 俺たちでさ」
「ん、いいわね。私の不名誉な二つ名も、返上できるかも。ランマがいれば、きっと勝てるわ!」


ルイズとらんまは本塔の学院長室に入り、フーケ捜索隊に志願する。
だがオールド・オスマンは、その申し出をやんわりと拒んだ。

「いやいや、女子生徒を参加させて危険な目に遭わせては、それこそ学院の信頼に関わるでの」
「俺は生徒じゃねえよ。それに、そこの先生方も、捜索にゃ尻込みしてんだろ?
 ギーシュを倒した俺の強さは知ってのとおりだし、3日もありゃあフーケを見つけてやるって」

オールド・オスマンやミス・ロングビルは、胡乱げな表情をする。
知っての通りといわれても、直接ギーシュとの決闘を見たわけではないし、
同じ土メイジでもドットのギーシュとトライアングルのフーケでは大違いだ。
コルベールは黙っているし、教師連中もざわつくばかり。

(……それに、聞けばこのランマって小娘は『ガンダールヴ』らしいからね。
 敵に回すのも何だけど、あまり目障りなようなら、誘き出して始末しちまおうかしら)

ロングビル(フーケ)が物騒なことを考えていると、もう二人の女子生徒が入室する。
「あら、彼女たちが行くなら、このキュルケも参加しますわ」
「私も」

赤い髪の豊満な美女と、青い髪の小柄な少女。あまりに対称的だが、彼女たちは親友だ。
「キュルケ! タバサ! あんたたちも!?」
「タバサの使い魔『シルフィード』がいれば、捜索範囲も広がりますわ。
 たとえフーケが亡命を目論んでいても、追いつけますでしょ? ねぇ、学院長?」
オールド・オスマンはキュルケに色目を使われ、鼻の下を伸ばす。

「うーむ、かわいこちゃんの頼みは断りきれんのぅ。分かった分かった、ただし危険な真似はせんでくれい。
 わしが行くわけにもいかんし、秘書のミス・ロングビルについていってもらおう」
「……承知しましたわ、オールド・オスマン学院長」
「「我らが杖にかけて、盗賊を捕らえます!!」」

(けっ、なめやがって生意気な小娘どもが。この『土くれ』が、まとめて始末してやろうじゃないのさ!)

(続く)

新着情報

取得中です。