あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロの侠者・魔王編

アルビオン王国、サウスゴータ領内ウェストウッド村。
ある貴人の隠れ住むこの小村に、悲報が入った。

「ニューカッスルが、陥ちたと……では」
「おうよ、王党派の生き残りは皆殺しじゃあ! 陛下も皇太子も、お討ち死になさったとか……おいたわしや」
「将兵のいくらかは城門を出て決戦を挑んだって話だが、たったの300で数万の軍勢は退けられめぇよ……」

「そう……王党派が、全滅……」
この村にいたのは、アルビオンのテューダー王家の血を引くハーフエルフ、ティファニア(テファ)である。
いまや王家最後の生き残りだが、ハルケギニアの人々から忌み嫌われる、
恐るべきエルフの血が入っていることは、その長い耳からすぐに知れた。女王となることもできまい。

「ああ……私は、何のために生まれてきたの……?
 村人たちはよくしてくれるけど、何をするでもなく長い一生をここで過ごし、
 外の世界を見ることも、血族に出会うことも叶わずに……!」
テファは心優しい少女だったが、その心には『虚無』が育っていた。寂しさと憂愁が彼女を苛む。

「ああ、私にもっと力があれば……!!
 クロムウェルとやらに天の時が、天下の公論が味方していようとも、私ならば……?」

何かに導かれるように、テファは習い覚えた魔法『サモン・サーヴァント』を唱える。
メイジと運命を共にする、使い魔を召喚するコモン・マジックだ。
運命が、ある異世界の冥土から『彼』を選び、呼び寄せる。
戦乱の時代に相応しい、あの男を。


銀色のゲートから現れたのは、まるで蛮族のような恰好をした禿頭黒髪の巨漢だ。
異様な覇気が全身に漲っているが、年の頃は50代というところだろうか。脂肪と筋肉で肥満している。
契約が交わされ、その広く厚い胸には名も知れぬルーンが刻まれた。『虚無の使い魔』の印だ。

彼はテファから、この世界の話を数日かけてじっくり聞き出すと、
彼女を抱えあげて馬に乗り、北へ向かった。
ロンディニウムを避け、その北のハイランド地方へ。トロール・オグル・オークなど、凶暴な亜人の棲む辺境だ。

男の武勇は、超人的だった。特に騎射の技術に優れ、左右どちらの腕からでも自在に強弓を射ることができた。
また、冷酷で頭が鋭く切れ、人を挑発するのを好み、峻厳でありながら気前がよく、
己の価値観だけで生き抜く気概と能力があった。

それからわずか一ヶ月で、男の旗の下に集う蛮族・亜人の軍兵は万に達し、
山岳連なるハイランド地方は彼によって初めて統一された。
その勢力を恐れたクロムウェルは、彼をハイランドの太守に任命したが、もとより従う男ではない。
何より彼のもとには、ハーフエルフとは言え、王家の血を引くティファニアがいた。
彼女の後見人、『土くれのフーケ』ことマチルダ・オブ・サウスゴータも、盗んだ財宝を献じて配下に加わる。

アルビオンの貴族にもつながりを持ち始めたその男は、天下に鴻鵠の志を抱き、
精鋭騎馬軍団3万を従え、今まさに時宜を窺うばかりであった。

「俺の大地よ! 美しく厳しい北の大地が、気高く、勇猛果敢で、美しい種族を育てたのだ。
 テファよ。この世界は六千年の誇りを忘れ、卑しい為政者どもが己の権力闘争に明け暮れておる。
 そこに俺の天命が生じた。
 俺はこの世で最強のこの戦士たちを駆り、中央へ、下の大地へ進まねばならん。
 そして、ハルケギニアを北の色に塗りかえるのだ」


そして、およそ半年後。ブリミル降臨暦6243年、冬正月。ハイランドは吹雪であった。

「……トリステイン・ゲルマニア連合軍の主力は、以上の三ヶ所を含めアルビオン南部の大半を制圧!
 その数も5万を越す勢いであります! これに対し『レコン・キスタ』側も兵をかき集め、
 ロンディニウムに至る全ての関所で厳戒態勢をとっているため、
 我が軍の侵攻は極めて困難になったと思われます」

ハイランド南端の城では、連日軍議が開かれている。報告を聞いて、進言する者がいた。
「いいえ! 殿! 厳戒態勢とはいえ、軍は分散しております!
 北より兵を進め、都の混乱を利用すれば、さほど難しくはありますまい!
 急がねば、機会を逸しまする」
男は、その進言者をじろりと睨む。天の利とは、こういうものではない。
「自害せよ。野ねずみどもの乱に乗じよとは、死をもって恥じねばならん進言だ」

ほほほほ、と女の笑い声がした。大きすぎる胸に長い耳。テファだ。
「ティファニア様! 軍議の席ですぞ」
「先ほど、クロムウェルから救援要請の手紙が参りました。
 ガリアに見放されたとはいえ、わざわざ呼び寄せて参るとは……くっ、くくっ」
テファは、実に愉快そうに、歪んだ笑いを浮かべる。
「この智能の浅い招きに、我らが乗らぬ手はありますまい!!」

それを聞くや、男は『にいっ』と笑う。これぞ天の時、天の利だ!
「ティファニアよ! お前に玉座を用意してやるぞ!!」

進軍だ!! ハイランドの全軍が歓声に包まれる。


「将軍、よくぞ来てくださった!
 噂に違わぬ偉丈夫ぶり、心強いかぎりでございます」

ロンディニウム、ハヴィランド宮殿にて、クロムウェルと百官がハイランド軍を迎える。
いざという時の備えはしてあるが、男の放つ『暴』の臭いには、やはり緊張する。
ハイランド軍を率いる男は、表情を変えず、低い声でこう言った。

「クロムウェル。悪党には悪党の報いがある。
 お前の頭から皮を剥ぎ取り、足からは一寸刻みに肉を削ぎ、長い時間をかけて死に至らせる。
 そしてその男根を切り落として人目にさらし、苦と惨と悲をからめて地獄におとす!」

男は、呆然とするクロムウェルから皇帝の位を剥奪して虐殺し、
テューダー王家最後の生き残り・ハーフエルフのティファニアをアルビオンの女王に擁立。
同時にロンディニウムはハイランドの軍勢で満ちあふれた。
男はテファを腕に抱きかかえ、帯刀したまま玉座につく。

野放しにされた蛮兵や亜人により、ありとあらゆる略奪・陵辱が重ねられ、
ロンディニウムは無法の都と化した。

「国王・王族はもとより、貴族や豪商どもの建てた教会をも打ち毀し、金銀財宝の悉くを奪えい!
 それらは熔かしたのち、我が胸のものと同じ刻印を押して固めよ!
 六千年続いたこのアルビオンの、いやハルケギニアの全てを、我が色に染め替えるのだ!」

反乱者はただちに粛清され、苛酷な拷問を加えられたのち、次々に首を刎ねられる。
あるいは生きながら大釜で煮殺され、百官の食卓に人肉がのぼる。
まさに、地獄であった。


その頃、ロサイスとサウスゴータの間で7万の軍勢を1騎で退けた男、張飛は死んだように爆睡していた。
ロンディニウムでも数日前から騒乱が起きているようだし、アルビオン全土の制圧は時間の問題だろう。
トリステイン・ゲルマニア連合軍にも、やや弛緩した空気が漂い始めた。

連合軍には、伝説の使い魔『ガンダールヴ』がいる。
その報は、すでにロンディニウムにも届いていた。議題は彼の話で持ちきりだ。
玉座に座る男は、瞑目したのち、激しく憤った。

「この痴れ狗どもぐぁーーーーーッ!! 戦に勝ち、勇者をなぶり殺し、美女を犯し、
 無差別に金銀財宝を略奪するはなんのためかーーーーーーッ!!」
百官は、男の剣幕に恐れ戦く。
「天下を奪って天下にあるものが、敵を選ぶとは何事だーーーーーー!!」

そして、男は大きな火竜に跨り、自ら大軍を率いて連合軍の占領したロサイスへと攻め寄せる。
ハイランドの精鋭兵の前に、弛緩していた軍勢は再び総崩れとなる。
ルイズは大いびきをたてて眠り続ける張飛とともに、急いで脱出用のフネに逃れた。
フネに乗り遅れた者は、皆殺しにされる。暴虐の上に道をつくる、まさに魔王だ!!

ルイズはその男の姿を、ちらりとだけ見た。
あれほどの兵を動かしながら、両腕は手綱から少しも動いていない。
戦場にあって、遠目には眠るがごとく、近寄ればおそらくは、目醒めし魔王のようであろう。
あるいは狂える獅子のごとくか! 男はしばしば止まり、その後ろをふり返っている。

「我が後方の敵は、ことごとく首を刈り取り、その首で塚を築けい!
 戦場で董卓の名を聞けば、それだけで臓腑を吐いて死ぬようにだ!!」

あれが、『北の怪物』トウタクか!!

(魔王編・完)

新着情報

取得中です。