あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

ルイズのおとーさん-5

ルイズはキュルケとの関係を食堂へ行く間におとーさんに説明しました。
「おとーさん、いい?わかった?これからキュルケとキュルケの使い魔とも話もしちゃだめだよ」
おとーさんはちょっと悲しそうにポツリと呟きました。
「・・・なかよく」
ルイズにはこの時おとーさんの呟きは聞こえませんでした。しかし、後にルイズはその言葉を聞くことになります。
アルヴィーズの食堂に着くと大きく豪華な食堂についての講釈をルイズが始めましたが、おとーさんはあまり聞いてはいないようです。その後椅子を引かないおとーさんをルイズは怒り説明します。周りの生徒はその様子を見ながらクスクス笑っています。そして、ルイズはおとーさんの食事を床に置かれた木箱の上の質素をはるかに下回るパンとスープであると説明しました。
(私は豪華な食事。おとーさんは床で質素な食事。これで上下関係をしっかり認識してもらうわよ)
始祖ブリミルへの祈りも終わり食事が始まるとおとーさんは汗を流しながら料理を見ています。そして、徐に口に運ぶと・・

「う、うまい」
と言いながらごく普通に食べていました。
(もも、もっと質素にすれば良かったのかしら・・・)
その様子を見ながらルイズは作戦が空振りだったなと思っていましたが、思いもよらぬ出来事が起こりました。
おとーさんが食事を終わった時、他の生徒はすでに食べ終えていました。しかし、ルイズは食べるのが遅くまだ食べていました。そんなルイズの元におとーさんが近づいてきました。そして、ルイズが食べ残していたサラダを指差すのでした。
「な、なによ」
「からだにいい」
「え? ほっといてよ!私このサラダ嫌いなのよ」
ちょっと怒っているルイズに対しておとーさんはさらに近づき。
「からだにいい!!」
おとーさんの迫力に押されてしぶしぶサラダを食べるルイズでした。ちなみに、ルイズも身体にいいならと、おとーさんにはしばみ草のサラダを食べさせました。もちろんさっきの仕返しのつもりです。しかし、モリモリと食べるおとーさんにそれ以上何もいえなくなりました。少し離れた席でその一部始終を見ていたタバサはおとーさんのはしばみ草の食べっぷりにはしばみ草の愛好家として物凄い親近感を覚えるのでした。

朝食が終わるとルイズはおとーさんを教室へ連れて行きます。
教室には生徒とその使い魔が居ました。もちろん、大きくて教室に入りきれない使い魔は外に居ましたが。おとーさんは使い魔なので他の使い魔と一緒の場所にいることになりました。
シュルヴルーズが教室に入ってきて授業が始まりました。ふと、ルイズはおとーさんの様子が気になりその方を見てみました。
すると、使い魔たちが一匹ずつおとーさんへ挨拶をしているような光景がそこにはありました。
(そういえば・・・今朝キュルケのサラマンダーににらめっこで勝ってたみたいだけど・・・結構強いのかしら?)
そんな事を考えながらよそ見していた所を運悪くシュルヴルーズに見つかってしまいます。
「ミス・ヴァリエール、授業中によそ見とは余裕があるようですね。」
「え? あ、ははい」
完全によそ見していた事がばれてしまったルイズは錬金の魔法をするように言われました。他の生徒は口々にシュルヴルーズに対してルイズにさせる事が危険だと言います。ですがシュルヴルーズは再度ルイズに錬金するように言いました。ルイズは失敗しないように頑張っていつも以上に集中しました。使い魔の前で失敗したくなかったからです。生徒たちは机の下に隠れたり外へ避難したりしました。
そして、いつも以上に集中していた為にいつも以上の盛大な爆発が起こりました・・・

新着情報

取得中です。