あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロテリ8

宝物庫が襲撃されてから一晩がたった今、学院は大騒ぎになっていた。
秘宝中の秘宝『太陽の指輪』があの盗賊『土くれのフーケ』に盗まれてしまったからだ。


「う~む、実に大胆な方法で盗まれてしまったわけじゃな」
犯行現場に居合わせたルイズたちの説明を聞き終わったオスマンは、実に苦々しい表情で呟く。
「そして、後を追おうにも手がかりも無しというわけか・・・」
ふと、ある人物がいないことに気づいてコルベールに尋ねる。
「そういえば、ミス・ロングビルがいないのぉ」
「それが、朝から姿が見えないのです」
「こんなときに、一体どこに行ったのじゃろうか」
そんな会話をしていると、ミス・ロングビルが部屋に入ってきた。
「遅くなりました。ですが、有益な情報を手に入れてきました」
「有益な情報とは?」
「フーケの潜伏先が判明しました」
「な、なんですと!」
慌てたコルベールが、素っ頓狂な声を上げる。
「ここから徒歩で半日、馬で4時間あたりの場所にある森にある廃屋に、黒ずくめのローブを着た怪しい人物が入っていくのを
近隣の農民が目撃しておりました。おそらくそれがフーケかと」
ルイズが叫んだ。
「黒ずくめのローブ・・・。間違いありません、そいつはフーケです!」


「ならば急いで捜索隊を編成する必要があるな。我こそはという者は杖を掲げよ」
しかし、それを遮るようにミス・ロングビルが提案を口にする。
「その捜索隊ですが、私に案があります」
「ふむ、なにかね?」
「おそらくフーケは、我々の追跡を警戒しています。
ですので、その裏をかく為にその場に居合わせたそこの4人と、私の5人が捜索隊を組みたいのです」
「な、なにを言っているんですか、ミス・ロングビル。学生を危険な目に合わせるおつもりですか!?」
ミセス・シュヴルーズが慌てて非難をする。
が、そんな彼女の心配をルイズは否定するかのように答える。
「やります。わたしにやらせてください。お願いします!」
彼女なりに思うところがあったのだろう。積極的にアピールをする。
「ふむ、ミス・ヴァリエールはやる気満々のようじゃが、他の3人はどうかの?」
「主が行くと言っている以上、ついていく他はあるまい。それに、余も気になることがあるのでな」
自分の興味を満たすために、ペルデュラボーはついていくことを宣言する。
「ふん。ヴェリエールには負けられませんわ」
キュルケはつまらなそうに言う。
「・・・心配」
呟くタバサ。
しかし、彼女達は気づいていなかった。一人が別の存在と入れ替わっていたことに。

その数分後、5人の捜索隊は学院を出発した。


番外
もうすぐだ。
もうすぐ私は蘇る。
あのにっくき風の、鋼の模造神への復讐が始まるのだ・・・

新着情報

取得中です。