あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

第二話 淀む太陽の下で


ルイズは、眠りにつく前の、あの召喚の儀式は全て夢であってほしいと思っていた。
スキンヘッドの男など、自分は召喚していないと思っていた。眠りから覚めた後、その日が本当の召喚の日で、そして、自分は強力で、誰にも負けない使い魔を呼ぶのだ。
そうすれば、誰も自分をゼロのルイズと呼ぶ事は無いだろう。だから、47と名乗ったスキンヘッドの男を他所に、ルイズは直ぐにベッドに潜り込んでいた。
それすらも、幻だと信じたくて。
何者かが、自身の体を揺すった。ルイズにとっては不思議な事だった。自分は、今、トリステイン魔法学院に居る筈である。
とすれば、此処は彼女の部屋であり、他に誰もいない。
しかし、確かに、何者かが体を揺すっている。時折、何か言葉をかけているようであったが、夢うつつの中にいるルイズの脳にまで届く事は無かった。
いよいよ、揺する力と、声が大きくなってくる。ルイズは重たい上体を起こし、寝ぼけ眼をこすり、目を開いた。
そこに居たのは、夢だと思い込んでいた自身の使い魔。スキンヘッドの男、47。召喚した時と寸分違わない青ざめた表情で、ルイズの顔を覗き込んでいた。
直後に、学園内に響き渡るのではないかと思う程の悲鳴が、上がった。
おはようと挨拶する事でもなく、使い魔に着替えを命じる事でもなく、ルイズが本当の召喚の日だと思っていた今日、最初にとった行動は、悲鳴を上げる事だった。


※※※


47は、当然、彼女に恐怖を与えたかった訳ではない。
ただ、彼が目を覚ました時、廊下で幾人か、恐らくこの魔法学院の生徒と思われる人物を見かけたから、主も起きる時間なのだと考えただけであった。
しかしながら、彼女は幾ら呼びかけても起きる気配はなく、仕方なしに揺すってみたところいきなり悲鳴を上げられたという訳だ。
今朝の彼女の機嫌は殊更に悪かったようで、47は朝食抜きのまま彼女の衣類の洗濯という、反論の余地なしの何とも理不尽な罰を受けてしまった。
そして、今はヴェストリ広場――使い魔の儀式が行われていたあの広場――の片隅を陣取り、衣類を手洗いしている。
過去の経験から、こういう雑事には慣れていた47は、手早く汚れを落とすと、柱に括りつけていたロープに干していく。
彼の腹の虫が成ったのは、丁度干す作業を半分程終えた頃であった。そういえば、昨日の晩にワインを含んだきり何も口にしていなかったと47は思い出す。
ルイズは、47が洗濯している間に朝食を済ませると言っていた。であれば、この学院内に食堂があるという事だろう。
幾ら使い魔とは言え、平民と称されている以上そこに行けば、余り物でも手に入るだろう。後は自分で適当に調理すれば良い。
次に行うべき行動を特にルイズから指示されていなかった47は、ではこの洗濯の後の行動を決め、手早く残りの洗濯物を干していく。
だが、最後の一枚。ルイズの身につけていたブラウスをかけようとした時、一陣の強い風が吹いた。
つむじ風のようであったが、それはブラウスをロープから飛ばすのに十分で、まだしっかりと固定していなかったそれは、宙に舞った。
高く、高く、広場の中央に向けて宙に舞う。
47は直ちに、ブラウスの飛ぶ方に向かって歩き始める。これで、一枚紛失しましたと言う事に成れば、ご立腹のルイズが尚更腹を立てるのは想像に難しくなかった。
「あら……、これは」
やがて、ブラウスが広場の脇を通る、一人のメイド服を纏った少女が抱えたかごの上に舞い落ちる。
少女は驚き、顔を上げて近づいてくるスキンヘッドの男を目にやった。その少女は、黒髪のショート、そばかすが残る幼い顔立ちでルイズと然程年の差は感じられなかったが、落ち着きがあった。
故に、近づいてくる47に対しても何ら恐れを抱かず、自ら歩み寄って舞い落ちたブラウスを彼に差し出す。
「貴方は、確かミスヴァリエールの使い魔さんですよね」
「ああ。どうも、そういう事らしい」
有り難う、と一言感謝を添えて、47は応えた。
「ふふ、平民を召喚したって、もう昨日の夜から話題に上っていますから。私はシェスタといいます。
この学院で住み込みのメイドをやっていますので、何か困ったら言ってください」
シェスタと名乗った少女は、気さくに47に話しかける。
47の腹の虫が、不意に大きく鳴ったのはその直後の事だった。溜まらず47は己の腹をおさえ、どうも昨日から油断しっぱなしだと首を傾げてみせる。
「厨房で、残り物ならありますけれども如何ですか。使い魔がそれでは大変ですよ」
しかし、シェスタは屈託の無い笑顔を見せた。
47は、本能的に、そこに悪意が無い事を思考にするまでもなかった。とにかく、彼女の好意に甘んじて、厨房へと招待される事となった。
そして、そこで彼に差し出されたのはまるでパーティーと勘違いしてしまいそうな豪勢な食事であった。どれも、貴族は口に合わないなどと文句を言って食べず、残った食材を改めて調理したのだという。
厨房の中央に位置するテーブルの上に並べられたそれらを、椅子に座って黙々と47は口に運んでいく。
彼の隣では、この厨房の料理長のマルトーと名乗った大柄な男が47に様々な質問を投げかけた。
「じゃあ、47よ。アンタはいきなり訳も分からないままここに召喚されて、そんであの貴族の使い魔をやらされてるのか。そりゃあ、大変だわ」
マルトーは、何とも分け隔てなく47と会話をする。それは、久しぶりの平民との出会いに喜んでいるのだと、47には直ぐに分かった。
そして、彼が貴族に対してあまり良い感情を抱いていない事も。
47はその間、自分から話をする事は無かったが、空腹が満たされる頃に至ってたった一つだけ彼らに問うた。
「平民と貴族の違いというのは、何だ」
「アンタ、それも知らねぇのか。ま、要するに魔法を使える奴が貴族で、そうでない奴が平民だな。俺は勿論平民だ。それで、この世を治めているのは貴族って訳だ」
「……随分、横暴だな」
「おお!まさにその通りよ。アンタ話が分かるな。また飯抜きにされたら何時でも来い。今度はワインでも用意しておくぜ」
マルトーは何とも饒舌に言葉を続ける。今まで溜まりに溜まっていたものを全て吐き出すが如く。47は別段、自身の感情の変化は無かったが、それでも、オルトーの話にあわせて時折頷いた。



※※※



さて、食事と会話を終えて広場の洗濯をしていた場所に戻った47は、其処でマントが所々破けたルイズを見て、言葉に詰まった。
俯いたままの表情は、彼女が朝食の後の授業で何かしらの失敗――十中八九魔法に関する事――をした事を暗に示している。
では、此処で彼女に励ましの言葉を投げかけるべきか。今朝方の彼女の様子を考慮すれば否だ。
「ついて来なさい」
ところが、彼女は現状の自身について何も語らぬままそう一言言い、踵を返す。
彼女の行く先を見れば、広場で彼女と同じ様にマントを纏った生徒達が円テーブルを囲って何とも楽しそうに話をしている光景が見えた。
時に、貴族はこうして心に余裕を持たせるのだと、歩きながらルイズは細々を語る。どうも、普段から失敗をしているという話から考えてみても、今の彼女はそれ以上に悔やんでいる様に47には見えた。
「……魔法など、手段の一つにしかすぎないと思うのだがな」
47は、まるで呟く様にそんな言葉を漏らす。
手段の一つ。それは、長く暗殺という仕事に身を投じて来た彼自身良く知っていた事だった。
ターゲットを暗殺するにしても、狙撃、近距離からのワイヤーによる絞殺。毒殺。転落死といった事故死に見せかける等、幾らでも方法はある。
魔法も、この世界においては優位にたつ条件なのは間違いなかった。だが、それは、少なくとも必須ではない様に47には思えて仕方が無かった。
ルイズは、47の声に一瞬だけ肩を震わせたが、反論する様子も無い。
やがて、賑やかな声が聞こえてくると、何処か適当なところで静かにしていてと告げ、その中に入っていった。
それは、まるで自身も貴族なのだと言い聞かせている様にも見え、背中からは悲痛な声が今にも聞こえてきそうだった。
しかし、47は彼女を止める権限など持ち合わせていない事を察すると、彼女の言う通り、洗濯していた時と同じ様に隅の目立たない所の、彼女の様子を伺える位置を陣取る。
ルイズを見ると、青い髪の少女を連れた、赤い髪の少女と何かを言い合っていたようだが、流石に聞き取る事が出来なかった。
時折、赤い髪の少女が47の方を見てウィンクしていたようだったが、直後の赤くなったルイズを見やり、無視する。
「あら、ミスタ47。またお一人ですか」
すると、聞き覚えのある声が彼に耳に入った。声のした方を向くと、其処にはお盆を携えたシェスタが居た。
どうやら、メイドの仕事というのは極めて広く、多いらしい。47は彼女の問いかけに頷くと、一言、そう指示されたと付け加えた。
「では、何か飲み物でも如何ですか。」
シェスタは軽く笑みを浮かべる。既に此処に嘗ての脅威は無いと判断していた47には特に拒む理由はなかった。
「そうだな。では、紅茶はあるか」
「はい、では、何にしましょう」
丁寧にも、シェスタは用意出来る紅茶を一通り告げる。だが、やはり、その中に47に馴染みある種類は無かった。
暫く悩んだ末、47は、では君が一番好きなものにしてくれ、と頼む。
微かに、シェスタの頬が紅くなったようだったが、47は知る由もない。
一礼した後、シェスタは近くのテーブルのティーカップに紅茶を注ぐと、直ぐに戻って来た。
「手慣れたものだな。この仕事は長いのか」
「ええ。平民の私が、こうして貴族の方達の世話を出来る。光栄な事ですよ」
「……そうか。ところでその残りの紅茶は」
「あ、すみません、先程別の方に茶を用意する様にと言われまして」
「成る程」
それきり、彼女は急ぎ足で別のテーブルへと歩いていった。
47は、彼女の注いだ紅茶を味わう。彼の居た世界には無かった味だった。
しかし、程よい甘み、その奥からじわりとくる苦みは、直ぐに彼の味覚を刺激する。
47は特に砂糖やレモンと言った注文は付けていなかったが、彼女は47を見て、そういったものは不要だと判断したのだろう。
だが、二口目に彼が紅茶を飲もうとした時、周囲が突然静けさに包まれた。
何事かと顔を上げると、シェスタが誰かに詰め寄られていた。そして、その誰かに、彼は見覚えがあった。昨晩、道を尋ねたあの金髪の少年だった。
「まさか、紅茶を間違えでもしたのか」
少年の前には、ティーカップが置かれていた。先程47の尋ねたそれに、ほぼ間違いないだろう。
であれば、彼女にそう迷惑をかけていられない。情をかける、という表現が一番近かったのであろうが、どうもこの時、何故そんな行動に出たのかははっきり覚えていなかった。
ただ、紅茶の礼がしたかったのかもしれない。何より、魔法が使えるというだけで使えぬ者を卑下にする者が気に入らなかったのかもしれない。
47は彼女達に近づく。金髪の少年は、近づいてくるスキンヘッドの男に、またも怪訝そうに眉をひそめたが、47の手にしていたティーカップを見ると、にやりと汚い笑みを浮かべた。
「なんだ、ゼロの使い魔如きが貴族と同じものを飲んでいるのか。随分、偉そうだねぇ」
「そうか、それは済まなかった。ところで、何故彼女を責め立てるのだ」
「ふん、君には関係のない事だろう。平民はさっさと下がりたまえ」
「お前の、その紅茶と、俺の持っている紅茶を彼女の手違いで間違えたのかもしれないと思ってな。もしそうだったら、俺にも非がある」
47は、シェスタを横目で見やる。涙目を浮かべていた。余程、酷い事でも言われたのだろう。
47はこの少年の名前も知らない。しかし、彼の心中の歪みは、口調や話す内容から直ぐに分かった。
「つまり、君はこのメイドを庇うという事だな」
案の定、少年は怒りの矛先をシェスタから、47へと変更する。
「つまりは、そういう事だ」
47は、多くを語らず彼の質問を肯定する。
どうも、彼は女性賛美主義の気があるらしい。目の色が若干変わったのを、47は見逃さなかった。
「良いだろう。君は貴族と平民の立場が分かっていないようだ。この僕、ギーシュ・ド・グラモンが教えてあげるよ。一対一の、決闘でね!」
随分勝手な事を言うものだと47は呆れたが、周囲の生徒達は皆興奮している。血の気が多いのか、それとも無謀なのか、47には知りようが無かったが故に、一言言うに留まった。
「……了解した」



新着情報

取得中です。