あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ルイズのおとーさん-6

爆発自体については、おとーさんは平気でしたが使い魔たちが混乱して暴れています。
「し――― 静かに、娘が起きてしまいます」
おとーさんの電波な言葉で使い魔達は一応落ち着きました。
おとーさんが辺りを見回すと爆発のせいで木っ端や何かの破片が散乱しています。
咳き込みながら生徒たちは机の下から出てきます。
殆どの生徒は無事のようでしたが、逃げ遅れたのか一人の太った生徒が教室の隅でのびていました。
ルイズの方を見ると服はボロボロで全身煤だらけになっています。
「ちょっと失敗しちゃった」
煤を手で払いながらルイズはそう言いますが、生徒からは非難ごうごうです。
シュルヴルーズは最後の気力を振り絞りルイズに教室の掃除と今日一日魔法の使用を禁ずる事を言い渡して
そのまま気絶しました。ルイズは元々魔法が使えないのであまり意味はありませんが。
爆発のせいで今日の授業が中止になったので生徒たちはそれぞれの部屋に帰りました。

教室にはおとーさんとルイズの二人だけが残り、爆発の後片付けをおとーさんがしています。
ルイズは机の上に座ってその様子を見ていました。本来ならばルイズが片付けをしなければならないのですが、
私の使い魔だからとおとーさんに押し付けたのでした。
「・・・・また・・失敗した・・・ 」
おとーさんは掃除の手を止め、呟くルイズを見ました。
「いっつも失敗するの。簡単なコモンマジックも使えないの。魔法成功率ゼロ、だから『ゼロのルイズ』ってみんなバカにするの・・・・」
ルイズの肩が小さく小刻みに震えているのがわかります。
おとーさんは知りませんが小さい頃からルイズは貴族の三女として厳しく育てられてきました。
無論そのこと自体はごく普通なことなのですが、ルイズは魔法が使えないため人一倍厳しく育てられました。
ルイズ自身も人の何倍も努力して魔法が使えるように頑張りました。
それは、トリステイン魔法学院入ってからも続けてきました。ですが、どう頑張っても魔法を使うことが出来ませんでした。
その為、学院の生徒から馬鹿にされ平民からも表立ってではありませんが陰で馬鹿にされていました。
貴族としてその事は恥辱でした。また、使えない自分自身にも嫌悪感をつのらせていました。

「・・・サモン・サーヴァントが成功して・・・  おとーさんを使い魔に出来たから・・・  魔法が使えると思ったのに・・・  なのに・・・」
ふいにルイズは優しく抱きしめられました。吃驚して顔をあげると抱きしめているのはおとーさんでした。
「ちょ、ちょっと、おとーさん何やって・・・」
ルイズがそう言うと今度は頭を撫で始めました。無言でしたがそれはそれはとても優しく。
そうこうしているとルイズの肩がまた小刻みに震え始めました。
「こここ、子ども扱いしないでよ!!!」
ルイズはそう言うとおとーさんから離れ教室の出口まで駆け出しました
「もう、おとーさんの今日の食事抜き!!」
そう一言残してルイズは教室から出て行きました。
おとーさんはしょんぼりした感じでまた教室の掃除を始めました。


おとーさんの掃除が終わったのは正午を少し過ぎたころでした。
ルイズの部屋に帰ろうとしていましたが、今朝の洗濯物の事を思い出してシエスタの所へ行く事にしました。
洗濯場へ向かっていたおとーさんでしたが、美味しそうな臭いがしてきたのでついついそちらの方へ行ってしまいました。
食堂に着いたおとーさんでしたがルイズから「食事抜き!!」を言われたのを思い出してしまいました。
おとーさんはその場で涎をたらしてぼーっとしていました。
シエスタは食堂の外にいるおとーさんに気がついて近づいてきました。
「使い魔さん。お洗濯物出来上がっているので食事の後で渡しますね~って え? 食事抜きなのですか???」
シエスタは少し考えた後
「ちょっとこっちへ来てください」
と、おとーさんを厨房の方へと連れて行きました。
「余り物で作った賄いのシチューなのですけど、良かったら食べてくださいね」
おとーさんはシチューを頂きました。賄いという事でしたが、朝食べた質素な食事に比べたら遥かに豪華でした。そしてそれはとても美味しいものでした
「美味しかったですか? よかった~。食事抜きの時はいつでも言ってくださいね。 え? 仕事を手伝いたい? じゃぁ、このデザートを配って・・・」
デザートを手にとってシエスタはおとーさんを振り返りました。そこにはメイド服姿のおとーさんが居ました。
「あ、あはは・・・・ 別に服まで着なくてもいいですよ」
シエスタは引きつった笑いでおとーさんにそう言うと、メイド服を脱がせて改めておとーさんに手伝ってもらうことにしました。
(私、なんかとんでもない事お願いしたんじゃ・・・)
シエスタはちょっと不安を覚えました・・・・

新着情報

取得中です。