あの作品のキャラがルイズに召喚されました @ ウィキ

つかいま1/2 第一話 使い魔が来た

『……コルベール先生! やり直しを要求します!』
『しかし、ミス・ヴァリエール……』
『おおっ、かわいー』『巨乳だぜっ』『いーなー、俺も女の子召喚したかった』


……なんでい、うるっせーな。人がぐーすか寝ているときに、騒ぎやがって。
なんか土ぼこりも立ってるみてーだし、どたばた騒ぐんじゃねーよ、ったく。
あのクソオヤジか? それともじじいか?

キンキン騒がしー声で、西洋の外国人らしい奴らが口論している。外国? ここは日本だろ。
いや外国人もけっこーいるけど、テレビかなんかかな。
……って、あれ? なんか雰囲気がおかしーな……。いつの間にか昼っぽいし、外かここ?

「んにゃ?」
彼女が目を覚ました時、目の前には少女の顔があった。

『我が名はルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。
 五つの力を司るペンタゴン。この者に祝福を与え、我が使い魔となせ……』
何事かを呟くと、唇を近づけてくる。目を閉じて、頬をほんのり染めて。

ちゅっ

「わーーーーーーーーーーーーっ!!」

どんっ、と思わず少女を突き飛ばす。しししまった、ついびっくりしてっ。
でででもお前、ふつーいきなり起き抜けにキスされて、びっくりしねー方がおかしいだろ?
「す、すまねぇっ、大丈夫……ぎにゃーーーーーーーーっっっ!!」

全身に激痛が走る。神経がびりびりと震え、脳がかき回される。
その痛みは左手の甲に集まり、焼印のように文字が刻まれた。どうにか気絶せずにはいられた。
「……っっ……ちっきしょー、いきなり何しやがんだっ!!」
「しずまりなさい、平民の小娘!! 突き飛ばすなんて、無礼だわ!」
桃色髪の小娘が、ばしっと叱りつける。


「私はルイズ。ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール。
 由緒正しい公爵家の三女にして、貴女を『使い魔』として召喚した、メイジよ」

……類似? 明治? ツカイマ? 何言ってんだ、このずん胴以前のちんちくりんの洗濯板。
桃色の髪なんてして、変な恰好しやがって。見知らぬ人様になにしやがんだ。
小学校からやり直せ、なーにが公爵家だ、この平成日本で。……いや、なんかおかしーな。
周りのやつらもおんなじような恰好してるし、第一俺は夜部屋で寝ていて、ここは外で真昼間で。

「……おい、言葉が通じるのか? ここはどこでいっ!」
「言葉が通じるのは、召喚ゲートと『契約』の効果ね。やった、成功だわ!
 ここはハルケギニア大陸のトリステイン王国、トリステイン魔法学院よ。
 貴女の名前と出生地を答えなさい。これからキリキリ働いてもらうからね」

ダメだ、本格的に頭がおかしい。晴毛ギニアってどこだ、アフリカか。
「うるせー、トリステインも鳥取県もあるか! そんじゃあ名乗ってやるぜ!
 俺様の名は早乙女乱馬! 風林館高校一年生!
 日本国東京都は練馬区在住、無差別格闘・早乙女流の後継者でいっ!!」

そう、『彼女』は早乙女乱馬。本来は男性だが、水を被ると女になり、お湯を被ると男に戻る、
ふざけた変態体質の青年であった。便宜的に、女になった乱馬を『らんま』と呼ぼう。
どうも寝ているときに真横にゲートが現れて、寝返りを打って転がった拍子に吸い込まれたらしい。

「……ダメね、失敗かしら。名前はサオトメ・ランマ?
 それはいいとして、フーリンカンとかニホンコクトーキョートとか、地名なの? それ。
 よっぽど辺境の地から召喚したのかしら」

「えーと、成功したのですな? ミス・ヴァリエール。それはよかった。
 おめでとう、彼女は今日から、きみの使い魔ですぞ!!」
ぱんぱかぱーん、と禿頭の教師らしき中年が、ルイズを紙吹雪で祝福している。
「おいっ、勝手に決めるなっっ!!」


「ふーん、赤毛でおさげで、結構顔もスタイルもいいじゃない。頭はサル並みみたいだけど。
 いいんじゃない? 平民が使い魔ってのも、魔法の使えない貴女に相応しいじゃない。
 ちなみに私のは、このサラマンダー『フレイム』よ。火竜山脈もののブランド品」
「つ、使えたもん! 使えたわよ! この通り、召喚と契約には成功したじゃない!
 キュルケのより、よっぽど有能なはずよ! ……きっと!」

巨乳・赤毛で褐色肌の美女が、らんまを見てゆったりと歩いてきた。キュルケというらしい。
「えーと、サオトメ? ランマ? どっちで呼べばいいの?」
「乱馬だ。早乙女が姓だから」
「姓があるなら、ただの平民じゃないのかしら。
 ふーん、ハルケギニアの名前とは順序が逆なのね。『東方』からでも来たの?」

東方? ここは西洋、ヨーロッパのどこかみてーだし、そこからなら日本は『東方』だよな。
「あ、ああ。俺は『東方』の日本って国から来たんだ。
 ……で! なあんで俺がいきなり、こんなとこ連れてこられたのか、きっちり説明してもらおーか!」

「そうですな、説明はちゃんとしておかないと、あとあとこじれますぞ」
「分かりました。……いい? 私たちはメイジって言ってね、魔法が使える優れた人類なの。
 この魔法学院では年に一回、一生に一度の使い魔を召喚する儀式があるのよ。
 それで、あんたが召喚されたわけ。あんたは一生、私に仕えるの!」

「うるせー、俺には帰る家も家族もあるんでいっ! 居候だけど。
 魔法使いがどーしたっ。お前、ケータイとか持ってねーか?
 ないなら旅費を出せよ、ヒッチハイクでもして何とか帰ってやる。
 以前中国へ渡ったときも、東シナ海を泳いで渡ったんだしな。ちょっときつかったけど」

「……女の子らしくないわねー、ガサツどころか男みたいよ。まあ、あとで躾してあげる。
 あんた、何ができるの? 凄い知識があったり、首が伸びたり、火炎を吐いたり、空を飛んだり……」
「俺は妖怪変化かっっ。しゃーねーな、旅費稼ぐまで付き合ってやらー。
 言ったろ、俺は無差別格闘・早乙女流の格闘家! 闘いだったらお手のもんさ」


「ふーん、強いんだ。使い魔の主な任務は、主人を守ることだもんね。じゃあ、証拠見せてよ」
「おう。……その辺のガキぶん殴るのもなんだしな、手ごろな岩は……あった。
 じゃ、こいつを一撃で割って見せるぜ」
「無理でしょ。その辺の岩、『固定化』の魔法がかかっているのよ。どんな達人でも、素手じゃ絶対に無理ね」

……なるほど、なんだか怪しい気が岩の周りを覆ってやがる。魔法ってやつか。
良牙の『爆砕点穴』ならいけるだろーが、今は女だし、難しいかな。失敗したら恥ずかしいし。
「そんじゃー、その辺の小石を百個ぐらい、俺に投げつけてみろよ。全部キャッチして見せるから」
「はいはい。んじゃ、その辺のヒマな土メイジさーん、この娘に石の雨をお見舞して。手加減はしてね」

しかし男連中は、らんまの色香に前かがみになっていた。
夜寝るときは、男のときでも女のときでも、タンクトップとトランクスだからだ。
キュルケほど大きくはないが、むちむちの健康美である。つるぺたルイズとは大違いだ。
「……じゃあ、女性諸君、どーぞ」
ルイズとキュルケの合図で、女性の土メイジから石つぶてが飛ぶ。女って怖い。

「いよーし、『火中天津甘栗拳』!!」
しゅぱぱぱぱぱぱぱぱ、とらんまの手の中に小石がキャッチされ、足元に溜まっていく。
「おおっ、すっげー」「全部キャッチしとる」
「……へー、スピードはなかなかじゃない。曲芸師としてもやっていけるわ」

「よっし、百個だな! ……おっと、後ろからでも当たらないぜっ」
ぱしっと百一個目をキャッチし、らんまは勝ち誇る。
「すごーい、やるじゃない。意外と当たりだったのかしら」
「へへーん、まーな。もっと褒めろよっ。
 ふふふん、じゃあ気分がいいから、もういっちょ見せてやるか……『猛虎高飛車』!!」

すっかりおだてられ、らんまが『強い気』を掌から放つ。気砲は地面を削り、土ぼこりを巻き上げた。
「へええ、魔法じみた技ねぇ。『東方』の術?」
ルイズも俄然、強気になる。いい、いいじゃないのこの小娘。気に入ったわ。
ただ感覚の共有はできないし、私よりスタイルがいいのは許せないけど。


らんまとルイズの契約は、とりあえず円満に行われた。しかし……。
「……え? 『東方』への道が分からない? 嘘だろ」
「だって、『東方』との間には強いエルフがいるし、山脈や密林や砂漠が横たわっているのよ。
 海には巨大な怪物がいて、商船を襲うっていうし。それでも冒険商人がいろんな産物を送ってくるけど、
 まだ確たるルートは開かれていないわ。帰るなんて不可能に近いんじゃない?」

「おっめーなぁ、今は何時代だ! 西暦で何年だ! 車や飛行機はどーしたっ!
 いるわきゃねーだろ、そんなの!! ……いや少しはいるか、クラゲとか。
 せいぜい海賊が出るってんならわかるが、帰れねーはずはないだろ、地球はひとつだし」

「地球? ヒコウキ? 何の話? あんたの話は全然わかんないわ。
 今は始祖ブリミル降臨暦6242年、フェオの月、ヘイムダルの週ユルの曜日よ」
「だーーーーっ、まともに話せ! ピコレットといい、ヨーロッパはこんな奴らばっかりか!
 太陽はひとつ、月はひとつ、地球もひとつだろーが! 小学生でも……」

……あれ? お空に浮かんでいるのはなぁに?
「……おい、あれは何だっ」
「何って、双月よ。昼間も見えるのが珍しい?」
「月はひとつだろ」
「二つよ。赤い月と青い月、重なるのが『スヴェルの夜』。なによ、『東方』では違うの?」

………いや、待て、冷静になれ。これは夢だ、そーに違いない。
すーはー、すーはー、と深呼吸して、らんまは絶叫する。

「ここはいったい、どこなんだぁああああああああ!!!」

(続く)

新着情報

取得中です。