あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ゼロのガキダイショウ

なんなのよ、あの使い魔。11歳くらいの平民の少年みたいなんだけど、すんごく乱暴なのよ。
おおぐらいで飯が少ないって怒鳴るし、授業が終わったらすぐ勝手に遊びに行っちゃうし。ヤキューとか言って学院の窓割っちゃうし。
あっ、街に行こうとしてる。あの子はすぐ暴力を降りたがるのよね。
あっ!メガネの平民をいじめてる!
「おい、お前生意気だぞ!」
「そんなこと言ったってー」
「うるせえ!そのお菓子を俺によこせ!」
「やだよー何であげなきゃいけないのー」
「俺は貴族のルイズさんの使い魔だぞ!平民のくせに生意気だぞ!それになぁ、もし俺がルイズさんの使い魔じゃなくても、俺のものは俺もの、お前のものも俺のものなんだよ!」
何言ってんのよあいつはー!
「タケシ!一体こんなところで何やってんのよ!」
私はあいつの耳を引っ張ってやったわ。
「いてて・・・ごめんよルイズさんー。でも俺がいじめてるのは平民だよ?ルイズさんは貴族なんだから偉いんでしょ?」
あきれた。こいつはどんな教育を受けてんのよ。
「いくらあんたが私の使い魔でも、やっていことと悪いことがあるのよ!」
相手が平民でも、理不尽な暴力は悪い。お店の売り物を壊したら弁償させられちゃう。
もし暴力なんて振るったら、姫様から命を受けた別の貴族から重ーい罰を受けちゃう。
もしこいつが貴族だったら、フーケみたいに貴族賞を剥奪されるに決まってるわ。
でも、シエスタを助けようとギーシュと戦ったときはちょっぴり見直した、かな。
その後
「ねえルイズさん、俺の歌を聞いてみない?」
「えっ歌?あんた歌なんて歌えるの?」
「俺は歌手を目指してるからな。せーの!おーれはじゃいあーんがーきだいしょー」
な、なんて大きな声の歌なの。ひどすぎる、これは人間の声じゃないわ。
先住魔法よ・・・私の使い魔は魔法が使える凄い子だったのね・・
ばたっ・・・



新着情報

取得中です。