あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

第7回 趙・天空の王国!!

「嘘!? 貴族派の刺客!? でも、こんなに早く気付かれるハズは」
「内通者だな。王女の側近にも、すでに『レコン・キスタ』の長い手が伸びているようだ」

あの巨大な岩のゴーレムの使い手は、女盗賊『土くれ』のフーケだ。肩に乗っている。
「おやおや、キミは僕たちに捕縛され、チェルノボーグの監獄とやらへ収監されたそうだが」
「見る目のある人はいるものねぇ。救出されちゃったのよ、プリンス」
よく見れば、彼女の傍らには白い仮面をつけた黒マントの長髪という、怪しさ大爆発の人物がいる。
アルビオン貴族派連合『レコン・キスタ』の刺客であろう。趙公明はワクワクしてきた。

「もうあんたのツタには負けないよ! 残念だけど、潰れっちまいな!!」
ゴーレムの腕が鋼鉄でコーティングされ、月光を浴びてぎらりと輝く。
ルイズを抱き上げ、一緒に部屋の中へ飛び込む。ゴーレムの巨大な拳が岩のベランダを粉砕した。

下の階は、灼熱の炎に包まれていた。
キュルケが『火竜の杖』を投げ、業火を放っているのだ。こちらもいきなり傭兵たちが襲ってきたという。
しかし、所詮平民の集団。キュルケ・タバサ・ワルドという強力なメイジと、宝貝の力には容易く敗走する。
ギーシュ? ああ、そんな人もいましたね。フレイムも喜んで炎を吐き、業火の中で戯れているが。
「ははッ、楽勝ね! 炎でこの私に敵うやつは、ちょっといないわよ!」
「……まだ、いる」

タバサの警告に、趙公明が反応した。火炎の向こうから多数のマジックアローが襲来する!
「「風よ、盾となれ!」」
ワルドとタバサが、『風の盾』を作って矢を防ぐ。ゆらりと現れたのは、頭にバンダナを巻いた若い男。
「キミは……僕の弟子であった、劉環じゃないか! 僕に歯向かう気かい?」

劉環。ある女性への歪んで行き過ぎた愛(ストーカー行為)によって、道を誤って死んだ悪しき仙道。
その手に持つのは、魔法の火矢を放つ『万里起雲煙』なる弓型宝貝である。
今は封神され、火部の神・接火天君となっているはずだが。

「……ブツブツ……うるせぇよ……オラ死ねやてめぇるらァァ!!!」
劉環は完全に自分を見失っている。ただ殺戮のためだけに、彼は召喚されたのか。
周囲の火炎をヒョォオオと吸い込み、炎を纏ってやや体つきが大きくなった。
『万里起雲煙』の威力もアップしている。前門の虎、後門の狼か。

「プリンス! 貴方の知り合いは、個性的ですな!」
「褒め言葉と受け取っておくよ。では大人しく、華麗に倒されたまえ劉環くん!」

フーケのゴーレムがバリバリと屋根を破壊して、酒場まで侵入しようとする。
趙公明は華麗なステップを踏みながら、『縛竜索』で劉環の両手首を締め上げ、あっさり宝貝を奪い取った。
「うごおおおおおお!! どうしていつも! どいつもこいつも! 何でもかんでも!!
 俺の邪魔をするんだぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああ!!!」
劉環が眼と鼻と口から火炎を吐きながら襲い掛かる。それをタバサが、『氷の槍』で串刺しにした。

「あ・ああああ・あああああああ……!!!」
劉環の仮の肉体はバサッと崩れ、一握りの灰となる。その狂える魂魄は封神されず、ふらふらと迷い出た。
しかしワルドの持つ『打神鞭』に吸い寄せられ、バシュッと音を立てて消えた。封印されたようだ。
「リューカンを倒したわ! やるわねタバサ、お手柄よ!」
一方ギーシュは、ヴェルダンデと抱き合って腰を抜かしていた。

「ふうむ、アルビオンにも『神界』の者たちが召喚されているのかな。それに、この魂魄……。
 だがまずは、このゴーレムを片付けなくてはね」
趙公明は『万里起雲煙』を拾い上げると、迫り来るゴーレムへ向けて火矢を放つ。
強大な彼の霊力と『ガンダールヴ』の力により、火矢は竜のような頭を備え、鋼鉄をも熔かして穴を空けた。
「流石に、全部を砕くのは難しいが……脚を狙えば」
ゴーレムの片脚が火竜矢の集中砲火を喰らい、破壊された。当然巨大なゴーレムは自重を支えきれず、
ズシィンと転倒してしまう。フーケは舌打ちして飛び去った。

「分断さえも無理か……まぁいい、時機を待とう」
仮面の男は、戦いが終わったのを見届けると、風に溶けるように姿を消した。

翌朝。酒場と宿屋が全焼崩壊してしまったので、一行は別の宿に移り、疲れを癒す。
宿は趙公明の『福の神』効果で千客万来、燃えた宿屋と酒場も即座に寄付金が集まり、
一晩でオリエンタルかつゴージャスなスーパーホテルが建ち上がった。無論、コーディネートは貴族C氏である。
名づけて『ウルトラスーパーワンダフリャ大回転海老反りハイジャンプ女神の杵メガデス』亭。

「さて、諸君。それではアルビオンへ向けて出航だ!」
「「おう!!」」
アルビオン行きのフネ(飛行船)は『風石』で飛行するが、アルビオンが最大限ハルケギニアに近付くのは、
二つの月が重なる『スヴェルの月夜』の翌朝、つまり今朝である。『風石』で飛べるのは、それがギリギリの距離だ。
タバサのシルフィードなら、フネに乗らなくても飛んでいけるが、流石に定員オーバーだろう。

店を出て、長い石段を上りきると、丘の上に出た。山のように巨大な樹が、四方八方に枝を伸ばしている。
「ほう……樹齢は数千年ではきかないな。『世界樹』というものか……」
「今は枯れていますが、フネの発着場、いわば『桟橋』として利用されています」
樹の枝にぶら下がっている、木の実のようなものは『フネ』だ。
『桟橋』の巨樹の根元は、ビルの吹き抜けのように空洞である。
各枝に通じる階段には、鉄でできたプレートが貼ってあり、行き先を知らせる文字が書かれている。

フネ(飛行船)にはたどり着いた。予約していた商船『マリー・ガラント』号である。
ワルドは急ぎ出港の手続きをする。使い魔たちは船内に専用の厩舎があるそうだ。
今日の夕刻にはアルビオンのスカボロー港に到着予定である。そこからニューカッスルまでは、しばらくあるが。
乗員乗客の間では、行き先・アルビオンの噂で持ちきりだ。 明後日にも王党派への総攻撃が開始されるらしい。

「ふむ、総攻撃が始まる前に、その城に着いて手紙をもらわねばならないわけだね」
「……ねぇ、王党派に勝ち目はないの?」
「貴族派の軍勢はいまや数万人だが、王党派はたったの300。最初から勝ち目はないさ。
 残念ながら、六千年にわたるテューダー家の王統も断絶してしまいそうだ。ま、歴史の流れには逆らえないさ」
「ワルド子爵! 少々聞き捨てなりませんが」
「僕は別に『レコン・キスタ』じゃあないが、アルビオンに恩義があるわけでもない。
 反乱を防げなかった王家にも問題はあったんだろう。でも、我がトリステイン王家は不滅だよ」
「そーよ、所詮この世は弱肉強食。我がゲルマニアの皇帝陛下なんて、成り上がりもいいとこよ」
「…………。」

眩しい青空の中、雲の上を『マリー・ガラント』号は飛んでいく。地上から約3000メイルもの高さだ。
ルイズの一行は一等船室で寛いでいる。そして、夕方。
「アルビオンが見えたぞーーっ!!」
船員の声が、伝声管経由で船内に響いた。一行は揃って窓の外を見る。

『浮遊大陸』アルビオン。大きさはトリステイン王国と同じぐらいだが、細長い形をしている。
空中を浮遊して洋上を彷徨い、月に何度かハルケギニアの上にやってくる。
大陸からあふれ出た水が白い霧になり、大陸の下半分を覆っているところから『白の国』の名がある。
「ほほう……我が失われた金ゴウ島より、大きな大陸だ。内部に巨大な『風石』でもあるのかな?」

と、突然見張りの船員が、再び大声をあげた。
「う、右舷上方の雲中より、不審船接近ーーッ!!」
近づいてくる黒い船は、舷側からいくつも大砲を突き出していた。
「アルビオンの反乱貴族たちの軍艦か?」「いや、王党派では」「フネなんてあっちに残ってたか?」
乗員乗客がざわつく。こちらには最低限の武装しかない。

「この旗を見ろ、俺たちはアルビオンの『空賊』だ! 抵抗するな! 積荷をよこせ!!」
黒い船の甲板で、荒くれ男が停船を呼びかける。続いて鉤爪のついたロープが放たれ、舷縁に引っかかる。
たちまち武装した男たちが、ロープを伝ってフネに乗り移ってきた。悪名高いアルビオンの『空賊』である。
「なんてこと、もうすぐなのに!」
ルイズは杖を握り締めた。しかし、現れたワルドに止められた。
「止めておくんだ! 敵は空兵だけじゃない、砲門もこちらを狙っている。メイジだっているかも知れない」

ずいっと趙公明が進み出る。
「では、ここで僕の出番というわけだね。なあに、盗賊風情ならばどうということはない。
 ちょっと無傷であのフネをもらってしまおう。ワルドくんたちは、乗り移ってきた奴らを捕らえてくれ」
「プリンス!? お、おやめ下さい!」

趙公明は鞭とツタを伸ばし、逆に空賊のフネへと乗り込んでいく。隣の部屋に入るぐらい気安く。
「あぁ? なんだァ、テメエ!! 貴族様が何の御用だァ!?」
「降伏でもしにきやがったのかァ? それともアレか? 貴族派に付いて王党派と戦えってか?」
「安心したまえ、命を奪う気はない。さて『飛刀』くん、久し振りに出番だよ」

趙公明が袖口からズズッと妖剣『飛刀』を取り出す。どう見ても袖の中に納まるサイズではない大剣だ。
「なんだァ? 手品師かオメエ!? こ、この『イーグル』号にもメイジは沢山いるんだぜ!?」

『飛刀』に趙公明の霊力が注ぎ込まれる。剣身が妖しく輝き、一人の美女の立体映像が出現した。
「さあ、幻の美女よ。少し彼らに礼儀を教えてやりたまえ」

美女は魅惑的に舞踊を初め、空賊たちは思わず集まって見惚れる。なぜかBGMつきだ。
その隙に趙公明は足元から根を伸ばし、ジワジワとフネ全体を覆っていく。
美女が舞い終わると、空賊たちは全身を木の根によって縛られ、吊り下げられているのだった。
「『マリー・ガラント』号の諸君!! もう大丈夫だ、このフネは占拠した! 曳航して連れて行こう!」

どちらのフネの乗員乗客も、狐につままれたような表情だ。
捕虜全員が集められると、空賊の頭領らしき髭面の男に、趙公明が声をかけた。
「キミが船長かな? どうせ盗品なら、積荷は全部貰って、アルビオンへの手土産にしよう」
震えながら船長が聞き返す。
「さ、然様です! あ、あの、旦那様は貴族派で? それとも王党派で? まさかエルフじゃあ……」

趙公明は『にこっ』と笑う。なんとも恐ろしい、爽やかな笑顔である。
「フフフ、僕たちはどちらでもない、ただ物見遊山に来た外国の貴族さ。どちらに付くかは、見てから決める」
「が、外国? ま、まさかトリステイン王国の、謎の貴公子様じゃあ……!!」
「随分有名になったものだな。実はそうなんだ! 我が名はプリンス・趙公明!!(ヴァッヴァヴァアアアン)
 ……さ、キミも名乗りたまえ」

「……いえ、お話があります、トリステインの貴族がた。船室へ僕を連れてきて下さい」
頭領の口調と声が急に変わった。全然顔つきに似合わない、貴族的な口ぶりだ。
その頭領は甲板から船室に移されると、縄を解かれた。すると、べりっと覆面を剥ぐ。
「ようこそ、歓迎しよう。我らが頼もしき味方よ!」
髭面の覆面の下は、似ても似つかぬ金髪の凛々しい青年。空賊の頭領の正体は…。

「あ……貴方は、まさか、ウェールズ皇太子殿下!!?」
「いかにも。私がアルビオン王国皇太子、ウェールズ・テューダーだ。お見苦しいところを見せたね」
もう一人の『プリンス』は頭を掻き、苦笑する。ルイズたちはさっきから驚かされっぱなしだ。

「いやあ、今や空賊でもしないと軍需物資が足りなくてね。我が王家の先祖も、空賊をしていたこともあると言うし。
 積荷を貰ったら、どこかで解放するつもりだったんだが、逆に捕まるとは思わなかったよ。
 それで、キミたちは……?」

ルイズたちは佇まいをただす。ようやく目的である皇太子に、謁見できたのだ。
「お初にお目見えいたします。私は、ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエールと申します。
 トリステイン王国のアンリエッタ姫殿下より、この密書を言付かって参りました」
恭しく一礼すると、ルイズは懐から手紙を取り出す。

「少し待ちたまえ。ひょっとしてその指輪は『水のルビー』かな? 確かめたい」
ウェールズは自らの指に光る『透明な宝石』の指輪を外すと、ルイズの指に嵌っている『水のルビー』へ近づけた。
すると二つの宝石が互いに反応し、美しい虹色の光を振りまいた。
「殿下、これは……?」
「この指輪は、我がアルビオン王家に伝わる『風のルビー』だ。
 キミのは、トリステイン王家に伝わる『水のルビー』。ともに始祖から授けられし秘宝。
 水と風は『虹』を作る、王家の間に架かる橋さ。なるほど、確かにアンリエッタが送ってきた本物の大使のようだ」

ウェールズはルイズから手紙を受け取ると、花押に接吻し、封を解いて便箋を取り出す。
そして真剣な顔付きで手紙を読み始め、読み終わると顔を上げた。

「そうか、姫は結婚するのか……あの愛らしいアンリエッタ、私の可愛い従妹が、野蛮なゲルマニアに……。
 姫は、私の手紙を返して欲しいと告げている。姫の望みは私の望みだ、承知した。
 ……だが、今手元には件の手紙はない。我が『ニューカッスル城』にあるのでね。
 多少面倒だが、このままニューカッスルまで足労願いたい。恐らく最後の客人だ、歓迎しよう」
「あの『イーグル』号で行くのだね。では、『マリー・ガラント』号も同行させよう!
 せっかくだし、諸君に積荷をプレゼントしなくてはね。福の神としての使命さ」

こうして、2隻のフネは進路を変え、直接ニューカッスルに向かう。
総攻撃は近い。警戒網を潜り抜けるのも一苦労だ。全長200メイルはある巨艦も見えた。

「……あの巨艦は、我が王国最大の軍艦であった『ロイヤル・ソヴリン(王権)』。
 しかし、あのフネで起きた反乱が全土に飛び火し、今やこんな有様さ。
 『レコン・キスタ』では、戦勝地にちなんで『レキシントン』と呼んでいるそうだ。
 我が国の『王権』も、共和制革命とやらの前に失われようとしているのかな……」
ウェールズは、独り言のように呟いた。

(つづく)

新着情報

取得中です。